S-MAX

レポート

Googleの新スマホ「Pixel 4a」で楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を使ってみた!通話・SMS・データ通信ともOK【レポート】


SIMフリースマホ「Google Pixel 4a」で楽天モバイルのMNOが使えるかどうか試してみた!

既報通り、Googleは3日(現地時間)、新しい価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a」を発表しました。日本では公式Webショップ「Google ストア」および携帯電話サービス「SoftBank」から日本向けにおサイフケータイに対応した「Pixel 4a(型番:G025M)」が2020年8月20日(木)に発売されます。

発売に先立ってGoogle ストアおよびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などでは8月14日(金)より予約受付を開始します。価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは42,900円、ソフトバンクオンラインショップでは49,680円となっています。

日本国内の通信事業者ではソフトバンクのみがPixel 4aを取り扱うと発表されており、NTTドコモやau、楽天モバイルでは販売されませんが、auではすでに紹介しているように相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しており、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 4aをauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用できます。

NTTドコモでは現時点でPixel 4aをIOT完了製品に追加していませんが、これまで通り、問題なく利用できると思われますが、一方で楽天モバイルはPixel 4シリーズを「楽天回線対応製品」に追加して利用できるようになっているものの、Pixel 3シリーズやPixel 3aシリーズはきちんと使えない状態となっています。

そこで、本記事ではPixel 4aをグーグル(以下、Google Japan)にお借りできたので、実際に楽天モバイルが使えるかどうか試してみましたので紹介します。なお、試したのは楽天モバイルの正式サービス「Rakuten UN-LIMIT」のnanoSIMカード(4FF)で、結論としてはPixel 4シリーズと同様に「使えた」ため、恐らく近いうちに楽天回線対応製品に追加されるのではないかと思われます。

続きを読む

au向け5G対応ミドルレンジスマホ「ZTE a1 ZTG01」のカメラ機能やベンチマークによる性能をチェック【レビュー】

01
カメラ機能が充実した5G対応ミドルレンジスマホ「ZTE a1 ZTG01」を紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向けの新商品として価格を抑えた5G対応ミドルレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1(型番:ZTG01)」(ZTE製)を8月5日に発売する。

現在、auショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて予約受付が行われており、本体価格は59,980円(金額はすべて税込)で、かえトクプログラムによって残価が23,640円に設定されており、適用すると実質負担額1,580円×23回(総額36,340円)となる。

またZTE a1 ZTG01の購入・応募でもれなくau PAY残高10,000円(不課税)相当をキャッシュバック(チャージ)する「ZTE a1 購入キャンペーン」や機種変更で5,500円割引となる「5G夏トク機種変更キャンペーン」、新規契約で11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)で22,000円割引となる「au Online Shop お得割」なども実施される。

これらの各キャンペーンを利用すれば5Gスマホながらかなりお得に購入可能だ。今回はそんなZTE a1の実機によるカメラ機能やベンチマーク結果を紹介したいと思う。


続きを読む

au向け5G対応スマホ「ZTE a1 ZTG01」を写真で紹介!本体価格5万9980円で最大2万2千円割引の低価格モデル【レビュー】


5G対応スマホ「ZTE a1 ZTG01」の外観などを写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今年3月に発表した携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1 ZTG01」(ZTE製)を2020年7月以降に発売する。価格(金額はすべて税込)は本体価格が59,980円となっている。

また「かえトクプログラム」の対象で、残価が23,640円に設定されており、適用すると実質負担額1,580円×23回(総額36,340円)となり、すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されている。

さらに機種変更では「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引されるほか、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっている。本記事ではauが開催した製品体験会にて撮影したモックの写真を交えて製品の特徴や実際に実機をタッチ&トライした印象を紹介していく。

続きを読む

au向け5G対応スマホ「OPPO Find X2 Pro OPG01」を写真で紹介!高いカメラ性能や上質なデザインのプレミアムモデル【レビュー】


いよいよauから5G対応プレミアムスマホ「OPPO Find X2 Pro OPG01」が発売!外観や特徴を写真でチェック

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け5G対応プレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X2 Pro OPG01」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2020年7月22日(水)に発売する。

価格(金額はすべて税込)は本体価格が92,040円で、かえトクプログラムを適用すると残価が36,840円に設定されてので実質負担額2,400円×23回(総額55,200円)となっており、すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されている。

また「au Online Shop お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっているほか、機種変更では「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引となる。本記事ではauが開催した製品体験会にて実機をタッチ&トライしてきたので、外観や特徴を写真を交えて紹介していく。

続きを読む

シャオミの日本市場参入第2弾!SIMフリースマホ「Mi Note 10 Lite」をファーストインプレッション。外観や基本機能を紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「Xiaomi Mi Note 10 Lite」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)が日本市場向け第2弾製品として新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mi Note 10 Lite(型番:M2002F4LG)」(Xiaomi Communications製)を6月9日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格では6GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージが39,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージが44,800円となっています。

また販路もこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOでは6GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgoo Simseller(OCN モバイル ONE)が取り扱っています。

なお、販路によってどちらかのモデルのみが販売されており、6GB RAM+64GB内蔵ストレージは上記のMVNOの他にAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとなっています。

今回は発売から少し時間が経ちましたが、シャオミからMi Note 10 Liteの6GB RAM+64GB内蔵ストレージモデルのネビュラパープルをお借りしましたので、まずは外観や同梱品、基本機能などを中心にファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。