S-MAX

レポート

JリーグとNTTドコモがトップパートナー契約を締結!鹿島アントラーズ対セビージャFC戦のスコア予想で当日使用した公式試合球が当たるキャンペーンは7月22日まで【レポート】


JリーグとNTTドコモのトップパートナーシップ契約でどんなサービスが始まるのか?!

JリーグとNTTドコモが「トップパートナー契約」、JリーグとNTTグループは「オフィシャルテクノロジーパートナー契約」を締結したことを6月30日に発表した。全国の約2400店の「ドコモショップ」と地域のシンボルであるJクラブとの協業によって、地域のファンやサポーターとJクラブのリレーションの強化や、新たなファン層の開拓、ホームタウンやその周辺地域の活性化に貢献していく。

ファンやサポーター、そしてライトファン層やサッカーファンとのコミュニケーション強化を図るためにICTを活用した映像サービスやSNS連動によるユーザー参加型イベントを実施。その第1弾として7月22日に行われる「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズVSセビージャFC戦」の「スコア予想&応援投稿キャンペーン」が実施される。

キャンペーン内容は、スコアを予想し、予想を的中させた応募者に抽選で選手サイン入り大会オリジナルグッズ等の賞品が当たるというもの。応募方法はSNS(twitterおよびInstagram)で指定のハッシュタグを付けて投稿。もしくはJリーグ公式サイト大会特設ページのWebフォームから参加可能だ。応募期間は2017年7月22日(土)の試合開始前まで。

今回は6月30日に行われた「Jリーグ+NTTドコモ 共同記者会見」いついて紹介していく。

続きを読む

ISOT 2017:本物の西陣織を使用したスマホケースやユニークなモバイルランプを展示した「日商テレコム」ブースを紹介【レポート】


西陣織のスマホケースやアイデア照明を販売する「日商テレコム」を紹介!

東京ビッグサイトにて7月5日から7日まで「第28回 国際 文具・紙製品展(ISOT 2017)」が開催されました。年に1回行われるこの展示会は製品導入や商談を目的としており、国内外のユニークな文具や紙製品が出展されます。

今回ご紹介する日商テレコムのブースでは西陣織を用いたスマートフォン(スマホ)ケースやコンパクトに持ち運べる間接照明などを展示。多くの来場者が足を止めユニークな製品の数々に興味深く魅入っていました。

続きを読む

カメラやプロジェクターにトランスフォームするモトローラの個性派スマホ「Moto Z2 Play」と「Moto Mods」を写真と動画で紹介!Hasselblad True Zoomも試す【レポート】


拡張して楽しめるSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」をチェック!

今やSIMフリースマートフォン(スマホ)市場は“格安スマホ”だけではなくプレミアムモデルや個性派モデルなど、大手携帯電話会社のスマホにはない魅力的な製品が登場している。

その中でも個性的な製品がモトローラ・モビリティ・ジャパンが6月29日に発売したSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」だ。Moto Z2 Playはモトローラのプレミアム「Moto Z」シリーズで、上位機種にはフラグシップモデルの「Moto Z」がある。

主なスペックとして、5.5インチFHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ、CPUにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 626(MSM8953 Pro)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDはUHS-Iの2TBに対応。

一見ごく普通のミドルレンジクラスのスマホだが、背面にカメラやプロジェクター、バッテリーなどの機能モジュール「Moto Mods」を取り付けることで様々なニーズに対応する。価格はオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」では53,800円(税抜)。

今回は、Moto Z2 PlayとMoto Modsを6月20日に行われた新製品発表会のタッチ&トライと、前モデル「Moto Z Play」で試用したMoto Modsの使用感を交えて紹介していく。

続きを読む

ISOT 2017:超軽量・高強度のジュラルミン製スマホケースを販売する「ギルドデザイン」ブースを紹介!デレマスやデジモンとのコラボ製品も手がけるスマホケース界の老舗企業【レポート】


ジュラルミン製スマホケース販売会社「ギルドデザイン」を紹介!

東京ビッグサイトにて7月5日から7日まで「第28回 国際 文具・紙製品展(ISOT 2017)」が開催されました。年に1回行われるこの展示会は製品導入や商談を目的としており、国内外のユニークな文具や紙製品が出展されます。

本展においても昨今のモバイル機器ブームはあちこちに見受けられ、スマートフォン(スマホ)やタブレットの周辺機器などが多数展示されていました。今回はその中からスマホの周辺アイテムとしてジュラルミン製の保護ケースを制作・販売する企業「ギルドデザイン」とその製品類をご紹介します。

続きを読む

AI・人工知能EXPO:キュートな女の子たちとの会話はいかが?展示会場で見つけたAIアシスタントキャラクター大特集【レポート】


AI・人工知能EXPOで見つけたキュートなAIアシスタント大特集!

東京ビッグサイトにて6月28日から30日まで日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展「コンテンツ東京2017」が開催され「コンテンツマーケティングEXPO」や「クリエイターEXPO」など個別のテーマに合わせたEXPOが複数同時展示されるなか、「AI・人工知能EXPO」が初開催されました。

ここ数年におけるAI技術の進歩はめざましく、スマートフォン(スマホ)やPCの世界だけではなく音声でコントロールする家電製品やIoT機器への実装も各社から相次いでいます。こういったAI技術の進化に合わせて開催された今回の展示会ですが、会場を見渡すと少なくない数の「あるもの」に気が付きます。それはAIのデザインに採用された可愛らしい女の子のキャラクターです。

こんなところにもアニメキャラを使うとは、さすがマンガ・アニメ大国日本!と驚くとともに、そこに隠された重要なキーワードにも気付かされました。今回は、そんな展示会場で見つけたキュートな女の子たちをご紹介しその意味について解説します。

