S-MAX

5G

ソフトバンクが野外ロック・フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL '19」にて5Gプレサービスを実施!シャープとソニーモバイルが5G対応スマホを提供


SoftBankがフジロックで5Gプレサービスを実施!SHARPがスマホを提供

ソフトバンクは2日、新潟県・苗場スキー場で2019年7月26日(金)から28日(日)まで開催される国内最大級の野外ロック・フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL '19」(以下、フジロック)の会場内にて参加者が体験できる「5G(第5世代移動通信システム)」のプレサービスを提供すると発表しています。

5Gを活用した未来の音楽体験としてフジロックのYouTube公式チャネルがライブ配信する映像を5Gネットワークを通して会場内のソフトバンクブースにあるVRヘッドセットで視聴でき、VRヘッドセットを装着した人はVR空間でライブ映像を楽しめるとのこと。

また5Gを活用した各会場の混雑情報の配信など、フジロックを一層楽しめる情報をそろえたアプリを提供し、各エリアに設置する合計8台のカメラで撮影した会場の模様が5Gネットワークを通して配信され、来場者は各エリアの最新の混雑状況を確認することなどが可能となります。なお、5Gプレサービスにはシャープとソニーモバイルコミュニケーションズの5G対応スマートフォン(スマホ)が提供されます。

シャープは2日、このソフトバンクのプレサービスに5G対応スマホを提供すると発表しています。先日紹介した「Interop Tokyo 2019」にて展示されていた端末と同じものと見られ、最新フラッグシップモデル「AQUOS R3」をベースに開発したということです。

この端末では5Gの周波数帯「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」および「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応しており、ソフトバンクの5Gプレサービスにおいてネットワーク構築時の検証や各種サービスのネットワーク送受信の機器として活用され、参加者が利用するものではないという。なお、シャープでは5G時代の到来を見据え、5G端末の早期の商品化と新たな価値の創出に取り組んでいくとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホの大幅割引販売は「悪」なのか。総務省による携帯電話端末価格の割引上限規制とその影響について考える【コラム】


スマホの販売価格に対する割引上限規制について考えてみた!

皆さんは、今お使いのスマートフォン(スマホ)をいつ買い替えたか覚えているでしょうか。1年前? 2年前? ……いや、もっと以前かも知れません。スマホを買い換えるきっかけは人それぞれですが、いざ買いに行こうと思うと、やはり気になるのは価格です。欲しい機種なら多少高くても買う人、安ければ何でもよい人、機種を選ぶ基準もまたさまざまです。

前回のコラムでは、主に総務省による携帯電話料金の長期契約解約時の違約金について考察してみましたが、記事が冗長になることも考慮し、敢えて携帯電話端末の割引上限(値引上限)を最大2万円とする改正案についてはあまり触れない内容としました。しかし、これも私たち消費者にとっては通信料金に並ぶ切実な問題です。

携帯電話端末の中でも特にスマホの端末代金については、総務省による改正案以前に、世界的な中国企業排斥の動きや国産スマホ絶滅の危機など、様々な方面の問題が複雑に絡み合っています。そこで今回の「Arcaic Singularity」では、スマホ代金の割引上限規制を中心に、今後の市場への影響について考察します。

続きを読む

Interop Tokyo 2019:シャープの5G対応スマホプロトタイプやシグラボの5G対応Android搭載STBなどのモバイル関連の展示をまとめて紹介【レポート】


5G対応スマホや業務向けSTBなど!Interop Tokyo 2019の注目展示をまとめて紹介

千葉県・幕張メッセにて6月12〜14日までネットワーク関連の展示会「Interop 2019」(主催:Interop Tokyo 実行委員会)が開催されました。なお、同時に「Connected Media Tokyo」および「デジタルサイネージジャパン」、「ロケーションビジネスジャパン」、「APPS JAPAN」が併催開催されました。

コンシューマー向けというよりも法人向けソリューションや広告・ビッグデータ関連技術の展示が中心のイベントですが、法人・企業向けだからこそのモバイル関連アイテムの展示もあり、見逃すことのできない展示会となっています。

そこで本記事では会場内で発見したモバイル関連のアイテムや端末をまとめて紹介していきたいと思います。

続きを読む

Motorola、新フラッグシップスマホ「moto z4」を発表!5G moto modに対応し、アメリカのVerizonなどから発売。縦長6.4インチFHD+有機ELやS675、4GB RAMなど


モトローラが5G moto mod対応の新スマホ「moto z4」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは30日(現地時間)、拡張機能「moto mods」に対応した新しいアスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)AMOLED(有機EL)「Max Vision」ディスプレイを搭載したAndroid 9.0(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「moto z4(moto z 第4世代)」を発表しています。

同社の最上位「moto z」シリーズの最新機種で、今年4月3日よりアメリカにてVerizon Wirelessで使える第5世代移動通信システム(5G)に対応した「5G moto mod」に前機種「moto z3」に続いて対応し、5G moto modを装着することで5Gを利用できるということです。一方でチップセット(SoC)がQualcomm製のミッドレンジ向け「Snapdragon 675」となっているなどしています。

まずはアメリカにて2019年6月6日(木)にBest BuyやAmazon.comにて発売され、価格はmoto modsのカメラモジュール「moto 360カメラ」が付属して499.99ドル(約54,000円)。またVerizon Wirelessでは6月13日(木)にFlash Gray、晩夏にFrost Whiteを発売し、通常は499.99ドルのところ期間限定で10ドル/月×24回(240ドル・約26,000円)で販売するとしています。

さらにVerizon Wirelessを利用しており、今使っている機種からアップグレードする場合には交換の必要がなく200ドル(約22,000円)で購入できるとのこと。なお、moto 5g modはVerizon Wirelessにて199.99ドル(約22,000円)で販売されています。その他、カナダでも今夏の終わり頃に発売される予定だということですが、日本を含む他の国・地域での販売については明らかにされていません。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:通信業界が“超えていく”その先へ。出揃った大手MNO各社の2018年度決算概況から通信業界の現在と未来を考える【コラム】


MNO 3社の決算から5G時代の通信業界を考えてみた!

15日にKDDIの2019年3月期決算発表会が開催され、NTTドコモとソフトバンクを併せた大手移動体通信事業者(MNO)関連の2018年度分決算がすべて発表されました。いずれの企業も増収増益を達成し、非常に順調な業績推移を見せていますが、その内訳や今後の業績予測は三者三様(三社三様?)なのが実状です。

現在の通信業界は嵐の前の静けさといった雰囲気です。10日には通信料金と端末代金の完全分離が盛り込まれた改正電気通信事業法が成立し、各社ともに完全分離プランへの移行が粛々と進められています。それに加え、秋には楽天のMNO参入も控えており、価格競争はさらに激化するものと予想されます。

また技術面においても、5G次代を見据えたIoTやAIの活用、ロボット技術の商用化、自動運転やV2Xを中心とした自動車関連技術の実証実験も具体性を帯びてくるなど、2019年冬~2020年春に起こるであろう「戦争」への準備を着々と進めているような、そんな緊張した雰囲気の中での決算でした。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はMNO 3社の決算および今後の事業推移を振り返りつつ、日本の通信業界の未来を考察します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。