S-MAX

MateBook

ファーウェイがP9などを使ったフォト・イラストコンテストの表彰式「HUAWEI Christmas Award Party」を開催!最優秀賞にはMate 9とMateBookをプレゼント【レポート】

HUAWEI P9とMateBookを使った作品から優秀賞を発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は13日、都内にて「HUAWEI Christmas Award Party」を開催し、同社のフラグシップモデルライカダブルレンズを搭載するスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」(以下、P9)のフォトコンテスト、ならびに筆圧感知に対応するMateペンが使えるWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)を利用したイラストコンテストの表彰式を行った。

表彰式の開催にあたって、ファーウェイ・デバイス ジャパン コリア リージョナルプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏は「おかげさまでファーウェイは日本市場において大きな飛躍を遂げた1年となりました。SIMフリースマートフォンでは2016年の販売が好調で第一位を獲得しております。BCNのデータによりますと、スマートフォン全体では第4位となります。今日はふたつのフラグシップモデルHUAWEI P9、HUAWEI MateBookの作品がどのようなものなのかワクワクしております」と挨拶した。

表彰式には特別審査員として高橋真麻さんと、安田美沙子さんが登壇し趣味の写真やクリスマスの過ごし方などを語るなど盛り沢山の内容だった。今回はこのフォトコンテストおよびイラストコンテストの受賞作品を紹介していく。

続きを読む

期間限定クリスマスセール中の2in1のWindows 10タブレット「HUAWEI MateBook」はどんな製品なのかじっくりと紹介!4K動画編集にも使える?【レビュー】

Windows 10タブレットPC「HUAWEI MateBook」をチェック!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が開催したブロガーイベントにて日本国内でもHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製「HUAWEI P9 lite」をはじめとするSIMフリーのスマートフォン(スマホ)が好調であることが紹介された。そんななファーウェイ初となるWindows 10搭載タブレットPC、それが「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)だ。

約12インチQHD(2160 x 1440ドット)IPS液晶とタブレットとして大型ディスプレイで、かつ高精細なので別売りのキーボードも購入し、2in1でノートPCライクに使うにも十分だ。

またCPUはインテルの第6世代「Core m3-6Y30」または「Core m5-6Y54」プロセッサー、内蔵メモリー(RAM)は4GBまたは8GB、内蔵ストレージは128GBまたは256GB、512GBのM.2 SSDというバリエーションがある。

家電量販店で購入できるのはCore m5-6Y54を搭載したモデルで、一番安価なCore m3-6Y30モデルは公式Webショップ「ファーウェイオンラインストア」にて75,500円(税込)で購入可能。さらに、製品の特長として側面に指紋センサーを搭載し、生体認証である「Windows Hallo」に対応する。

オプションにはカバーになるキーボード「HUAWEI MateBook Portfolio Keyboard」(以下、MateBook キーボード)や2048段階の筆圧検知に対応する「HUAWEI MatePen」(以下、MatePen)、HDMIディスプレイポートやUSBポートを持つ「HUAWEI MateDock」(以下、MateDock)がある。

今回はCore m搭載で実力が気になるMateBookとオプションの使用感をじっくりとレポートしていく。

続きを読む

ファーウェイがダブルカメラ搭載スマホ「HUAWEI P9」やWindows 10タブレット「HUAWEI MateBook」の魅力がわかるブロガーイベントを開催!東京会場の模様を紹介【レポート】

ファーウェイがP9やMateBookの魅力がわかるファンミーティングを開催!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が都内にて「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」を11月25日に開催した。

同イベントは、11月18日の名古屋を皮切りに、11月25日の東京、12月9日の大阪、12月16日の福岡という4都市でHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のライカのダブルレンズを搭載するスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」やWindows 10タブレットPC「HUAWEI MateBook」の魅力を伝える目的で開催されている。なお、これから開催される大阪や福岡についてもすでに申込受付は終了している。

イベントではファーウェイ・ジャパンの須藤孝夫氏によるP9およびMateBookの製品紹介のほか、トークセッションや製品タッチ&トライが行われた。中でもトークセッションでは、沖縄を中心にライター・講師・ラジオパーソナリティーとして活動中のモバイルプリンスこと島袋コウ氏とAndroid総合情報サイト「GAPSIS(ガプシス)」編集長の長田卓也氏がP9とMateBookの魅力について語った。今回は、東京会場の模様をレポートしていく。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P9」やWindowsタブレット「MateBook」などを体験できる!品川駅で開催中のイベントに行ってみた【レポート】

イベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」を紹介!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が街頭タッチ&トライイベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」を11月24日(木)から26日(土)までの3日間はJR品川駅中央改札内イベントスペースにて開催している。

このイベントは11月18日より開催された名古屋を皮切りに、東京・大阪・福岡の4都市5会場でファーウェイ(Huawei Technologies)の製品をタッチ&トライできるというもの。場所も駅構内や駅前なので、出かけるついでに気軽に立ち寄れるのが良さだ。

会場ではプレゼントがもらえる体験イベントも実施中で、スタッフの案内に従ってダブルレンズを搭載するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」と2in1タイプのWindows 10タブレット「HUAWEI MateBook」を体験するとスタンプがもらえる。

このスタンプを2つ以上貯めれば抽選に参加でき、「HUAWEIロゴ入りのスマホスタンド」や「HUAWEIロゴ入りのステンレスサーモボトル」がもらえるのだ。なお、このプレゼントはなくなり次第終了となるとのこと。さらにP9で撮影した写真をSNSに投稿すると「HUAWEIロゴ入りのフリクションボールペン」もプレゼントされる。