続きを読む

全国で82店舗目は秋田に!UQ mobileやWiMAXの手続きができる秋田県初の専門ショップ「UQスポットイオンモール大曲」がオープン【レポート】


秋田県初のUQ専門店「UQスポット イオンモール大曲」がオープン

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は2017年7月14日(金)に全国で82店舗目となる「UQ mobile」および「UQ WiMAX」商品を対面で販売する専門ショップ「UQスポット イオンモール大曲」(秋田県大仙市)をオープンしました。

東北地方では以前取材している「UQスポット 仙台一番町(宮城)」や「UQスポット イオンモール天童」などに次ぐ5店舗目。秋田県内では初出店です。

オープン初日朝には、開店前にオープンセレモニーも開催。今回はこのセレモニーの様子やお店の概要を取材していたので、店内の雰囲気などを含めて写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

LINEが1万円で買えるスマートスピーカー「WAVE」の先行予約開始!LINE MUSICやニュース、LINEのメッセージ、スケジュールも音声コントロール可能に【レポート】


7月14日よりスマートスピーカーWAVEを先行版価格1万円で予約受付開始!

LINEは6月15日に発表したクラウドAIプラットフォーム「Clova」搭載スマートスピーカー「WAVE」からMUSICのみの機能に絞った先行版を7月14日より予約受付( https://clova.ai/ja )を開始した。発送は2017年7月下旬以降順次を予定。

正式版の販売価格は15,000円だが、先行版はそれよりも安い10,000円で購入可能だ。先行版はClovaのすべての機能は利用できないが、今秋発売予定の正式版発売のタイミングで、正式版と同じ機能へとアップデート可能としている。なお、価格はすべて税込。

先行版で利用できる機能は「LINE MUSIC」が提供する約4000万曲の楽曲視聴や、その時の雰囲気やユーザーに合った曲をWAVEが推薦する機能を持つ。またLINE MUSICのフル機能が利用できる「プレミアムプラン」(月額960円、学割なら月額480円)が6ヶ月間セットになっている。

今回は、6月15日に開催された事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」からWAVEの特長およびClova搭載デバイスについて紹介していく。

続きを読む

安心して長く使えるUQ mobile向けタフネススマホ「DIGNO V」を写真と動画で紹介!おサイフケータイや赤外線にも対応し、前面下部中央に電源キーを搭載して使いやすさを重視【レポート】


フィーチャーフォンからの乗り換えでも安心して使える京セラ製スマホ「DIGNO V」をチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けのスマートフォン「DIGNO V」(京セラ製)を7月14日に発売する。

DIGNO Vは、auが同日に発売する「Qua phone QX」の兄弟機にあたり、防塵・防滴・耐衝撃性能や分かりやすい電話機能など、長く付き合える安心の国内品質を特長としている。

今回は少し時間が経過しているが、UQが6月1日に開催した「2017夏UQ発表会」のタッチ&トライ会場でDIGNO Vの実機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

AI・人工知能EXPO:KDDIエボルバがリニューアルしたAIアプリ「おはなしアシスタント」を出展。キュートなキャラクター「レナ」との対話で生活支援を行う【レポート】


KDDIエボルバがAI・人工知能EXPOにリニューアルしたAIアプリ「おはなしアシスタント」を展示!

東京ビッグサイトにて6月28日から30日まで日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展「コンテンツ東京2017」が開催されました。コンテンツ東京2017では「コンテンツマーケティングEXPO」や「クリエイターEXPO」など個別のテーマに合わせたEXPOが複数同時開催されますが、AI技術の進歩に合わせ「AI・人工知能EXPO」が今回初開催となりました。

そのAI・人工知能EXPOに、KDDI関連企業であるKDDIエボルバがスマートフォン(スマホ)およびタブレット向けのAIアプリ「おはなしアシスタント」を展示。巨大なモニターを用いた実演を行い来場者の注目を集めていました。

続きを読む

ユーザーの声を反映してキーボードの使い勝手を向上!ファーウェイのWindows 10搭載2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を写真と動画で紹介【レポート】


2in1タイプのWindowsタブレット「HUAWEI MateBook E」は9万2800円から!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、OSに「Windows 10」を搭載した2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を発売した。昨年発売した「HUAWEI MateBook」の後継となるモデルで、本体サイズやディスプレイ、重量などは同じ。

変更点は、CPUをインテルの第7世代Coreシリーズに刷新、これまで別売だったキーボードカバーを付属としている。カラーバリエーションは「シャンパンゴールド」と「チタニウムグレー」の2色。付属するキーボードカバーはシャンパンゴールドにはブラウン、チタニウムグレーにはブルーとなる。

従来モデルのCPUはインテルの第6世代Core m3-6Y30とCore m5-6Y54だったが、MateBook Eは第7世代のCore m3-7Y30とCore i5-7Y54となった。上位モデルはCore i5型番だが、実質的には第7世代のCore m5という位置付けとなり、パフォーマンス的に大きな変更はないとみて良いだろう。

Core i5モデルは8GB内蔵メモリー(RAM)と256GB内蔵ストレージ(SSD)、Core m3モデルには4GB RAMおよび128GB SSDと言う構成となる。なお、Core m3搭載モデルはファーウェイのECサイトのみの取り扱いとなる。

販売価格はマイクロソフト「Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」付きCore i5モデルが161,800円、Officeなしが133,800円、Core m3モデルが92,800円だ。アクセサリーとして「MateDock 2」が7,300円、「MatePen」が7,800円も発売される(価格はすべて税抜)。

今回は、4日開催された「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」のタッチ&トライ会場でMateBook Eに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。