S-MAX

Microsoft

Microsoft、Windows 10 SからWindows 10 Proへの無償アップグレード期間が2018年3月末まで延長!ストアアプリだけでの利用はまだ時期尚早!?


Windows 10SからWindows 10 Proへの無償アップグレード期間が延長!

Microsoftは5日(現地時間)、今年5月に発表したWindowsストアアプリだけが利用できる教育向けOS「Windows 10 S」について「Windows 10 Pro」への無償アップグレード期間を2018年3月末まで延長すると発表しています。

理由としては、Windows 10 Sがプリインストールされているノートパソコン(PC)の「Surface Laptop」が新学期やホリデーギフトに最適な製品であることから、Windows 10 Proへの無償アップグレード期間を延長したと述べています。

続きを読む

Microsoft、パソコンなど向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を10月17日に提供開始すると発表!新たな低価格MR HMDも同日発売に


マイクロソフトがWindows 10の次期大型バージョン「Fall Creators Update」を10月17日をリリース!

Microsoftは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」における基調講演にてパソコン(PC)など向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を2017年10月17日(火)に提供開始すると発表しています。

Fall Creators UpdateはWindows 10の4回目の大型アップデートで、今年5月に開催された開発者向けイベント「Build 2017」にて発表され、今秋にリリースされることが案内されていました。なお、開発コード名は「Redstone 3(RS3)」で、すでに先行して試せるFast Ringにて少しずつFall Creators Updateの内容が提供されていますが、正式版の配信開始日が明らかになりました。

今春に提供開始された前回の大型アップデート「Creators Update」に続いてクリエイター向け機能が強化され、新たにStory Remixアプリが提供され、AIを用いて写真や動画の編集がより手軽に行えるようになるほか、クラウドベースでWindows 10だけでなく、iOSやAndroidともクリップボード(コピー&ペースト情報)が共有される「Cloud-powered Clipboard」などの新機能も導入されます。

また同社では同じく10月17日に「HoloLens」の技術を応用した「Microsoft MR(Mixed Reality)」対応の新しいヘッドマウントディスプレイ(HMD)がAcerやASUSTeK Computer、Dell、HP、Lenovoといったパートナーのメーカーから販売開始されるとお知らせしています。

続きを読む

AmazonとMicrosoftがAIによる音声認識アシスタントサービス「Alexa」と「Cortana」を年内に連携と発表!Windows 10搭載PCでAlexa、スマートスピーカー「Echo」でCortanaの呼出が可能に



Amazon.comおよびMicrosoftは30日(現地時間)、両社のAI(人工知能)を活用した音声認識アシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」と「Cortana(コルタナ)」を2017年後半に相互接続すると発表しています。

まずはWindows 10におけるCortana経由で「Hey Cortana, open Alexa」と呼びかけてAlexaに、スマートスピーカー「Amazon Echo」などのAlexa経由で「Alexa, open Cortana」と呼びかけてCortanaにアクセスできるようになり、将来的にはAndroidやiPhoneなどのiOSにも対応する予定です。

続きを読む

iPhoneやAndroid向け「Skype」アプリで決済サービス「Paypal」による個人間送金が可能に!まずは22カ国で提供開始され、日本は予定エリアにも含まれず


SkypeアプリからPaypal送金ができるように!22カ国でスタート

MicrosoftのSkype Teamは2日(現地時間)、コミュニケーションサービス「Skype(スカイプ)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにユーザー間の決済サービス「Paypal」による送金機能に対応したと発表しています。

利用できる国は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ、イギリスの22カ国。

現状では北米および欧州のいくつかの国だけとなっており、日本を含むアジア地域は対象になっていません。また対応OSもiPhoneなどのiOSおよびAndroidで、Windows 10 Mobileは含まれていません。

続きを読む

Canonical、Windows 10用Linuxアプリ「Ubuntu」をMicrosoft ストアにてリリース!現在はInsider Preview Build 16215以降で利用可能で、近日中に「SUSE」や「Fedora」も配信予定


Microsoft ストアにて「Ubuntu」が配信開始!

Microsoftは10日(現地時間)、アプリ配信マーケット「Microsoft ストア」にてLinuxディストリビューションアプリ「Ubuntu」を配信開始しています。これにより、より簡単に「Bash on Ubuntu」が利用できるようになります。料金は無料。

なお、現時点では先行β版「Windows 10 Insider Preview」におけるBuild 16215以降にて利用可能となっており、今秋以降にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定です。

続きを読む

タッチパネルとペンが使えるマイクロソフトの本格ノートPC「Surface Laptop」を写真と動画で紹介!7月20日より順次発売で現在予約受付中、価格は13万6944円から【レポート】


マイクロソフトがクラムシェル型ノートPCを7月20日より発売!

