S-MAX

レポート

防災・減災に配慮したまちづくりにICTを活用!宮城県仙台市とNTTドコモが連携協定を締結――地域活性化や近未来技術実証も【レポート】

sendai_docomo01
防災・減災に焦点を当てた仙台市のまちづくりにNTTドコモのICT活用!

仙台市とNTTドコモは29日、仙台市役所で記者会見を開き、「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携協定」の締結を発表しました。

仙台市とNTTドコモはこれまでも仙台市のシティシェアサイクル「DATE BIKE(ダテバイク)」や今年3月に行われた国連防災世界会議への協力、ドローン飛行の実証実験など、個別の案件での協力関係などが見られてきましたが、今回は防災・減災に焦点を当てたまちづくりに関して包括的な協定を結び、幅広い分野での協力関係を結ぶことになりました。

今回は記者会見と質疑応答の内容を通じ、協定の内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

イメージキャラクターにX JAPANのYOSHIKIさんを起用した「楽天モバイル新CM」を発表!契約者には楽曲ダウンロードとスペシャルフォトブックのプレゼントも【レポート】

YOSHIKIさんが楽天モバイルの新CMキャラクターに!

楽天は28日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )の記者向け発表会「楽天モバイル新CM」を開催した。

新CMは、新端末限定のスマートフォン(スマホ)の本体代金+データ通信+かけ放題(5分以内)がセットになった「コミコミプラン」を訴求するもので、プランSの月額利用料1,880円(税別)をアピールする内容となっている。

新CMキャラクターには「X JAPAN」のYOSHIKIさんを起用し、楽天モバイルとYOSHIKIさんの挑戦スピリットをイメージとした世界感を再現している。今回は、この新CM発表会を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

アップキューがミニバイク「UPQ BIKE me01」を12万7000円で9月上旬から出荷開始に!「MOTHERHOUSE」とのコラボレザーバッグも発売【レポート】

電動バイクにぴったりのレザーバッグを発売!

UPQ(アップキュー)は9日、報道関係者向けに「『UPQ』ブランド 1 周年記念新製品発表会」を開催し、超軽量モバイルeバイク「UPQ BIKE me01」を同日から購入受付を開始し、2016年9月上旬から順次発送することを発表した。販売価格は127,000円(税別)。

発表会では、このUPQ BIKE me01のサドル軸部分に取り付け可能な本革バッグ「UPQ BIKE me01純正2WAYレザーバッグ」の「Navy」を9日から、「Red」を18日から発売することも発表された。価格は17,900円(税別)で、各色250個の数量限定生産となる。

今回はUPQ BIKE me01に最適化されたこのレザーバッグについて紹介していく。


続きを読む

宮城県仙台市の無料公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」が大幅拡充!仙台市営地下鉄南北線と仙台市内のサンクスで利用可能にーー実際に使ってみた【レポート】

sendaiwifi01
仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」をモチーフとしたマークが目印!

KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は7月27日、仙台市内における無料の公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」を仙台市営地下鉄南北線全駅構内と、仙台市内50店舗のコンビニ「サンクス」にて8月1日より提供することを発表しました。

SENDAI free Wi-Fiは2015年3月5日より、主に観光客向けに宮城県仙台市で提供されてきたフリーWi-Fiサービスです。今までは仙台城址・伊達政宗騎馬像周辺や観光客向けバス「るーぷる仙台」、観光案内所など、限られた場所での提供でした。

今回は仙台市営地下鉄南北線全17駅構内(改札口周辺・駅ホーム)、仙台市内約50店舗(全店舗ではない)のサンクスと非常に広範囲での提供となり、より利便性が向上しました。実際にスマホやパソコンで使ってみました。

続きを読む

安心・便利を追求してついに10世代目!耐衝撃性能も備えたau向け4G LTE対応折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ KYF32」の京セラによる説明会を紹介【レポート】

kyf32-001
京セラ製au向け「かんたんケータイ」がさらに使いやすくなって登場!

京セラは9日、都内にて今夏のau向け最新モデルとなる折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ(型番:KYF32)」の商品説明会を開催しました。かんたんケータイは主にシニア層をメインターゲットとしたフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)タイプの製品で、OSにAndroidを採用した「ガラホ」となっています。

すでに7月30日よりauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」など販売が開始されており、価格(税込)は本体価格が32,400円、他社から乗り換え(MNP)での契約の場合実質負担は10,800円、新規契約と機種変更では実質負担は21,600円となっています。

京セラはこれまでにも「簡単ケータイ」シリーズを作り続けてきており、初代となる「W32K」から数えて11年、かんたんケータイは10世代目の製品となります。また前機種となる「簡単ケータイ K012」からは4年ぶりの新機種投入となりましたが、このタイミングとなった経緯やかんたんケータイに盛り込んだ新機能にはどのような意図があるのでしょうか。今回はそういった点を説明会の模様を通して紹介したいと思います。

続きを読む

話題の2in1タブレット「MateBook」やライカダブルレンズを搭載するSIMフリースマホ「HUAWEI P9」などを体験できる「HUAWEI 新製品体験イベント」をファーウェイが開催【レポート】

品川駅構内でファーウェイの新製品を体験!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、2in1タイプのWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」やライカのダブルレンズを搭載したSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」などが体験できるイベントをRoyal Garden Cafe青山(7月25日~31日)、Royal Garden Cafe渋谷(8月1日~5日)、品川駅(8月3日~5日)で開催した。

