S-MAX

料金

秋吉 健のArcaic Singularity:総務省と通信業界の仁義なき戦い?大手通信キャリアへの総務省の提言から業界に横たわる問題点と消費者のメリット・デメリットを考える【コラム】


通信業界が抱える問題点をおさらいしてみた!

NTTドコモが1月16日にいわゆる「2年縛り」などの定期契約を解約した際に違約金の発生しない月数を2ヶ月間から3ヶ月間へと変更を発表したのを皮切りに、KDDI(au)やソフトバンク(サブブランドのワイモバイル含む)も翌17日付で同様の変更を発表しました。

NTTドコモ、携帯電話や固定通信の料金プランなどにおける定期契約で解約金のかからない更新月が3ヶ月間に延長!2019年3月に満了を迎える場合から - S-MAX
KDDI、auの料金プランなどにおける定期契約で解約金のかからない更新期間が更新月を含む3ヶ月間に延長!2年契約なら24〜26ヶ月目が対象。2019年3月に満了を迎える場合から - S-MAX
ソフトバンクとワイモバイルでも2年契約などの定期契約で解約金のかからない更新期間が更新月を含む3ヶ月間に延長!2年契約なら24〜26ヶ月目が対象。2019年3月に満了を迎える場合から - S-MAX

それぞれの変更の適用は、NTTドコモが2019年3月に定期契約が満了を迎える場合から、KDDIが2019年3月より条件を満たす場合から、ソフトバンクが2019年3月1日より変更となっており、変更期日や適用対象者に細かな差異はあるものの、ほぼ横並びでの改善となりました。

今回の変更は2018年6月に総務省が取りまとめた報告書「モバイル市場の公正競争促進に関する大手携帯電話事業者への指導等」に基づいて行われたものですが、2019年はこういった2018年までに取りまとめられた総務省の指導や要請を基にした料金施策や販売方式の改善や変更が多く見られそうです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はこれらの総務省による指導や要請、通信キャリアが抱える問題点などをおさらいしつつ、ユーザーにどのようなメリットやデメリットがあるのかを考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:通信業界行く年来る年。2018年のコラムから3つのキーワードをピックアップし、2019年の通信業界を占う【コラム】


2018年に書いたコラムから1年を振り返ってみた!

このコラムが掲載される(と思われる)今日は晦日。2018年もあと2日となりました。みなさん年越しの準備はお済みでしょうか。筆者もこのコラムで書き納めとする予定ですが(予定は未定)、振り返ってみれば今年は見事にコラム完投、52週を一度も休まずに書ききりました。

コラムを1年分振り返ってみると、2018年の通信業界も大激動の年であったことを強く感じます。新しい技術、新しいサービス、そして新しい端末。さまざまな話題を散りばめ、できる限り幅の広い話題を提供しようと東奔西走した1年でした。

そこで今回の「Arcaic Singularity」では、2018年に書き綴った51週分のコラムから筆者が注目したテーマ3つをピックアップし、内容を振り返りながら2019年の通信業界を占ってみたいと思います。

続きを読む

KDDI、ケータイからauスマホへ移行で月千円×12ヶ月割引の「ケータイ→auスマホ割」と60歳以上なら月千円割引の「カケホ割60」を提供開始!auピタットプランが月額980円から利用可能に


au向け割引施策「ケータイ→auスマホ割」と「カケホ割60」が提供開始!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」においてよりお得にスマートフォン(スマホ)を利用できる割引施策「ケータイ→auスマホ割」と「カケホ割60」を2018年11月16日(木)より提供開始すると発表しています。

これにより、ケータイ→auスマホ割とカケホ割60の両方が適用される場合には国内通話が24時間かけ放題となる「auピタットプラン(カケホ)」(月1GB〜)を月々980円(12カ月間)から利用可能となります。

なお、これらの施策は同日に発表されたau向け3Gサービス「CDMA 1X WIN」が2022年3月末に終了予定であることに伴って実施され、ともに終了時期は未定です。

続きを読む

KDDI、Wowma!で購入した金額の最大10%が通信料金から割り引かれる「auご利用料金還元」を2019年1月中旬以降に提供!既存のポイントアッププログラムと選択可能


Wowma! のauご利用料金還元が2019年1月中旬以降にスタート!

KDDIおよび沖縄セルラー電話、KDDIコマースフォワード(以下、KCF)は13日、総合ショッピングモール「Wowma!」( https://wowma.jp )の商品購入に伴う特典を2019年1月中旬以降に従来の「ポイントアッププログラム」に加え、購入金額の最大10%が通信料金に還元する「Wowma! のauご利用料金還元」を提供開始すると発表しています。

これにより、Wowma!で買い物をするほど、auの月額通信料金が安くなるとのこと。なお、auご利用料金還元の提供後は、Wowma!内マイページ上にて「ポイントアッププログラム」または「auご利用料金還元」の特典のどちらかを選択できるということです。

また2018年12月1日(土)から2019年3月31日(日)までの期間限定で、auスマートパスプレミアム会員かつWowma!会員の場合には1回(1店舗)の買いものごとに最大600円までの送料分を「Wow!スーパーポイント」で還元するキャンペーンを実施します。

キャンペーンは期間中であれば、税込1,500円(送料・手数料などは除く)以上の買いもので利用可能で、対象エリアは日本全国対応(離島/北海道/沖縄含む)。なお、ポイント還元は購入日の翌月に行われます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コンテンツビジネスのサブスクリプションモデルへの回帰。通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその注意点について考える【コラム】


通信業界におけるサブスクリプションモデルについて考えてみた!

今年も残すところあと2ヶ月弱となりました。通信業界も慌ただしく1年を終えようとしていますが、各大手通信キャリアやアプリメーカーにとって2018年を振り返った時、大きな話題の1つとしてコンテンツ内課金モデルの急激な失速があります。ゲームにおける課金ガチャが最も端的な例ですが、人々の射幸心を煽るようにして課金を促す方式が通用しなくなり始めたのです。

その一方で、数年前から再び見直され始めた課金方式があります。それがサブスクリプションモデルです。いわゆる定額課金方式と呼ばれるもので、月額料金を支払ってサービスや商品を定期購入するのが分かりやすい例ですが、Apple MusicやGoogle Play Musicといった音楽のストリーミング配信サービスやNetflixのような動画配信サービスといった月額の通信系サービスが主流化し、iTunes Storeのようなコンテンツ購入型サービスが勢いをなくしたあたりからも、サブスクリプションモデルへの人々の「回帰」が始まっているように感じられるのです。

一般的な流通を考えた場合、サブスクリプションモデルというのはデメリットも多くあまり成功しないイメージが強いのに、なぜ通信業界ではこういったモデルの導入が加速しているのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその利用における注意点などを解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。