S-MAX

5G

CEATEC JAPAN 2017:ロボット遠隔操作技術「テレイグジスタンス」やIoTと5Gを活用した「コネクティッドAR」などを展示したKDDIブースを写真と動画で紹介【レポート】


CEATEC JAPAN 2017に出展したKDDIブースを紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年10月3日から6日までの3日間に渡って開催されたエレクトロニクスとITテクノロジーの展示会「CEATEC JAPAN 2017」にKDDIが出展し、遠隔モーショントレース技術「テレイグジスタンス」の実演やIoT機器を映像情報と関連させ直感的な情報利用を可能とする「コネクティッドAR」など、KDDIが推し進める5G技術を活用した複数の新技術の展示が行われました。

KDDIをはじめ、NTTドコモやソフトバンクなどの大手移動体通信事業者(MNO)は、次世代の通信規格となる「5G」の技術的確立とその実用化を最大の焦点として研究開発を行っていますが、その中でもKDDIは5Gの活用技術に積極的に投資している印象があります。

今回の展示でもアンテナ技術や5Gそのものの応用例ではなくデバイスを中心とした展示となっており、5Gは飽くまでも「高速応答性」や「大容量通信」のための1つの手段といった内容でした。

KDDIがめざす5Gの世界とはどういったものなのでしょうか。展示ブースの模様をテレイグジスタンスやコネクティッドARの解説を中心に写真と動画にて紹介します。

続きを読む

ソフトバンクが5Gに関するデモンストレーションを実施!世界初の商用Massive MIMOなど5G技術のアドバンテージを活かしたアグレッシブなサービス展開に意欲【レポート】


ソフトバンクが5Gに向けたデモンストレーションを実施!

ソフトバンクは8日、都内にて第5世代移動通信システム「5G」の報道関係者向けデモンストレーションを実施しました。

5Gへの取り組みは大手移動体通信事業者(MNO)が全力を注いでいる分野の1つです。NTTドコモなどは2020年を目処に実用化するとしており、ソフトバンクも2019年から2020年を念頭に置いた技術開発や実証テストを行っています。

ソフトバンクは既に5Gを構成するアンテナ技術の1つである「Massive MIMO(マッシブ マイモ)」をLTE向けとして商用運用しており、デモンストレーション会場でもアンテナ技術でのアドバンテージを強調していました。なお、ソフトバンクにおけるMassive MIMO導入についての解説などはこちらの記事を御覧ください

5Gによって何が変わるのか、そしてソフトバンクが5Gで実現したい未来とは何かを写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

KDDIが200億円でIoTベンチャーのソラコムを買収!記者発表会で語られた今後の展望とは?【レポート】


KDDIがソラコムを子会社化!説明会をレポート

KDDIは2日、国内外でIoT(Internet of Things;モノのインターネット)通信サービスを手がけるソラコムの株式を2017年8月下旬をめどに取得し、連結子会社とすることを発表した。またKDDIとソラコムは8日、この買収については都内にて「KDDI・ソラコム共同記者会見」を開催し、買収の経緯や両社の期待などについて説明した。

ソラコムのIoTプラットフォームは、さまざまなデバイスをセキュアなモバイル通信でクラウドやサーバーと接続するサービスだ。IoTデバイスには仮想移動体通信事業者(MVNO)としてデータSIMを提供し、ワンストップでシステムを構築できるところにスピーディーさとローコスト運用を可能としている。

KDDIは昨年12月にスタートしたIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」をソラコムと共同開発している。本記事では、記者発表で語られた両社の思惑と今後の展望について紹介していく。

続きを読む

夏休みは特急リバティの車内でもdマガジンが無料で楽しめる!東武鉄道とNTTドコモがスカイツリータウンで「5G トライアルサイト」を開始【レポート】



7月1日から8月31日まで特急リバティでdマガジンが無料で楽しめる!

東武鉄道とNTTドコモが2020年に商用サービス開始をめざす「第5世代移動通信方式(以下、5G)」の取り組みとして、5Gを使ったサービスが体感できる「5Gトライアルサイト」を東京スカイツリータウンで5月22日より開始した。

5Gトライアルサイトとは、5Gの特長である超高速・大容量通信、低遅延、超多数の端末接続を活用したサービスを我々も体験できるというもの。サービスやコンテンツの開発はパートナー企業の連携によって行われる。

第1弾は5月22日~28日に東京ソラマチ イーストヤード1Fにて、東京スカイツリー天望デッキからの6つの4Kカメラを利用し5Gによる180度ライブ映像配信を行った。

また東武鉄道とNTTドコモは夏休みの旅行シーズンに合わせて、特急「リバティ」に利用者向けの無料公衆無線LANサービス「TOBU FREE Wi-Fi」の通信環境下で、人気雑誌の読み放題サービス「dマガジン for Biz」および観光パンフレットなどを受信することができる「ささっとパンフ」のサービスを提供する実証実験を7月1日より開始する。

期間は8月31日までで、dマガジンの利用にはスマートフォンやタブレットにアプリをインストールする必要がある。期間中は、車中でdマガジンの雑誌が読み放題となるので、リバティを利用する際にはチェックしてみて欲しい。なお、リバティ車内での実証実験から利用に関する動向を分析し、今後の新しいサービスの創出につなげていくのだという。

今回は、5G トライアルサイトで行われた実証実験、およびリバティ車内で行われた5Gによる4K動画ストリーミングの実証実験について紹介していく。

続きを読む

KDDIが5Gに向けて28GHz帯でのハンドオーバーに成功!その技術と5Gではどんなことができるのかを写真と動画で紹介【レポート】

KDDIが5G実験機で3.75Gbpsで接続!

