S-MAX

雑誌

インスタ映えする写真にチャレンジ!雑誌「美的 2017年07月号」付録の「3色★スマホライト」を使うと綺麗に撮れるか試してみた【レビュー】


美的 2017年 07月号(2017年5月23日発売)の付録はスマホライト!

小学館から発行されている雑誌「美的」は、ビューティ&ライフスタイル情報誌です。そんな「美的の2017年 07月号」には付録に「3色★スマホライト」が付いています。

3色★スマホライトの目的はずばり“インスタ映え”!これまでにも雑誌の付録としてスマホライトはありましたが、その名の通りに「ホワイトで美白肌に」や「ピンクでコスメをかわいく」、「オレンジで料理をおいしく」と、用途に合わせて見せるための写真を撮れるようになっています。

今回は実際に雑誌を購入して目的通りに“インスタ映え”こと、写真投稿・共有サービス「Instagram」で見栄えのする写真が撮れるのか試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

楽天、定額制のスマホなど向け電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」を提供開始!月額380円で約200誌、独自キュレーションコンテンツも用意


ゼロから始めるスマートフォン

楽天は9日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどから約200誌の電子雑誌が定額制で読み放題できるサービス「楽天マガジン」を2016年8月9日(火)に提供開始したと発表しています。

利用料は月額380円(税別)・410円(税込)で、年間購読なら3,600円(税別)・3,888円(税込)となっています。対応プラットフォームはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降およびiOS 8.0以降。1アカウントにつき最大5台のスマートフォン・タブレット端末で利用可能。

続きを読む

スマホもタブレットもPCも入るぞ!雑誌「MonoMax」の2016年9月号付録「BEAMS LIGHTS BIGバッグインバッ​グ」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
スマホやタブレット、PCもOK!いろいろ入るMonoMax 2016年9月号付録のバッグインバッグは機動力抜群

宝島社から発行されている男性向けのデジタルアイテムやファッションなどの情報を中心に掲載している毎月10日発売の月刊雑誌「MonoMax(モノマックス)」( http://tkj.jp/max/ )。

これまでにも何度か付録アイテムのレビューをお送りし、付録は使いでの良いものが多いことを紹介してきました。そんな中、現在販売中である「MonoMax 2016年9月号」の付録がスマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートパソコン(PC)も一緒に入れられて便利との話題をキャッチ。

さっそく筆者もMonoMax 2016年9月号を購入し、付録のバッグインバッグを入手してみました。今回はこのバッグインバッグがどれだけ便利に使えるか実際に試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

Amazon.co.jpにて月額980円で電子書籍を定額読み放題できるサービス「Kindle Unlimited」が提供開始!コミックや雑誌を含む和書12万冊と洋書120万冊以上が対象ーー初回30日間は無料に


アマゾンが日本で定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」をスタート!

アマゾン ジャパン(以下、Amazon.co.jp)は3日、月額980円(税込)の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」( http://www.amazon.co.jp/kindleunlimited )を日本で2016年8月3日(水)に提供開始したと発表しています。

書籍やコミック、雑誌を含む和書12万冊および洋書120万冊以上が読み放題になり、初回の30日間は無料で試せるとのこと。対応するのは、iPhoneなどのiOSやAndroid、Windows、Mac向けの「Kindle」アプリ、そして、Kindle電子書籍リーダーやFireタブレット。

続きを読む

何を入れるかは自分次第!雑誌「MonoMax」2016年5月号付録の「ナノ・ユニバース多機能バッグインバッ​グ」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
色々使えて色々入る!MonoMax5月号付録のバッグインバッグを使ってみた!

宝島社から毎月10日に発行されている男性向けのデジタルやファッションなどの情報を中心に掲載している月刊雑誌「MonoMax(モノマックス)」( http://tkj.jp/max/ )。

以前にも2016年3月号の付録になっていたポーチが「ガジェットの収納に良いということで紹介しましたが、現在販売中の2016年5月号の付録になっている「ナノ・ユニバース多機能バッグインバッグ」もスマートフォン(スマホ)などのガジェットがいろいろ入れられてとても便利だとの声が挙がっています。

そんな話を聞きつけた筆者もさっそく購入したので、実際にガジェット入れとしてどのれくらい便利なのか試してみました。


続きを読む

スマホのカメラをちょっぴり便利に!雑誌「DIME」の5月号付録「CHUMS 2in1クリップ式スマホレンズ」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
DIMEにスマホカメラがちょっぴり便利になるクリップ型のレンズがついてくる!


