S-MAX

京ぽん

秋吉 健のArcaic Singularity:嗚呼、PHSよ永遠なれ。新規契約および機種変更の受付を停止したPHSの歴史を紐解きこれからのモバイルデータ通信の未来を考える【コラム】


PHSの歴史を紐解きつつ未来のモバイルデータ通信を考えてみた!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は1日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」におけるPHSサービスの新規契約および機種変更の受付を停止しました。なお、現在のところ停波の予定はなく、すでにPHSを利用中のユーザーは継続して利用できるほか、法人向けテレメタリングなども引き続き契約手続きを受け付けています。

過去のものとしてしまっては失礼かもしれませんが、20代以上、特に30代以上の世代にとっては「PHS」という響きは懐かしくもあり、人によっては「まだあったんだ」という驚きのある方もいらっしゃるかと思います。

かくいう筆者も1999年に三洋製「PHS-J80」を購入したのがPHSデビューであり、はじめてのケータイ製品でもありました。その後、10年以上にわたりPHSを愛用し続けてきましたが、残念ながら現在は解約しています。新規受付ができるうちに1回線契約しておけば良かったかな?と、少しだけ後悔しているところです。

PHSの歴史を紐解いていくと、日本におけるモバイルデータ通信の歴史が見えてきます。日本の携帯電話市場においてPHSとはどのような存在だったのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はPHSの昔話を交えながら、これからのモバイルデータ通信について考えます。

続きを読む

通話に便利な機能と落ち着いたカラーリングが渋い!アクティブシニア向けなPHS音声端末「Casablanca WX05K」を写真で紹介【レポート】

42956012.jpg

派手さはないがイイ仕事をする、いぶし銀な魅力たっぷりのPHSが登場です

既報通り、ウィルコムとソフトバンクモバイルは29日、2012年夏以降に発売する予定の新モデル「ソフトバンクモバイル・ウィルコム新商品発表会 2012 Summer」を開催し、WX01Kをベースにアクティブシニア層(定義としては大体50歳くらいから60代半ばくらいの元気な中高年層)向けに調整と機能追加を行った折りたたみ型PHSの「Casablanca WX05K」(京セラ製)が発表されました。発売は2012年6月7日予定。

WX05Kは前述の通りWX01Kをベースに調整を加えられた端末で、ターゲット世代をアクティブシニア層に向けたことで「敢えて外した機能」と「新たに加えた機能」があります。

発表会場にて実機の展示がありましたので紹介します。

続きを読む

ウィルコムが再出発!ポップなストレートケータイの新機種「HONEY BEE 4」を発表【フォトレポート】


新生WILLCOMの新端末が登場!

12月1日ウィルコムの報道向けの記者説明会が開かれ、ウィルコムのリスタートとともに新機種としてHONEY BEE4(WX350K)が発表されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。