S-MAX

レポート

フリップカメラを搭載した最新フラグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を写真と動画で紹介!ASUS設立30周年記念モデルも登場【レポート】


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」をチェック!

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は20日、都内で『スマートフォン・ノートPC新製品発表会「WISER TOGETHER~30 Years Together」』を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」(ASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しました。

ZenFone 6 ZS630KLはチップセット(SoC)にQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon 855」を搭載し、内蔵メモリー(RAM)と内臓ストレージは下位モデルでも6GB RAM・128GBストレージと大容量なだけでなく、180度回転してフロントカメラとしても利用できる「フリップカメラ」としてソニー製約4800万画素イメージセンサー「IMX586」をメインカメラとして搭載するなど、フラグシップモデルらしい高性能な1台に仕上がっています。

価格はオープンながら希望小売価格(金額はすべて税込)は6GB RAM・128GBストレージモデルが75,060円、8GB RAM・256GBストレージモデルが89,100円となっており、本体カラーはミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの2色で、トワイライトシルバーの8GB RAM・256GBストレージモデルのみが8月30日(金)に発売され、それ以外は8月23日(金)に発売されます。

販売拠点は直営店「ASUS Store Akasaka」や公式Webショップ「ASUS Store」のほか、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所となっており、すでに各所で予約販売が開始されています。また、ASUS Store AkasakaおよびASUS Storeでは12GB RAM・512GBストレージのオリジナルカラーとなる30周年記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」も台数限定で111,272円にて販売されています。

今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーでZenFone 6 ZS630KLの通常モデルに加えて30周年記念モデルも合わせてそれぞれ実機を試すことができましたので、写真や動画を交えて製品の外観や特徴を紹介したいと思います。

続きを読む

東京の真ん中に水族館が出現!銀座ソニーパークにて開催している「Sony Aquarium 2019」のスマホでの撮影ポイントを写真と動画で紹介【レポート】


銀座を泳ぐナポレオンフィッシュに会いに行こう!Sony Aquarium 2019を紹介

ソニーが東京・銀座にて運営する「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で沖縄美ら海水族館の監修するイベント「Sony Aquarium 2019」を7月26日より開催しており、都会の真ん中に約30種類1000匹の色彩豊かな海の生き物が泳ぐ巨大水槽を設置し涼を呼び景色を作り出している。

開催期間は今週末の8月18日(日)までで、営業時間は10時から22時までとなっており、入場無料で沖縄美ら海水族館からやってきた色とりどりの熱帯魚やその見た目のインパクトと大きさが魅力的な「ナポレオンフィッシュ」(メガネモチノウオ)やオオテンジクザメが悠々と泳ぐさまを観賞できる。もちろん、写真や動画も撮影可能だ。

会期中は沖縄美ら海水族館の研究員によるオープンカレッジや地下4階の“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERYでは、沖縄の食材を使用した期間限定メニューや沖縄のシークヮーサーを使ったドリンクを提供する。今回はSony Aquarium 2019の紹介と、スマートフォン(スマホ)での撮影ポイントを紹介していく。

続きを読む

AnkerがAndroid TV内蔵モバイルプロジェクター「Nebula Capsule II」を発売!大画面でYouTubeやHuluなどが大画面で楽しめる【レポート】


Android TV内蔵のモバイルプロジェクターが便利!

アンカー・ジャパンが都内にて「Anker Power Conference - ‘19 Summer」を6月6日に開催し、モバイルバッテリーやオーディオ、ロボット掃除機など各ブランドの新製品を発表した。

発表された新製品は周辺機器ブランド「Anker」から「Anker PowerPort III 60W」、家電ブランド「Eufy」から「Eufy RoboVac G10」、「Eufy RoboVac +70」、音響ブランド「Soundcore」から「Soundcore Wakey」、カー用品ブランド「Roav」から「Anker Roav Bolt」、映像関連ブランド「Nebula」から「Anker Nebula Capsule II」の6製品だ。

アンカー・ジャパンと言えば、モバイルバッテリーや充電器などのAnkerブランドのイメージが強いかと思うが、実はロボット掃除機やスピーカー、ワイヤレスイヤホン、ドライブレコーダー、プロジェクターなどといったさまざまなブランド製品を展開しており、2018年には日本市場において目標として掲げた売上高100億円達成し、なおも急成長中の企業でもある。

今回は、この新製品群の中から持ち運びにも便利なモバイルプロジェクター「Capsule」シリーズの最新モデルであるAnker Nebula Capsule IIを紹介したいと思う。特徴は本体に「Android TV」(バージョン9.0)を搭載し、アプリの追加で「Hulu」や「Netflix」と言った動画配信サービスの視聴が可能であることだ。その機能について詳しく紹介していこう。

続きを読む

専用の周辺機器でさらに快適に遊べるゲーミングスマホ「Black Shark 2」でいろんなゲームを試してみた!しばらく使ってみて気が付いた点も紹介【レビュー】


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」の豊富な周辺機器と性能が輝くとき!いろんなゲームをがっつりチェック

TAKUMI JAPANから発売された超高性能なゲーミング向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)。メーカー希望小売価格は107,870円(税込)と高価ながらそのスペックと専用の周辺機器(アクセサリー)によってスマホでゲームが快適にプレイできるのが最大の特徴です。

Black Shark 2や「ROG Phone」(ASUSTeK Computer)などのいわゆる“ゲーミングスマホ”の定義は特に定まっていないと思われますが、少なくとも共通して「(一般的なハイエンドスマホよりも)さらに高い性能」と「豊富に用意された周辺機器の存在」があると思われます。

そこで今回はBlack Shark 2のレビューの総仕上げとして、Black Shark 2でさまざまなゲームアプリなどを実際に豊富な周辺機器を利用して遊んでみた使用感などの感想と、Black Shark 2をしばらく使っていて気が付いた点を紹介したいと思います。

続きを読む

使い勝手はどう?ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」のサイドセンスやシネマワイドディスプレイによるマルチウィンドウなどを試す【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモおよびau、SoftBankから発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。筆者もNTTドコモ向け「Xperia 1 SO-03L」を購入してレビューをしています。

Xperia 1は超縦長画面「シネマワイドディスプレイ」やトリプルリアカメラが注目されており、これまで第1回目の外観・同梱品、第2回目の持ちやすさ、第3回目の映像体験、第4回目の基本的な動作速度や安定性について紹介してきました。

そこで今回は超縦長なシネマワイドディスプレイを活用したマルチウィンドウや最近の「Xperia」シリーズで導入されているサイドセンスをはじめとするXperia 1のユーザーエクスペリエンス(UX)について実際に使ってみた範囲で感じたことをまとめました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。