毎月16日に小学館から発売されている男性向けの幅広い情報を掲載している雑誌「DIME(ダイム)」( http://dime.jp/magazine/ )。現在販売中の「DIME 2016年5月号」には付録として「CHUMS 2in1クリップ式スマホレンズ」が付いてくるとのことなのでさっそく購入してみました。

スマートフォン(スマホ)用の便利アイテムが付録ということで人気となっており、各所で在庫薄になっているようです。今回はこのスマホ用のクリップ式レンズを試してみたので、レビューしたいと思います。

続きを読む

晋遊舎、IIJmioとコラボした特別SIM付属の雑誌「家電批評2016年04月号」を3月3日に発売!500MB無料のプリペイドと初期費用0円の月額契約プランが選択可能――Amazonで予約受付中


SIMカードが付属の雑誌「家電批評2016年04月号」が発売予定!

晋遊舎が2016年3月3日(木)に雑誌「家電批評 2016年 04月号【特別SIMのスターターコード付き! 】」を発売するとAmazon.co.jpなどで予約受付が実施されています。価格は680円(税込)。

付録として仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「IIJmio」の特別SIMが付属し、500MB無料のプリペイドもしくは初期費用0円の月額契約プラン(データ専用・SMS機能付き・音声通話機能付き)を選べる選択式となっているのこと。

なお、付属するのは特別SIMのスターターコード(いわゆる「エントリーコード」)で、初期手数料0円で申し込むとSIMカードが後日届くようになっています。

続きを読む

7~8インチタブレットにピッタリ!雑誌「MonoMax」3月号付録の「SHIPS Days Wファスナーバッグ」にいろいろな端末を詰め込んでみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
タブレットに効く!撥水加工のコンパクトボディにたっぷりガジェットが入るよ!

毎月10日に宝島社から発行されている主に男性向けのデジタルやファッションなどの情報を掲載している情報誌「MonoMax(モノマックス)」( http://tkj.jp/max/ )。

今月10日発売の「MonoMax 2016年3月号」では、付録に「SHIP Days Wファスナーバッグ」が付いてくるのですが、このバッグが「ガジェットの収納に良い」という噂を聞きつけたのでさっそく購入してみました。

そこで今回は、このバッグを実際にスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのガジェットの持ち歩き用として使用してみたので紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」をパソコンでも利用可能に!月額400円で160誌以上がWindowsタブレットなどでも楽しめるように


dマガジンがPCにも対応!

NTTドコモは8日、スマートフォン(スマホ)など向け電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」を2016年2月8日(月)16時からパソコン(PC)にも対応させたとお知らせしています。

対応OSはWindows 7以上およびMacOS X 10.6、推奨WebブラウザーはIE 11.0以上およびSafari 8.0以上、Firefox 42以上、Chrome 45以上となっています。

これにより、これまで利用できていたAndroid 4.0以降およびiOS 6.1以降以外でもWindowsタブレットなどでも利用できるようになりました。

続きを読む

アマゾン、電子書籍「Kindle本」の雑誌が1冊99円になるセールを1月31日まで実施中!バックナンバーから比較的新しい号、一部最新号も対象に


Amazon.co.jpにて「Kindle人気雑誌99円均一セール」が開催中!

アマゾン ジャパンは25日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」において電子書籍「Kindle」の雑誌が1冊99円になるキャンペーン「Kindle人気雑誌99円均一セール」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年1月25日(月)0時から2016年1月31日(日)23時59分(日本時間)まで。バックナンバーが中心ですが、比較的新しいものもあり、「デジモノステーション」や「デジタルカメラマガジン」、「DOS/V POWER REPORT」などのデジタル系や「Newton」や「ムー」などのサイエンス・オカルト系など昨年末に発売された号もあるので、最近では雑誌の読み放題サービスもありますが、バックナンバーも含めて保存しておきたい記事がある場合にはこの機会に購入しておくと良さそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。