青山と渋谷の2会場ではGQ JAPANとのコラボレーションによる「GQ JAPAN × HUAWEI MateBook Cafe」と題したタッチ&トライイベントを開催。カフェ店内でくつろぎながら同社の新製品に触れるという内容で、参加者には限定オリジナルタンブラーがプレゼントされた。

また品川駅で開催された「品川駅T&Tイベント」では、品川機構内の特設スペースにHUAWEI P9のほか、「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI WATCH Elegant & Jewel」、そして、周辺機器が揃った状態でのHUAWEI MateBookを展示。

ファーウェイ・ジャパンではこういった期間限定の体験イベントを頻繁に行っている。今回はこの品川駅で行われたHUAWEI P9とHUAWEI MateBookのタッチ&トライイベントを紹介していく。


続きを読む

ファンと作るMVNOとは。ライバルのIIJも参加したケイ・オプティコムが主催するファンミーティング「第1回『mineoファンの集い』」を写真で紹介【レポート】

mineo-201607-002
ケイ・オプティコムとIIJ、MVNOのライバル企業が手を組む理由とは?

ケイ・オプティコムが仮想移動体通信事業者(MVNO)サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )の利用者を対象としたファンミーティング「第1回『mineoファンの集い』」を開催しました。

大阪で7月30日に、東京で7月31日に開催され、それぞれ約100名のmineo利用者のほか、同じくMVNOによる携帯電話サービスを運営しているインターネットイニシアティブ(IIJ)の関係者もゲストとして参加し、それぞれに忌憚のない意見交換が活発に行われました。

ケイ・オプティコムはこれまでにも20名前後による小規模なファンミーティングを数回開催しており、ユーザーからのフィードバックやアイデアの募集を行ってきましたが、約100名ものユーザーを集めた大規模なものは今回がはじめて。こうしたユーザー向けのイベントはIIJなどでも実施されており、MVNOユーザー間での盛り上がりも感じられる流れとなっています。

本来ライバルとなるIIJの関係者をゲストに呼んでいる点に驚きを隠せませんが、両企業の関係やMVNOの現状はどのようになっているのでしょうか。今回は東京会場に参加してきたので、ファンミーティングの模様を写真とともにご紹介します。

続きを読む

クラウドファンディングも1日で達成!今ならまだ安く手に入る4枚のSIMカードを使い分けられる「SIM CHANGER ⊿」を紹介【レポート】

1回の充電で30日間使える通信回線切替デバイス「SIM CHANGER ⊿」の発表会をレポート!

Cerevo(セレボ)およびNTTドコモは2日、都内にて「ポータブルSIMの技術を活用した新商品発表会」を開催し、NTTドコモが開発した「ポータブルSIM」の技術を使ってSIMカードを切り替えて通信できるデバイス「SIM CHANGER ⊿(SIMチェンジャー・デルタ)」の開発を発表した。

発売はクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて200台限定で59日間の先行申し込みを開始し、目標台数に達した時点で一般販売を開始するというものだったが、すでに公開当日時点で目標を達成している。申し込みが殺到し、8月5日現在で500件を超える状況だ。

今回はこのスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのようなSIMカードを利用するデバイスをより便利に使えるSIM CHANGER ⊿について紹介していく。

続きを読む

国内初登場の有線Continuum対応!SIMフリーのWindows 10 Mobileスマホ「Acer Liquid Jade Primo JPS58」の専用ドッキングステーションを細かく解説【レポート】


期待のAcerのWindows 10 Mobileスマホ「Liquid Jade Primo」がついに日本で発売に!同梱のContinuum用ドックステーションも初展示

既報通り、日本エイサーは2日、都内にて法人向け新製品発表会を開催し、これまでに国内向けモデルの発売が明言されていたOSに「Windows 10 Mobile」を搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Acer Liquid Jade Primo(型番:JPS58)」を2016年8月25日(木)に発売すると発表しています。

Liquid Jade Primoはグローバルモデルが昨年9月に発表されて以降、何度か日本エイサーの発表会やイベントなどで日本での販売についても明言されてきましたが、なかなか発売されずにすでにグローバルモデルが販売されている中、日本での発売を心待ちにしている人をやきもきさせていました。

今回、正式に発売日が案内され、価格もオープンプライスながら市場想定価格は10万円程度になるとのこと。なお、法人向けとしてダイワボウ通信システム(DIS)が販路となっていますが、個人でも量販店などから取寄可能なほか、ソフマップやジョーシンなどの一部店舗で販売されています。

以前にLiquid Jade Primoの外観などは2016 Japan IT Weekにて同社が行ったセミナーの時の記事にて紹介していますので、今回は国内向けでは初めての展示となる注目機能「Continuum for Phone」用の専用ドッキングステーションの写真や機能、そして、同梱品や個装箱などを紹介していこうと思います。

続きを読む

ASUS JAPANが「台湾フェスタ2016」に出展!スマホやPCのタッチ&トライにお祭りらしいチャレンジ企画まで楽しいイベントを紹介【レポート】

6c3fcff1.jpg
ASUSも台湾フェスタに参加!祭りでたいわっしょい!?

東京・渋谷の代々木公園内イベント広場にて2016年7月30〜31日の2日間に渡って台湾の魅力を日本に感じてもらってさらなる国際親善の推進を行なうことを目的にイベント「台湾フェスタ 2016」(主催:台湾フェスタ実行委員会、共催:日本華商総会)が開催されました。

このイベントにスマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などを扱う台湾メーカーのASUSTeK Computer(以下、ASUS)の日本法人であるASUS JAPANが出展。そこで、本記事では日本ではSIMフリースマホの販売も好調なASUS JAPANのブースの様子をレポートしたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。