今回はそんなP9やMateBook、楽天モバイルなどから販売されている「honor 8」などが展示されている品川会場を紹介していく。

続きを読む

ファーウェイ、イベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」を東京・名古屋・大阪・福岡の4都市で実施!参加者にP9やMateBookを抽選でプレゼントも


ファーウェイがブロガーイベントを東京・名古屋・大阪・福岡で開催!参加者募集中

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、東京・名古屋・大阪・福岡の4都市で同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」および2in1 Windowsパソコン(PC)「HUAWEI MateBook」(ともにHuawei Technologies製)のタッチ&トライなどができるブロガーなど向けイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」を開催するとお知らせしています。

イベントではオキラジのラジオ番組「スマートフォン王国!」のメインパーソナリティーとしてレギュラー出演のほか、ガジェット系メディアでのライターなどで活躍しているモバイルプリンスが司会を努め、P9とMateBookを各会場にて各1台ずつ(合計4台ずつ)プレゼントする抽選会も実施されます。

すでに公式Webサイト( https://huaweifan.net )にて申込受付も実施されており、日程は名古屋が11月18日(金)、東京が11月25日(金)、大阪が12月9日(金)、福岡が12月16日(金)の19時から開催予定。21時に終了予定で、参加費無料で軽食と飲料を用意されているので日程が合う人は是非申し込んでみてはいかがでしょうか。なお、公式Twitterアカウント( @Huaweifan_Net )およびFacebookページ( HuaweifanNet)も用意されており、参加者の記事などを紹介する予定。

続きを読む

話題の2in1タブレット「MateBook」やライカダブルレンズを搭載するSIMフリースマホ「HUAWEI P9」などを体験できる「HUAWEI 新製品体験イベント」をファーウェイが開催【レポート】

品川駅構内でファーウェイの新製品を体験!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、2in1タイプのWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」やライカのダブルレンズを搭載したSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」などが体験できるイベントをRoyal Garden Cafe青山(7月25日~31日)、Royal Garden Cafe渋谷(8月1日~5日)、品川駅(8月3日~5日)で開催した。

青山と渋谷の2会場ではGQ JAPANとのコラボレーションによる「GQ JAPAN × HUAWEI MateBook Cafe」と題したタッチ&トライイベントを開催。カフェ店内でくつろぎながら同社の新製品に触れるという内容で、参加者には限定オリジナルタンブラーがプレゼントされた。

また品川駅で開催された「品川駅T&Tイベント」では、品川機構内の特設スペースにHUAWEI P9のほか、「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI WATCH Elegant & Jewel」、そして、周辺機器が揃った状態でのHUAWEI MateBookを展示。

ファーウェイ・ジャパンではこういった期間限定の体験イベントを頻繁に行っている。今回はこの品川駅で行われたHUAWEI P9とHUAWEI MateBookのタッチ&トライイベントを紹介していく。


続きを読む

ファーウェイがモバイルPC市場に参入!2in1で使えるわずか640gの12インチWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」を写真と動画で紹介【レポート】

01
菊川怜さんも浴衣姿で登壇したファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI MateBook」発表会を紹介!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は4日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、これまでのスマートフォン(スマホ)メーカーとしてのノウハウを活かしたスタイリッシュで軽量な2in1タブレットパソコン(PC)「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)を2016年7月15日(金)より発売することを発表した。

レッドオーシャンと化しているモバイルPC市場への参入について、ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 プロダクトソリューション統括部 本部長のコリン・コン氏は「ポータブルPCの生産性を高め、よりファッション性の優れたものにできないだろうか?モバイル通信分野での成功体験をポータブルPC分野に活用しユーザーに新しい製品を提供できないだろうか?」と考えたのだという。

そこで「グローバル市場で多様化されたスマートデバイスを提供し、消費者に受け入れられている。美しさにこだわった設計デザイン、さらに革新的な技術力に優れたオフィスの使用体験、これらをもってWindows PC業界に参入する。ファッション性とモビリティーを兼ね備え、ビジネスとエンターテイメントを融合し使いやすさを実現し新しいビジネススタイルを実現したい」と述べた。

この背景には、ビジネスとプライベートの利用シーンが入り交じり、ビジネスパーソンがモバイルPCに求めるものへの変化に対応することが必要であるとのことだった。今回はそんなスマホメーカーが作ったWindows PCであるMateBookを写真と動画で紹介していく。


続きを読む

ファーウェイ、指紋センサーなどを搭載した2in1なWindowsパソコン「HUAWEI MateBook」を7月15日より発売!価格は6万9800円から


ファーウェイがWindowsパソコン「HUAWEI MateBook」を7月15日より発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は4日、スマートフォン(スマホ)メーカーのノウハウを活かした新しいビジネスを生み出すスタイリッシュで軽量なHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製2in1型Windowsパソコン「HUAWEI MateBook」を2016年7月15日(金)より順次発売すると発表しています。市場想定売価は69,800円(税抜)から。

CPUタイプやメモリー、ストレージの異なる3つのモデルに加え、法人向けにMicrosoftのOS「Windows 10 Pro」搭載モデルを用意しております。2in1デバイスおよびWindows製品の投入はファーウェイでは初めての試みとなります。

販売拠点は公式Webストア「ファーウェイオンラインストア」のほか、イオンリテールおよびエディオン、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、NTT-X Store、ひかりTVショッピング、Caravan Yu、E-TREND、上新電機、ノジマ、ムラウチドットコムなど。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。