S-MAX

5G

秋吉 健のArcaic Singularity:通信業界が“超えていく”その先へ。出揃った大手MNO各社の2018年度決算概況から通信業界の現在と未来を考える【コラム】


MNO 3社の決算から5G時代の通信業界を考えてみた!

15日にKDDIの2019年3月期決算発表会が開催され、NTTドコモとソフトバンクを併せた大手移動体通信事業者(MNO)関連の2018年度分決算がすべて発表されました。いずれの企業も増収増益を達成し、非常に順調な業績推移を見せていますが、その内訳や今後の業績予測は三者三様(三社三様?)なのが実状です。

現在の通信業界は嵐の前の静けさといった雰囲気です。10日には通信料金と端末代金の完全分離が盛り込まれた改正電気通信事業法が成立し、各社ともに完全分離プランへの移行が粛々と進められています。それに加え、秋には楽天のMNO参入も控えており、価格競争はさらに激化するものと予想されます。

また技術面においても、5G次代を見据えたIoTやAIの活用、ロボット技術の商用化、自動運転やV2Xを中心とした自動車関連技術の実証実験も具体性を帯びてくるなど、2019年冬~2020年春に起こるであろう「戦争」への準備を着々と進めているような、そんな緊張した雰囲気の中での決算でした。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はMNO 3社の決算および今後の事業推移を振り返りつつ、日本の通信業界の未来を考察します。


続きを読む

2019 Japan IT Week春 前期:エイビット、ネットワークを活用した防災・防犯ソリューションや次世代自営無線として期待されるsXGP・LTEの関連製品を展示【レポート】


防災・防犯ソリューションやsXGP・LTEで利用するコンパクトな基地局などが展示されていたABiTブースをレポート!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて4月10~12日の3日間に渡って日本最大のIT関連の総合イベント「2019 Japan IT week 春 前期」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されました。

毎年、Japan IT Week 春は3~4日間にかけて東京ビッグサイト全館を使用して開催されていますが、今年は2020年開催の東京オリンピックの準備による施設改修によって東館が使えなくなっているため、日程を4月10~12日(会場は西館のみ)を前期として、そして、5月8~10日(会場は西館と新設された青海展示棟)を後期として合計6日間開催されます。

これまでもネットワーク関連の企業やメーカーなどが多数出展するイベントでスマートフォン(スマホ)などに関連する展示もあることからレポートしてきましたが、今年も取材へ行ってきましたので数回に分けてブースレポートをお届けします。

まず本記事ではIoT/M2M展エリアにてモバイルネットワークを活用したソリューションのほか、コンシューマー向けには電話機「ホムテル3G」などのユニークな製品を多数開発しているエイビットのブースの様子をお送りします。

続きを読む

総務省、5Gの周波数帯割当を決定!NTTドコモおよびau、ソフトバンク、楽天に3.7GHz帯や4.5GHz帯、28GHz帯をそれぞれ認可


日本の5Gがいよいよスタート!総務省が周波数帯割当を認可

総務省は10日、電波監理審議会を開催して「第5世代移動通信システム(以下、5G)」の導入のための特定基地局開設計画の認定について諮問したところ原案を適当とする旨の答申を受けたため、これを踏まえて条件を付した上でそれぞれの申請者の開設計画に対して周波数を指定して認定を行う予定だと発表しています。

これにより、3.7GHz帯(n77・n78)および4.5GHz帯(n79)においてはNTTドコモが3600〜3700MHzおよび4500〜4600MHzの2枠、KDDIおよび沖縄セルラー電話が3700〜3800MHzおよび4000〜4100MHzの2枠、ソフトバンクが3900〜4000MHzの1枠、楽天モバイルが3800〜3900MHzの1枠の各100MHz幅が割り当てられます。

またミリ波(mmWave)となる28GHz帯(n257・n258・n261)においてはNTTドコモが27.4〜27.8GHz、KDDIおよび沖縄セルラー電話が27.8〜28.2GHz、ソフトバンクが29.1〜29.5GHz、楽天モバイルが27.0〜27.4GHzのそれぞれ1枠の400MHz幅が割り当てられます。今後、各社では認可された周波数帯において2020年3月より順次、5Gサービスを提供することになります。

続きを読む

5Gデモバスも仙台に登場!NTTドコモが行政・企業向けに「地方創生セミナーin宮城」を震災からの復興を進める東北エリアで初開催【レポート】


5G技術を体感できるバスも仙台にお目見え!docomoの地方創生セミナーin宮城を紹介

NTTドコモは19日、宮城県仙台市の仙台国際ホテルにて「地方創生セミナーin宮城」を東北エリアで初開催しました。同社では2011年3月11日に起きた「東日本大震災」以降、2011年12月に東北復興新生支援室を立ち上げ。

これにより、自治体などと連係して同社のICT技術を利用した街づくりの支援活動を行ってきたこともあり、セミナーではそうした防災への取り組みに関する展示や講演が行われ、さらには第1次産業支援や観光などの街づくり支援の取り組みについての紹介が行われました。

また会場となった仙台国際ホテルの外にはこれまで各地で体験会などが行われている「5Gデモバス」がお目見えし、次世代移動体通信技術「5G(第5世代)」のデモンストレーションも行われました。今回はそうした展示や5Gデモンストレーションの模様を中心にレポートします。

続きを読む

第11回オートモーティブ ワールド:NTTドコモが開発・実証試験中の常時ネット接続に対応した自動車「コネクティッドカー」の取り組みや研究を展示【レポート】


車が5Gでネットにつながる?docomoがめざすコネクティッドカーが見えてきた

東京ビッグサイト(東京・お台場)で1月16〜18日の3日間に渡ってカーエレクトロニクス機器や自動車部品加工技術などといった主に法人向けの自動車関連の7つ展示会からなる総合イベント「第11回 オートモーティブ ワールド」(主催:リード エグジビション ジャパン)が開催されました。なお、併催イベントとして第34回 ネプコン ジャパンも同時開催。

これまで当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では本イベントのレポートはしてきませんでしたが、自動車も自動運転やネット接続などの次世代への取り組みも多くなってきており、今回、NTTドコモが「第7回コネクティッド・カーEXPO」のエリアにブース出展しているということで取材してきました。

そこで、本記事ではNTTドコモが展示していた5Gアンテナ搭載の試験車両やパネルで紹介していた研究開発中であるという自動車関連の通信システムなど、常時ネットワーク接続を備えた自動車「コネクテッドカー」への取り組みを紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。