S-MAX

料金

携帯電話サービス「LINEモバイル」で「Android限定!格安スマホ全メーカーセール」を実施。取扱開始した「Mi Note 10」も対象


LINEモバイルでAndroid限定!格安スマホ全メーカーセールがスタート!Mi Note 10も販売開始

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは1日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において対象製品を値引きして販売するキャンペーン「Android限定!格安スマホ全メーカーセール」を2020年4月1日(水)11:00から5月13日(水)10:59まで実施すると発表しています。

また4月1日からSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mi Note 10」(Xiaomi Communications製)を販売開始し、キャンペーンの対象となってセール価格は新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら税抜49,800円(税込54,780円)、機種変更なら税抜51,800円(税込56,980円)となっています。なお、通常価格は税抜52,800円(税込58,080円)。

また4月3日(金)からはMi Note 10の販売開始を記念して同社の公式Twitterアカウント( @LINEMOBILE_JP )をフォロー&リツイートすることで、Mi Note 10が抽選で10人に当たるキャンペーンも実施されます。詳細はキャンペーン開始日にTwitterにて案内される予定。さらにLINEポイントがもらえる招待キャンペーン「招待すればするほどお得!もっと招待キャンペーン」も実施されます。

続きを読む

auが5Gサービスを3月26日に提供開始!料金プラン「ピタットプラン 5G」や「データMAX 5G」(Netflixパック・ALL STARパック含む)を解説


au 5Gの料金プランを紹介!基本はピタットプラン 5GやデータMAX 5Gの2種類

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、オンラインにて『「UNLIMITED WORLD au 5G」発表会』を開催し、携帯電話サービス「au」における第5世代移動体通信システム「5G」の商用サービスを2020年3月26日(木)に提供開始すると発表しました。

合わせて5G対応のスマートフォン(スマホ)として「Xperia 1 II SOG01」および「AQUOS R5G SHG01」、「Galaxy S20 5G SCG01」、「Galaxy S20+ 5G SCG02」「OPPO Find X2 Pro OPG01」、「ZTE a1 ZGT10」、「Mi 10 Lite 5G XIG01」を同日より順次発売します。

また発売に先立って3月24日10時からauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにてMi 10 Lite 5Gを除く6機種について事前予約受付を実施しており、価格はすでに紹介した通り。

利用料金はau 5G向け料金プランとしてデータ通信が使い放題「データMAX 5G」および1GB・4GB・7GBの段階制の「ピタットプラン 5G」が用意され、各種割引適用後の月額料はそれぞれ3,806円〜(2GB以下なら2,178円)、2,178円〜で3月26日から提供されます(金額はすべて税込)。

さらにデータMAX 5Gにサービスを追加した料金プラン「データMAX 5G ALL STARパック」および「データMAX 5G Netflixパック」も用意され、それぞれ6,006円〜(2GB以下なら4,378円)および4,686円〜(2GB以下なら3,058円)となっています。

なお、4G向けのデータ使い放題プランも新たに月額3,806円〜(2GB以下なら2,178円)の「データMAX 4G LTE」が6月2日(火)から提供開始されることも発表されました。本記事ではそんなau 5G向け料金プランについて紹介します。

続きを読む

NTTドコモが5Gサービスを3月25日に提供開始!料金プラン「5Gギガホ」や「5Gギガライト」、「5Gデータプラス」を解説


docomo 5Gの料金プラン「5Gギガホ」や「5Gギガライト」、「5Gデータプラス」が発表!

既報通り、NTTドコモは18日、オンラインにて「NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会 2020 docomo collection」を開催し、第5世代移動体通信システム「5G」の商用サービスを2020年3月25日(水)に提供開始すると発表しました。合わせて5G対応スマートフォン(スマホ)「Galaxy S20 5G SC-51A」と「AQUOS R5G SH-51A」の2機種をサービス開始日に発売します。

その他にもスマホは「Xperia 1 II SO-51A」および「LG V60 ThinQ 5G L-51A」、「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、「Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A」、「arrows 5G F-51A」、モバイルルーターは「Wi-Fi STATION SH-52A」を4月下旬以降に順次発売し、合計8機種の5G対応製品を投入します。

またモバイルルーター以外のスマホ7機種についてはすでに3月18日11時からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格はすでに紹介しているように最も安いGalaxy S20 5G SC-51Aの102,960円(金額はすべて税込)からとなっており、各機種ともに「5G Welcom割」や「スマホおかえしプログラム」の対象です。

同社では5G向け料金プラン「5Gギガホ」および「5Gギガライト」、「5Gデータプラス」も発表し、5Gギガホは通常月当たりの高速データ通信容量が100GBまでですが、現時点で終了時期未定の「データ量無制限キャンペーン」によって期間中は無制限で利用できるとのこと。本記事ではそんなNTTドコモの5G向け料金についてまとめて紹介します。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」にて「eSIMサービス データプラン ゼロ」が3月19日に提供開始!使わない月は月額税抜150円


IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロがスタート!正式サービスに

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は17日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )においてeSIM対応のデータ通信サービス「eSIMサービス データプラン ゼロ」( https://www.iijmio.jp/esim/ )を2020年3月19日(木)に提供開始すると発表しています。

月額基本料は150円(金額はすべて税別)で、月当たりの高速データ通信容量(バンドルクーポン)は0GBとなっており、高速データ通信を利用する場合は最初の1GBは300円、2GB以降は450円/1GBで10GBまでバンドルクーポンを追加して使います。初期費用は3,000円、SIM再発行手数料およびユニバーサルサービス料はなし。

また高速データ通信を使った場合に発行される1GBクーポンの有効期限は当月末までで翌月繰越はできません。データ通信量超過後は通信不可とるとのこと。また音声通話やSMSも利用不可。その他、2枚目以降のeSIMを発行する場合はSIM発行手数料は200円。最低利用期間は契約日から翌月末まで(最大2ヵ月)。

続きを読む

NTTドコモが「ギガホ増量キャンペーン2」を5月1日から開始!高速データ通信容量を月60GBに増量するには昨年10月から提供している「ギガホ2」にする必要あり


docomoのギガホ増量キャンペーンが終了し、ギガホ増量キャンペーン2が開始!

NTTドコモは5日、スマートフォン(スマホ)向け料金プラン「ギガホ」を契約中のすべての人を対象に今年1月から毎月の利用可能データ量を30GB増量して毎月60GBのデータ量が使えるようになる「ギガホ増量キャンペーン」を2020年4月30日(木)に終了するとお知らせしています。

合わせて新たに5月1日(金)から「ギガホ増量キャンペーン2」を開始し、昨年10月1日から提供されている2年契約の解約金および定期契約なしの月額料金を値下げた新しいギガホ(同社では「ギガホ2」と呼称)のみが対象となります。

そのため、ギガホ2を契約しているのであれば、ギガホ増量キャンペーンと同じく、毎月の利用可能データ量を30GB増量し、毎月60GBのデータ量が使えます。またギガホ2ではない場合もギガホ2にすれば対象となります。なお、ギガホ増量キャンペーン2は自動適用で申込は不要です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。