S-MAX

レポート

カンタンにふるさと納税ができる「さとふる」が新CMを発表!美味しいお礼品も魅力な発表会を写真と動画で紹介【レポート】

01
大森南朋さんと鈴木奈々さんがふるさと納税ポータルサイト「さとふる」をPR

ソフトバンクグループのさとふるは23日、都内にて「ふるさと納税ポータルサイト『さとふる』新CM発表会」を開催し、CMキャラクターを務めるタレントの鈴木奈々さんがネットで簡単にふるさと納税が行えることをPRした。

さとふるは、寄付で地方自治体を応援する「ふるさと納税」がネットだけのワンストップできるサービスで、寄付先の特産品などがお礼として送られてくるほか、2,000円を超えた寄付金部分が還付される(所得によって還付額および控除額が変化する)。

CM発表会には、鈴木さんと共演する俳優の大森南朋さんが登壇しCM撮影時のエピソードとして、鈴木さんはNGを連発してしまったことを明かす一方でバッティングセンターのシーンでは一発OKを出し、身体を動かすことが好きだと言うことをアピールした。

今回は、試食コーナーもあったお礼品の一部の紹介と、鈴木さんと大森さんのトークセッションを動画で紹介する。

続きを読む

消費者庁も注意喚起!日本マイクロソフトが「Windows 10無償アップグレード」のキャンセル方法を紹介【レポート】

Windows 10のアップグレードはキャンセルできる!

日本マイクロソフトは10日、都内にて「Windows 10の最新情報に関する記者説明会」を開催し、期間終了が2016年7月29日までと迫ってきた「Windows 10」の無償アップグレードについて改めてやり方やキャンセル方法を解説した。

このWindows 10への無償アップグレードに関しては、ユーザーの不利益となり得る事象も起きていることもあり、消費者庁が6月22日に消費者に対する注意喚起を促す文書を発表するなどの異例の事態となっている。

毎月10日が「Windows 10の日」として行われた記者説明会のため、Windows 10のメリットが説明された一方で、こういった背景から一部で混乱を招いているアップグレードのキャンセル方法についても説明があった。そこで今回は、キャンセル方法も含めて説明会の模様について紹介していく。


続きを読む

白戸家のお兄さんがEXILE入り!?サプライズだらけだったソフトバンク「スポナビライブ」の新CM発表会を紹介【レポート】

sportsnavilive-001
いつでもどこでもスポーツ観戦!ソフトバンクがスポナビライブ新CM発表会を開催

ソフトバンクは16日、都内にて同社の運営するスマートフォン(スマホ)など向けサービス「スポナビライブ」の新CM発表会を開催しました。

発表会には同社のテレビ(TV)CMシリーズ「白戸家」の"お兄さん"役としてお馴染みのダンテ・カーヴァーさんや"お父さん"役の海斗くんのほか、EXILEメンバーの岩田剛典さんや関口メンディーさんをはじめ、力士の琴奨菊関、プロバスケットチーム「千葉ジェッツ」の富樫勇樹選手、野球解説者の田尾安志さんらも登場。CM制作の裏話などを交えながらの楽しいトークセッションを披露しました。

新CMは発表会で先行披露され、翌17日からTV地上波などでも放映されています。今回はこの新CM発表会の模様を紹介したいと思います。

続きを読む

Interop Tokyo 2016:予想外に重要だった!シスコシステムズ、離れたマンホールの状況をモニターできる「マンホールモニタリングソリューション」を展示【レポート】


今年はインフラ系IOTが熱い!?実はとっても実用的なIOTマンホール登場!

千葉・幕張メッセにて2016年6月8日(水)~10日(金)の3日間にかけてネットワークテクノロジー関連の展示会「Interop Tokyo 2016」(併催イベントは「Connected Media Tokyo 2016」および「デジタルサイネージジャパン2016」、「ロケーションビジネスジャパン2016」、「APPS JAPAN 2016」)が開催されました。

今回はクラウドやワイヤレス機器をはじめとするネットワーク関連機器や関連サービスを幅広く扱うシスコシステムズのブース内にて離れたところからでもマンホールの状態をモニターできる「マンホールモニタリングソリューション」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

未来のスマホは地上・衛星LTEで圏外なしに?ソフトバンクが「衛星移動通信システム」の試作機による実証実験を披露【レポート】

ソフトバンクが静止衛星を利用したLTE通信システムの試作機を開発

ソフトバンクは9日、記者向けに「衛星LTE」の実証実験を公開した。実証実験に用いられた衛星LTEとは、LTE-Advancedの通信規格に対応する衛星通信システムを指す。

