S-MAX

MateBook

薄型・コンパクトながらも15.6インチ液晶搭載!エンターテインメントに特化したファーウェイのWindowsノートPC「HUAWEI MateBook D」を写真とともに紹介【レポート】


薄型・コンパクトな15.6型ノートPC「HUAWEI Matebook D(2018年モデル)」発表!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて製品発表会を開催し、日本市場向けに薄型コンパクトな15.6インチFHD液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook D(2018年モデル)」(Huawei Technologies製)を2018年5月18日(金)に発売すると発表しました。

本機はノートPC市場でもハイコストパフォーマンスを睨んだ製品に位置付けられるもので、第8世代Intel Core-i5プロセッサーを搭載した下位モデルでは市場想定価格87,800円(税別)、上位モデルの第8世代Core-i7プロセッサーおよびディスクリートGPU(Geforce MX150)搭載モデルでも117,800円(税別)となっており、いずれも同クラスのCPUを搭載したモデルとしてはかなり魅力的な価格となっています。

しかし廉価なモデルであってもデザイン面や機能面でも妥協は少なく、リーズナブルに高品質な映像・音響体験などを楽しめる仕様が随所に見られます。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真とともにご紹介します。

続きを読む

ファーウェイがWindowsパソコン「MateBook X Pro」や「MateBook D(2018)」、Androidタブレット「MediaPad M5 Pro」や「MediaPad M5 8.4」を日本で5月18日より順次発売


ファーウェイがMateBook X ProやMateBook D(2018)、MediaPad M5 Pro、MediaPad M5 8.4を発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のWindows 10搭載パソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro」および「HUAWEI MateBook D(2018年モデル)」、Android搭載タブレット「HUAWEI MediaPad M5 Pro」および「HUAWEI MediaPad M5(8.4インチ)」を日本市場でそれぞれ発売すると発表しています。

発売時期と市場想定価格(税抜)は、MateBook X Proが2018年6月15日(金)に発売されて149,800円から、残りのMateBook DおよびMediaPad M5 Pro、MediaPad M5が2018年5月18日(金)に発売され、MateBook Dが87,800円から、MediaPad M5 ProがWi-Fiモデルのみで54,800円、MediaPad M5がWi-Fiモデルで37,800円、Celllarモデル(SIMフリー)で45,800円となっています。

続きを読む

ファーウェイが5月10日に新製品を発表!最新のベゼルレスデザインを採用したWindows 10搭載ノートパソコン「Matebook X Pro」などが日本で発売へ


ファーウェイがパソコン「MateBook」シリーズの新製品を5月10日に発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は3日、同社の公式Twitterアカウントにてティザー画像を公開し、日本市場向けHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のパソコン(PC)「MateBook」シリーズの新製品を2018年5月10日(木)に発表することを予告しています。

MateBookシリーズでは今年2月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2018(MWC 2018)」にてWindows 10搭載ノートPC「Matebook X Pro」やAndroidタブレット「MediaPad M5」などが発表されていますのでそれらが日本市場向けに発売されるのではないかと見られます。

続きを読む

ファーウェイのWindows 10搭載2in1タブレットPC「MateBook E」を使ってみた!オンボロのノートPCに代わってすぐ即戦力として使えることが分かった【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から今年7月7日に日本市場向けに発売されたOSに「Windows 10」を搭載した2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」(Huawei Technologies製)。昨年発売された同社初のWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」の後継機種で、製品カテゴリーとしてはMicrosoftの「Surface Pro」シリーズと競合します。

いわゆる簡単に着けたり外したりできるカバー兼キーボード(以降キーボードカバーと呼ぶ)とセットで使うことで、タブレットとしてもノートPCとしても使うことができるのが特長で、MateBook EはSurface Proシリーズと比べて安価なのも魅力です。

主なスペックは、Windows 10 Home(64bit)、12インチ2160×1440ドットIPS液晶、第7世代Core m3/Core i5プロセッサー、4または8GB内蔵メモリー(RAM)、128または256GB内蔵ストレージ(SSD)、500万画素フロントカメラなど。

今回、そんなMateBook Eを借りて数日間使っていましたので、PCのことはよく知らないのですが、筆者なりの感想を綴ってみたいと思います。なお、今回試用したのは、Core i5+8GB RAM+256GB SSDという構成のハイパフォーマンスモデル(税抜133,800円~)です。

続きを読む

ユーザーの声を反映してキーボードの使い勝手を向上!ファーウェイのWindows 10搭載2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を写真と動画で紹介【レポート】


2in1タイプのWindowsタブレット「HUAWEI MateBook E」は9万2800円から!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、OSに「Windows 10」を搭載した2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」を発売した。昨年発売した「HUAWEI MateBook」の後継となるモデルで、本体サイズやディスプレイ、重量などは同じ。

変更点は、CPUをインテルの第7世代Coreシリーズに刷新、これまで別売だったキーボードカバーを付属としている。カラーバリエーションは「シャンパンゴールド」と「チタニウムグレー」の2色。付属するキーボードカバーはシャンパンゴールドにはブラウン、チタニウムグレーにはブルーとなる。

従来モデルのCPUはインテルの第6世代Core m3-6Y30とCore m5-6Y54だったが、MateBook Eは第7世代のCore m3-7Y30とCore i5-7Y54となった。上位モデルはCore i5型番だが、実質的には第7世代のCore m5という位置付けとなり、パフォーマンス的に大きな変更はないとみて良いだろう。

Core i5モデルは8GB内蔵メモリー(RAM)と256GB内蔵ストレージ(SSD)、Core m3モデルには4GB RAMおよび128GB SSDと言う構成となる。なお、Core m3搭載モデルはファーウェイのECサイトのみの取り扱いとなる。

販売価格はマイクロソフト「Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」付きCore i5モデルが161,800円、Officeなしが133,800円、Core m3モデルが92,800円だ。アクセサリーとして「MateDock 2」が7,300円、「MatePen」が7,800円も発売される(価格はすべて税抜)。

今回は、4日開催された「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」のタッチ&トライ会場でMateBook Eに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。