S-MAX

5G

5Gやポスト5Gの技術開発で日本が国内企業を支援!楽天モバイルやNEC、富士通、住友電気工業などにおよそ700億円


楽天モバイルやNEC、富士通などに日本がポスト5Gの技術開発で支援!

経済産業省は29日、日本政府が令和元年度補正予算にて設けた新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の基金を用いて「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」のうちの「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」(プロジェクトコード:P20017)に関する採択事業者を決定したと発表しています。

同省ではこの開発事業について実施者の公募を行っていましたが、行採択審査委員会での審査を経て日本電気(NEC)や楽天モバイル、富士通、NTTエレクトロニクス、ソニーセミコンダクタソリューションズ、産業技術総合研究所、住友電気工業、アイオーコアの各社による12件が採択されました。

NHKでは関係者の話として支援の総額はおよそ700億円に上るとしており、5G(第5世代移動通信システム)やさらに強化した「ポスト5G」において先行する中国に対抗するために日本企業の技術開発を支援することになったと紹介しています。

続きを読む

KDDI、auの5G対応スマホ向け料金プラン「データMAX 5G ALL STARパック」を提供開始!4G・5GスマホならYouTube Premiumが3ヶ月間無料も


au 5G対応スマホ向け料金プランデータMAX 5G ALL STARパック」が6月25日に提供開始!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は24日、携帯電話サービス「au」において新たに5G(第5世代移動体通信システム)に対応したスマートフォン(スマホ)向け料金プラン「データMAX 5G ALL STARパック」を2020年6月25日(木)から提供開始すると発表しています。

データMAX 5G ALL STARパックはスマホでの日本国内でのデータ通信が使い放題で、国内外で人気の動画配信サービス「Netflix(ベーシックプラン)」および「YouTube Premium」、「TELASA」と音楽配信サービス「Apple Music」がセットで月々5,460円(金額はすべて税別)から利用できます。

なお、月当たりの高速データ通信量が2GB以下の場合は3,980円なります。さらにテザリングおよびデータシェア、国際ローミング通信の高速データ通信容量も月80GBまで利用可能。さらに6月25日からauの4Gおよび5Gのスマホを利用している場合に定額制サービス「YouTube Premium」を3カ月間無料で提供します。

続きを読む

Qualcomm、6シリーズ初の5G対応SoC「Snapdragon 690」を発表!次期AQUOS senseに搭載か?シャープなどが採用へ


Qualcomm Snapragon 690 5G mobile platformが発表!今年後半に搭載スマホなどが投入予定

Qualcomm子会社のQualcomm Technologiesは16日(現地時間)、新たに同社のミッドレンジ向けチップセット(SoC)「Snapdragon 690 5G mobile platform(SM6350)」(以下、Snapdragon 690)を発表しています。今年後半にSnapdragon 690を搭載した商用製品が発売される予定となっています。

またSnapdragon 690を搭載したスマートフォン(スマホ)の投入を計画しているメーカーの一部としてHMD GlobalやLGエレクトロニクス、Motorola Mobility、シャープ、TCL Communication、Wingtechが挙げられています。

特にシャープでは日本市場にてここ数年はその年の後半にミッドレンジのスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズを投入しており、今年秋以降に投入する次期AQUOS senseシリーズがSnapdragon 690を搭載して5Gに対応する可能性は高そうです。

シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部事業部長の小林繁氏は「Qualcomm初の6シリーズの5Gプラットフォームを強く支持します」とコメントしています。なお、Qualcommではこれまでハイエンド向け8シリーズやミッドハイレンジ向け7シリーズにて5G対応SoCをリリースしてきましたが、6シリーズでは初の5G対応となります。

続きを読む

携帯電話サービス「LinksMate」が5G回線オプションを6月8日より提供開始!NTTドコモの5G網が利用可能に。9月末まではオプション料は無料


格安SIMのリンクスメイトが5G回線オプションを提供開始!

LogicLinksは8日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LinksMate」において5G(第5世代移動体通信システム)が利用できる「5G回線オプション」を2020年6月8日(月)より提供開始するとお知らせしています。

利用料は通常の月額基本料に加えて1回線(SIMカード1枚)当たり月額500円(金額はすべて税抜)のオプションサービスとして提供され、5G回線オプションの提供開始を記念して2020年9月30日(水)まではこのオプション料金が無料となるキャンペーンを開催しています。

なお、5G回線オプションは申込時や5G回線オプションのオプションのみの解約時には都度5G回線変更事務手数料(500円)がかかるとのこと。利用できる5G製品はLinksMateの公式Webページ( https://linksmate.jp/support/verificationlist/ )をご確認ください。

なお、NTTドコモでは5G契約時には同社の3G回線(FOMA網)を6月中旬以降に利用できなくなると案内しており、LinksMateの5G回線オプションありの場合にも3G回線(FOMA網)は利用できないと記載されています。

続きを読む

ファーウェイの最新SIMフリースマホ「HUAWEI P40 lite 5G」を写真で紹介!約4万円の低価格で5Gに対応【レポート】


ファーウェイの「HUAWEI P40 lite 5G」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンライン新製品発表会を開催し日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)として次世代通信規格「5G」に対応した低価格帯モデル「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」(Huawei Technologies製)を2020年6月19日(金)に発売すると発表した。

すでに予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜39,800円(税込43,780円)で、5G対応ながら税込でも4万台前半と低価格な製品になっている。販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、量販店やそのECサイトでは10%ポイント還元で実質4万円を切っている。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。先の記事で紹介したフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」同様、本記事では体験会にてHUAWEI P40 lite 5Gに触れることができたので、写真を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。