従来の専用の衛星ゲートウエイ局(衛星基地局)や衛星通信専用端末といった独自の通信規格ではなく、3GPPで標準化が進められているLTE-Advancedの通信規格に準拠することで、スマートフォン(スマホ)やモバイルWi-Fiルーターなどへの組み込みも容易であるとしている。

今回は、実証実験の前に行われた説明会より、この衛星LTEで何ができるのか、今後の課題について紹介していく。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてパソコン向け次期プラットフォーム「macOS Sierra」を発表!OS Xから改め、Siriやユニバーサルクリップボードなど――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


OS XはmacOSに!AppleがWWDC 2016で次期バージョン「10.12 Sierra」を発表

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、MacやMacBookなどのパソコン向けのプラットフォーム「macOS」の次期バージョン「macOS Sierra(10.12)」を発表しています。

これまで「OS X」として提供されてきたAppleのパソコン向けプラットフォームですが、他の「iOS」や「watchOS」、「tvOS」と合わせて"OS"の前に対象を小文字で付けるmacOSに名称を変更しました。

またバージョンは10.12になり、現在提供されている10.11.xの「OS X El Capitan」などと同様に北米西海岸の名称であるSierraが名称として付けられています。

mac OS Sierraの開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種は2009年以降のMacBookおよびiMac、2010年以降のMacBook AirおよびMacBook Pro、Mac mini、Mac Pro。アップデートの価格は無料。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 10」を発表!個人情報に基づいて予測する文字入力やSiriの開放など――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期スマホなど向けプラットフォーム「iOS 10」を発表!

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、スマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しています。

開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 9とは異なり、iPhone 4SやiPad 2、iPad 3、iPad mini、iPod touch(第5世代)が対象外となり、iPhone 5以降およびiPad 4・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計17機種。アップデートの価格は無料。

続きを読む

MWC 2016:ZTE、最新スマホ「Blade V7」や「Blade V7 Lite」、8.4インチと大型化したプロジェクター搭載スマートデバイス「Spro Plus」を展示【レポート】


MWC 2016にて新スマホ「Blade V7」や「Blade V7 Lite」などが展示!

既報通り、ZTEがスペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催された「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせて最新スマートフォン(スマホ)「Blade V7」および「Blade V7 Lite」、プロジェクター内蔵スマートデバイス「Spro Plus」を発表しました。

そこで今回は少し遅くなりましたが、MWC 2016でのZTEブースにて実際にBlade V7やBlade V7 Lite、Spro Plusの実機を試した模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ASUSの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」(日本・香港・台湾版)と「ZenFone 3 Ultra」で4Gデータ通信と3G音声通話の同時利用を確認!日本でのデュアルSIM活用に期待【レポート】


shimajiro@mobiler

台湾・台北で5月30日~6月4日に開催された展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」のASUSTeK Computer(以下、ASUS)ブースにて展示されていた「ZenFone 3」(日本・香港・台湾版)と「ZenFone 3 Ultra」(グローバル版)のデュアルSIM仕様を展示機にて確認してみた。

その結果、結論から言えば、これらのZenFone 3やZenFone 3 UltraについてはデュアルSIMの両方のSIMカードで3G以上の待受に対応しており、4Gと3Gの同時待受が可能であることが確認できた。特にZenFone 3については日本・香港・台湾版であるため、日本で発売される可能性が非常に高い。

そのため、何らかの理由であえてこの機能が塞がれない限り、例えば、NTTドコモの通話定額「カケ・ホーダイ」だけを契約したSIMカードと、仮想移動体通信事業者(MVNO)によるデータ通信料の安いいわゆる格安SIMのSIMカードを同時に組み合わせて利用できるようになると思われる。

続きを読む

Interop Tokyo 2016:NTTドコモ、ネットワークでデジタルサイネージを遠隔管理できる安価なASPサービス「MobilePOPサービス」を展示!NOTTV終了で「TV BOX」も活用【レポート】


配線不要で手軽に導入できるNTTドコモの電子ポップ支援サービス!

千葉・幕張メッセで2016年6月8日(水)~10日(金)にかけてネットワークテクノロジー関連の展示会「Interop Tokyo 2016」(併催イベントは「Connected Media Tokyo 2016」および「デジタルサイネージジャパン2016」、「ロケーションビジネスジャパン2016」、「APPS JAPAN 2016」)が開催されました。

今回は映像配信関連事業を行っているpdcのブース内にてNTTドコモがモバイルネットワークから遠隔で動画や画像などのコンテンツを電子ポップへ配信および管理するビジネス向けソリューション「MobilePOPサービス」を展示していたので紹介します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。