S-MAX

裸眼3D

裸眼3D表示やツインカメラ3D撮影に対応!WiMAXやデュアルコアに対応したau向けAndroidスマートフォン「HTC EVO 3D ISW12HT」を写真でチェック【レポート】

c0cb97ec.jpg

HTC EVO 3Dがauから登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは、9月26日、2011年秋から冬にかけて発売する予定の新モデル「2011年秋冬モデル」の発表会を行い、Android 2.3.4(開発コード名:Gingerbread)を搭載したHTC製スマートフォン「HTC EVO 3D ISW12HT」を発表しました。すでに明日7日に発売予定となっています。

今回は、このモバイルWiMAXやデュアルコアCPU、裸眼3D表示やツインカメラ3D撮影に対応したスマートフォンHTC EVO 3D ISW12HTについて、発表会の展示会場において撮影した写真によるレポートを行いたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、AQUOS PHONE SH-12CにSmartFamilink対応などのバージョンアップを行うソフトウェア更新を8月25日から提供

d50c3d95.jpg

AQUOS PHONE SH-12Cにバージョンが提供予定!

NTTドコモは、18日、ツインカメラによる3D撮影や裸眼3D液晶による3D表示に対応したAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」にSmartFamilink対応やカメラ機能の向上などの本体ファームウェアのバージョンアップを行うソフトウェア更新を2011年8月25日(木) 10時以降から提供予定であることをお知らせしています。

続きを読む

ドコモスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12」のデビューキャンペーンに当選!デザイン背面カバーを紹介【レビュー】

滅多に当たらない筆者が、運良く背面カバー当選しました。

NTTドコモから販売中のシャープ製AndroidスマートフォンAQUOS PHONE SH-12C」用の10種類のデザイン背面カバーが当たる「AQUOS PHONE Debut Campaign(応募期間:2011年5月20日から2011年6月30日)http://k-tai.sharp.co.jp/dash/d/sh-12c/campaign/」が行われていました。

AQUOS PHONE SH-12Cは、発売直後の週末に立ち寄った家電量販店で殆ど衝動買いに近い状態で購入したのですが、即日キャンペーンに応募しました。

幸運なことに、7月末にキャンペーン当選の通知があり、先日手元に届きました。今回はそのデザイン背面カバーを紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、AQUOS PHONE SH-12Cに緊急地震速報に対応するなどのソフトウェア更新を提供開始

5036f3b2.jpg


NTTドコモは、21日、ツインカメラによる3D撮影や裸眼3D液晶による3D表示に対応したAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」に緊急地震速報などを配信するサービス「エリアメール」に対応するソフトウェア更新を提供開始したことをお知らせしています。

続きを読む

ツインカメラ+裸眼3D液晶搭載 ソフトバンク「AQUOS PHONE 006SH」のスマートファミリンクをチェック【レビュー】

AQUOS PHONE S006SH で地デジを見る!

ソフトバンク AQUOS PHONE 006SHは、基本機能はNTTドコモ AQUOS PHONE SH-12Cと同じですが、プリインアプリを見ると後発ならではの完成度があります。

今回は、その特徴的アプリであるAQUOS連携と言われるスマートファミリンクを見てみましょう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。