KDDIは22日、次世代通信システム「5G(第5世代移動通信システム)」に向けて国内初となる28GHz帯でのハンドオーバーに成功したことを発表した。高い周波数の電波は減衰しやすいため、広いエリアをカバーすることは難しい。そこで同社ではビームフォーミング技術でハンドオーバーに成功。今後実証実験を重ねて5Gを2020年の商用化をめざす。

5Gに関する周波数帯や通信方式などはまだ決まっていないが、KDDIは30GHz帯以下で使用する衛星通信を運用しており、高い周波数でのノウハウを活用しているという。

今回は同日に行われた発表会で説明された「28GHz帯のハンドオーバーの仕組み」と「5Gで広がる世界」を紹介していく。

続きを読む

5G実証実験は来年度開始、農業も工事現場もスマート化で人口減少に対応~総務省が仙台で「電波利用推進セミナー2016」を開催【レポート】

dempa01
今年も仙台市で「電波利用推進セミナー」が開催!

総務省東北総合通信局が12月8日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2016 ~電波利用で支える豊かな社会~」と題した講演イベントを行いました。

昨年もこのイベントを紹介しましたが、今年も産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。

スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や産業に利用されています。

今回は農業分野や建設業分野での電波利用についての話もありました。そこで本記事ではそれらの3つの講演の内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

東京オリンピックを5Gで!2020年に商用サービス開始を見据えた5G技術展示会「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」を写真と動画で紹介【レポート】

NTTドコモが描く5G通信の未来を一足先に体験!

NTTドコモが11月17日と18日の2日間、超高速・大容量通信をめざした通信規格「5G」へのプログラムとして、2017年5月以降に開設予定の「5Gトライアルサイト」での実証実験を見据えた「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」( http://docomo-rd-openhouse.jp )を開催しました。

オープンハウスではALSOKやジャパンディスプレイ(JDI)、凸版印刷などの提携企業が5G通信を活かしたサービスやソリューションの展示を行ったほか、NECやノキア、エリクソン、ファーウェイといった通信機器ベンダーによるアンテナ技術の公開を行いました。またDeNAが運用を開始している自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に5G通信機器を搭載しての試験運行なども行われました。

今回は一般公開に先駆けて11月16日に行われたメディア向けツアーでの取材の様子などを写真や動画でご紹介します。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(後編)!KDDIなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-201
無線通信技術の裏側、知ってますか?

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

前回の前編ではNTTドコモと共同開発を行うパナソニックや三菱電機といった通信機器メーカーによる「5G」への取り組みを中心にレポートしましたが、後編ではNECやKDDIによる災害対策や通信機器認証を行う企業であるTUV SUD(テュフズード)を中心にレポートします。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(前編)!NTTドコモなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-101
無線通信技術の高度化は止まらない!WIRELESS JAPAN 2016の5Gへの取り組みを紹介

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

ITおよびIoT関連企業が出展し、モバイル機器やワイヤレスソリューション、ネットワークインフラなどのさまざま展示が行われましたが、モバイル分野での注目はやはり「5G」です。2020年前後の導入を目途に策定が進められている新たな通信規格に向け、大手通信キャリアや通信機器メーカーが高速・大容量広域通信を実現させようと様々なアプローチを展開しています。

また5Gとともに目立っていたのが災害対策です。今年4月の熊本地震の影響もあり、災害対策への関心度はさらに高まっています。継続的な広域通信はもとより、そういった通信網が壊滅的なダメージを受けた場合の対策などにアプローチした製品なども参考展示されるなど、これまでよりも一段深く掘り下げた製品が多数紹介されていました。

本記事は前編と後編の2回に分け、前編では主に5Gへの各社の取り組みを、後編では主に災害対策への取り組みなどをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

東京五輪に合わせて5G商用サービス提供開始へ!総務省が仙台で開催した「電波利用推進セミナー2015」にて将来の携帯電話電波利用について語った【レポート】

dempa01
仙台市で開催された「電波利用推進セミナー」を紹介!

総務省東北総合通信局が12月2日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2015 ~電波利用で実現する元気で安心な社会~」と題した講演イベントを行いました。

産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。当然のことながらスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や研究に利用されています。

今回は3つの講演の中で、総務省総合通信基盤局電波部電波政策課長田原康生氏の講演で、今後の携帯電話電波利用について中長期的な方針が示されていましたので、その講演を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。