S-MAX

5G

KDDIが5Gに向けて28GHz帯でのハンドオーバーに成功!その技術と5Gではどんなことができるのかを写真と動画で紹介【レポート】

KDDIが5G実験機で3.75Gbpsで接続!

KDDIは22日、次世代通信システム「5G(第5世代移動通信システム)」に向けて国内初となる28GHz帯でのハンドオーバーに成功したことを発表した。高い周波数の電波は減衰しやすいため、広いエリアをカバーすることは難しい。そこで同社ではビームフォーミング技術でハンドオーバーに成功。今後実証実験を重ねて5Gを2020年の商用化をめざす。

5Gに関する周波数帯や通信方式などはまだ決まっていないが、KDDIは30GHz帯以下で使用する衛星通信を運用しており、高い周波数でのノウハウを活用しているという。

今回は同日に行われた発表会で説明された「28GHz帯のハンドオーバーの仕組み」と「5Gで広がる世界」を紹介していく。

続きを読む

5G実証実験は来年度開始、農業も工事現場もスマート化で人口減少に対応~総務省が仙台で「電波利用推進セミナー2016」を開催【レポート】

dempa01
今年も仙台市で「電波利用推進セミナー」が開催!

総務省東北総合通信局が12月8日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2016 ~電波利用で支える豊かな社会~」と題した講演イベントを行いました。

昨年もこのイベントを紹介しましたが、今年も産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。

スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や産業に利用されています。

今回は農業分野や建設業分野での電波利用についての話もありました。そこで本記事ではそれらの3つの講演の内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

東京オリンピックを5Gで!2020年に商用サービス開始を見据えた5G技術展示会「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」を写真と動画で紹介【レポート】

NTTドコモが描く5G通信の未来を一足先に体験!

NTTドコモが11月17日と18日の2日間、超高速・大容量通信をめざした通信規格「5G」へのプログラムとして、2017年5月以降に開設予定の「5Gトライアルサイト」での実証実験を見据えた「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」( http://docomo-rd-openhouse.jp )を開催しました。

オープンハウスではALSOKやジャパンディスプレイ(JDI)、凸版印刷などの提携企業が5G通信を活かしたサービスやソリューションの展示を行ったほか、NECやノキア、エリクソン、ファーウェイといった通信機器ベンダーによるアンテナ技術の公開を行いました。またDeNAが運用を開始している自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に5G通信機器を搭載しての試験運行なども行われました。

今回は一般公開に先駆けて11月16日に行われたメディア向けツアーでの取材の様子などを写真や動画でご紹介します。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(後編)!KDDIなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-201
無線通信技術の裏側、知ってますか?

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

前回の前編ではNTTドコモと共同開発を行うパナソニックや三菱電機といった通信機器メーカーによる「5G」への取り組みを中心にレポートしましたが、後編ではNECやKDDIによる災害対策や通信機器認証を行う企業であるTUV SUD(テュフズード)を中心にレポートします。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(前編)!NTTドコモなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-101
無線通信技術の高度化は止まらない!WIRELESS JAPAN 2016の5Gへの取り組みを紹介

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

ITおよびIoT関連企業が出展し、モバイル機器やワイヤレスソリューション、ネットワークインフラなどのさまざま展示が行われましたが、モバイル分野での注目はやはり「5G」です。2020年前後の導入を目途に策定が進められている新たな通信規格に向け、大手通信キャリアや通信機器メーカーが高速・大容量広域通信を実現させようと様々なアプローチを展開しています。

また5Gとともに目立っていたのが災害対策です。今年4月の熊本地震の影響もあり、災害対策への関心度はさらに高まっています。継続的な広域通信はもとより、そういった通信網が壊滅的なダメージを受けた場合の対策などにアプローチした製品なども参考展示されるなど、これまでよりも一段深く掘り下げた製品が多数紹介されていました。

本記事は前編と後編の2回に分け、前編では主に5Gへの各社の取り組みを、後編では主に災害対策への取り組みなどをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

東京五輪に合わせて5G商用サービス提供開始へ!総務省が仙台で開催した「電波利用推進セミナー2015」にて将来の携帯電話電波利用について語った【レポート】

dempa01
仙台市で開催された「電波利用推進セミナー」を紹介!

総務省東北総合通信局が12月2日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2015 ~電波利用で実現する元気で安心な社会~」と題した講演イベントを行いました。

産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。当然のことながらスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や研究に利用されています。

今回は3つの講演の中で、総務省総合通信基盤局電波部電波政策課長田原康生氏の講演で、今後の携帯電話電波利用について中長期的な方針が示されていましたので、その講演を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2015:ファーウェイ、国内未発売の「Honor 7」などのスマホや次世代携帯電話システム「5G」を展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内未発売端末に次世代ネットワークと見所たくさん!なHUAWEIブース

千葉県の幕張メッセにて2015年10月7日(水)から10月10日(土)の4日間に渡り、ITとエレクトロニクスおよびその関連技術などの総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」(主催:CEATEC JAPAN 実施協議会)が開催されました。

本記事では、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の日本法人である華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)ブースにて展示されていた日本国内未発売のスマートフォン(スマホ)などの製品やNTTドコモと現在共同で行っている次世代携帯電話システム「5G(第5世代移動通信)」の研究展示が行われていたので紹介します。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2015:KDDI研究所が「60GHz帯ミリ波無線プロトタイプ」の展示とデモ!先回りしてコンテンツをダウンロードするスポットネットワークの活用技術【レポート】


DLするコンテンツが先回りしてスタンバイ!?

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2015(ワイヤレス ジャパン 2015)」が、本日27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催している。

展示会場では、さまざまなモバイル・通信関連の出展がされているが、KDDI研究所のブースでは「第5世代のスポットネットワークの活用技術」として、CCN (Content Centric Networking)を用いた「60GHz帯ミリ波無線プロトタイプ」の展示・デモを実施している。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2015:NTTドコモが次世代移動通信システム「5G」を展示!協力ベンダーに「三菱電機」と「ファーウェイ」の2社を追加し合計8社へ【レポート】


ドコモが次世代通信規格5Gの取り組みを昨年に引き続き紹介!

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2015(ワイヤレス ジャパン 2015)」が、本日27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催している。

展示会場では、さまざまなモバイル・通信関連の出展がされているが、NTTドコモのブースでは、昨年に引き続いて次世代移動通信システム「5G(5th Generation:第5世代)」の取り組みについての展示・紹介をしている。

続きを読む

【年末企画】VoLTE導入や3.5GHz帯割り当てなど5Gに向けて本格的に動き出した2014年!ついでに新料金プランもきて、格安SIMへの流れを押し、サービス面で多様性向上(編集長・memn0ck編)


2014年も後2日!年末企画・memn0ck編書いたよー。

毎年やってきますが、師走というだけあってなぜか毎年忙しいこの時期。今年も残すところ後2日となりました。

さて、そんな時期にサクッと紹介するこの「年末企画」。昨年に引き続き、今年の振り返りをしたいと思いますが、年々、スマートフォン(スマホ)の購入数も減り……さて、どうしようという感じ……は昨年辺りからますます強くなっています。

とはいえ、今年はここ数年の流れでスマホなどと連携するスマートデバイスがより増加したのに加え、通信方式的にも2020年に向けて3Gから4Gへ大きな転換期となり、それに合わせて料金的にも変わった1年となりました。その辺りも含め色々と書いていきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。