S-MAX

レポート

ワイモバイルのiPhoneに付いてくるnanoSIMカード(n141)は他の機種で使える?SIMカードの種類と使えるスマホなどの製品をまとめて紹介【レポート】


Y!mobileのiPhoneに付属するSIMカードは他のスマホで使えるか検証してみた!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供している携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」は安い利用料ながら大手携帯電話会社(いわゆる「キャリア」)の“サブブランド”として快適な通信速度と多くの実店舗「ワイモバイルショップ」を展開していることで安心感のある“格安SIM”だと好評だ。

またその人気は低価格ながらOSバージョンアップなどのサポートも充実しているGoogleが展開する「Android One」シリーズを日本で唯一取り扱っていることに加え、日本でシェアの高い「iPhone」シリーズを販売しているといったスマートフォン(スマホ)のラインナップが充実している点にもある。

そんなワイモバイルを利用するために必要なのが同社のSIMカード(PHSを除く)となる。一般的には馴染みがないかもしれないが、スマホなどの携帯電話には現在、切手程度の大きさのSIMカードが装着されており、これに携帯電話会社との契約情報が記録されているため、実際に契約している場合に通話や通信ができるようになっている。

そこで本記事では公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて人気の「iPhone 7」を購入したので、レビューに続いてワイモバイルのiPhoneシリーズに付属するSIMカードを中心に同社のSIMカードの種類について他社のスマホやSIMフリースマホなどで使えるかなどを紹介する。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアで人気スマホ「iPhone 7」を購入してみた!待ち時間なくいつでも注文可能な公式Webショップの申込手順を紹介【レポート】


Y!mobileオンラインストアでiPhone 7を注文!手順を紹介

この春、進級や進学を迎えて新たにスマートフォン(スマホ)を持とうというお子さんがいたり、これから新たにスマホをはじめてみようといったシニアも多いと思う。またそろそろ新しい機種に変更したいという人もいるだろう。

春は携帯電話の販売台数が最も多くなり、各社が“春商戦”としてプロモーションやキャンペーンなどに最も力を入れる時期で、お得に購入できるチャンスでもある。特に学生やその家族にとってはいわゆる「学割」キャンペーンが実施されている。

中でも人気なのが利用料金が安いソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供している携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」で、すでに紹介したように「ワイモバ学割」を実施中だ。

そこで今回はより手軽かつ簡単にワイモバイルを契約できる公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で実際に人気の「iPhone 7」を購入してみたので、その手順について紹介する。

続きを読む

Mobvoiが約2万円のスマートウォッチを発売!高コスパな「TicWatch E2」とMIL規格に準拠した「TicWatch S2」を写真と動画で紹介【レポート】


Mobvoiが高コスパなスマートウォッチ2モデルを発売!

Mobvoiが都内にて「Mobvoi 新製品 記者発表会」を3月12日に開催し、Googleが開発するウェアラブル向けプラットフォーム「Wear OS」(旧Android Wear)を搭載したスマートウォッチの新製品「TicWatch E2」および「TicWatch S2」を発売すると発表した。

Wear OSを搭載したスマートウォッチやアップルの「Apple Watch」などは3万円台からの価格設定が多いが、TicWatch E2は18,999円、TicWatch S2は22,199円(すべて税込)と購入しやすい価格帯であることが特徴である。

両機種ともにすでに3月12日(火)より同社公式Webサイト( https://www.mobvoi.com/jp )およびAmazon.co.jpにて販売されているほか、TicWatch S2は4月12日(金)よりビックカメラでも販売開始される予定。

同社ではコストパフォーマンスの良さは前モデルも評価されているポイントであるとしているが、今回は新製品のこれらのTicWatch E2およびTicWatch S2の特徴を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

即日修理も可能なGalaxy世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を写真と動画で紹介!最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+」も展示【レポート】


Galaxyを知っていても知らなくても楽しいスペースが原宿にオープン!

既報通り、サムスン電子ジャパンが東京・原宿に地下1階から地上6階までの7フロアを使って「Galaxy」ブランドにおける世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を3月12日にオープンした。

昨年夏まで実施されていた「Galaxy Showcase」も同じく原宿であったが、今回オープンしたGalaxy Harajukuは製品紹介をメインとした“ショーケース”だけではなく、原宿を訪れた誰でもが楽しめる空間作りをめざしている。

そのため、カフェやリラックスできるスペースを設けることで、立ち寄りやすくしており、若者層にもGalaxyのブランディングをすることが狙いである。またGalaxy製品が体験できるだけではなく、各種アクセサリー、NTTドコモやauのGalaxyスマートフォン(スマホ)の契約も可能なショップもある。

さらに修理サービスのカウンターも設けており、1時間程度で修理が可能であるとのこと。なによりもGalaxyでは初の常設店舗であるため、まさに単なるショーケースだけでなく、フラッグシップストアを含めた総合施設となっている。

そして現在1階には日本未発表の最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」の海外版の実機展示が行われているほか、話題の折りたたみ可能なフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」がショーケースの中に展示されている。

今回はそんな新しいGalaxyの魅力だけでなく、カフェやアトラクションで楽しめるGalaxy Harajukuの各フロアを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ASUS JAPAN、テンキー付きタッチパッドモデル「ZenBook 13 UX333FA」や「ZenBook S13 UX392FN」などの春モデル4製品を発表!4月6日より順次発売【レポート】


エイスースがノートPC「ZenBook」や「VivoBook」の春モデル4製品を発表!

ASUS JAPANが都内にて「春モデルPC新製品発表会」を3月29日に開催し、テンキー付きタッチパッドを搭載する13型「ASUS ZenBook 13 UX333FA」(129,500円)および14型「ASUS ZenBook 14 UX433FN」(159,500円)、画面占有率95%の13.9型「ASUS ZenBook S13 UX392FN」(199,500円)、15.6型スタンダードノートPC「ASUS VivoBook 15 X512FA」(69,500~119,500円)を発表した。

価格はオープンながら希望小売価格はそれぞれカッコ内に示してものとなっている。なお、金額はすべて税抜表示。このうちのZenBook 13はモバイルPCとしては購入しやすい価格帯であり、魅力的なモデルとなっている。

また他の「ZenBook」シリーズも薄型・狭額縁化を推し進めてモバイルPCとして持ち運びやすいサイズ感を実現しており、一方の「VivoBook」シリーズは扱いやすい大画面を搭載したスタンダードノートPCで、最小構成69,500円からの価格設定が強みである。今回はASUSの春モデル4製品を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。