既報通り、日本マイクロソフトはクラムシェル型モバイルノートパソコン(PC)「Surface Laptop」を7月20日(木)より順次販売開始する。また発売に先立って6月15日より事前予約受付を開始している。

最小構成はインテル製チップセット「Core i5」、4GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ(SSD)モデルで公式Webストア「マイクロソフトストア」での価格が136,944円。8GB RAM・256GB SSDモデルが158,544円(ともに税込)、この2モデル(カラーはプラチナ)がまずは7月20日から。

Core i7を搭載したモデルには8GB RAM・256GB SSDモデルと16GB RAM・512GB SSDモデルがあり、ビジネスやクリエイター向けのハイパフォーマンスモデルとなる。

昨年、28インチディスプレイ一体型の「Surface Studio」と同時に発表された「Surface Dial」のオフスクリーン操作に対応する。画面に乗せて操作することはできないが、ダイヤル操作やボタンとしての機能が利用可能だ。

今回は5月26日行われた「Microsoft Japan Surface Event」のタッチ&トライコーナーでSurface Laptopに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」のAndroid向けアプリがバージョンアップで、標準アシスタントに設定可能に!ただし、日本ではまだ利用できず


AndroidデバイスのデフォルトアシスタントにCortanaが設定可能に!写真はWindows 10 Mobileのもの

Microsoftは15日(現地時間)、音声認識や機械学習などを利用したアシスタントサービス「Cortana」のAndroid向けアプリの最新バージョン2.8.0をリリースし、新たにCortanaをAndroidのデフォルトアシスタントに設定できるようになっています。

通常、Androidではデフォルトのアシスタントサービスに多くの製品ではGoogleの「Google Now」(直近に「Google アシスタント」に順次変更中)ですが、Galaxyでは独自サービス「Bixby」を導入しており、他にも「Amazon Alexa」もAndroid向けアプリがリリースされているなど、多数のアプリが利用できます。

今回、GoogleのライバルでもあるMicrosoftが主にWindows向けに提供しているCortanaがAndroidのデフォルトアシスタントに設定できるようになったことで、パソコン(PC)でWindowsを使っているような場合にはより便利に使えるケースも出てきそうです。

なお、Google Playストアで案内されているバージョン2.8.0の変更点は以下の通り。デフォルトに設定できるほか、PCとスマートフォン(スマホ)などのカレンダーにおける整合性を改善しているということです。

新機能

What’s new in Cortana 2.8.0:
· Now you can set Cortana as your default assistant on Android!
· Improved calendar consistency across PC and phone
· Improved app performance
Thanks for using Cortana!


続きを読む

Microsoft、パソコンにLTEモジュールとeSIMを内蔵させていつでも通信できる「Always-Connected PC」を実現へ!IntelやQualcomm、KDDI、VAIOなどと提携


Microsoftが常時通信できるPCの普及を本格化!

Microsoftは31日(現地時間)、台湾・台北で開催されているパソコン(PC)などのデジタル製品に関連する展示会「Computex Taipei 2017」にてプレスカンファレンスを開催し、PCにLTEモジュールとeSMを内蔵させていつでも通信できるコンセプト「Always-Connected PC」の普及をめざすことを明らかにしています。

そのためにIntelやQualcommといったチップセットベンダーと提携するほか、HPやASUSTeK Computer、Lenovo、Huawei Technologies、VAIO、Xiaomiといったメーカー、AT&TやT-mobile、KDDIなどの通信会社と協力していくということです。

続きを読む

開閉角165度を実現した「スタジオモード」や魔法のような操作感の「Surface Dial」に対応したWindows 10搭載2in1タブレットPC「New Surface Pro」を写真で紹介【レポート】


ついにファンレス仕様もラインナップされたNew Sueface Proを写真で紹介!

既報通り、日本マイクロソフトは26日、都内にてプレス向け発表会「Microsoft Japan Surface Event」を開催し、MicrosoftのWindows搭載PC(パソコン)「Surface」シリーズ3機種を日本で発売すると発表しました。

そのうちの2in1タブレットPC「New Surface Pro(新しいSurface Pro)」はすでに5月26日より予約が始まっており、6月15日に発売予定。価格は一般向け105,800円(金額はすべて税別)から、法人向けは93,800円からとなっています。また秋にはLTE対応モデルも発売を予定しています。

また新しいSueface Proの発売を記念して、フィンランドのアパレルブランド「Marimekko(マリメッコ)」とコラボしたスキンシールやファブリックケースを用意。女性ユーザーの獲得にも意欲を見せています。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてこの新しいSurface Proの実機に触れる機会がありましたので、プレゼンの模様とともに写真を交えてご紹介します。

続きを読む

日本マイクロソフト、Windows搭載の2in1タブレットPC「New Surface Pro」やノートPC「Surface Laptop」、ディスプレイ一体型デスクトップPC「Surface Studio」を6月15日より順次発売


日本でNew Surface ProやSurface Laptop、Surface Studioが発売!

日本マイクロソフトは26日、都内にてプレス向け発表会「Microsoft Japan Surface Event」を開催し、Microsoftのパソコン(PC)「Surface」シリーズにおけるスタイリッシュなディスプレイ一体型デスクトップPC「Surface Studio」およびノートPC「Surface Laptop」、2in1タブレットPC「New Surface Pro(新しいSurface Pro)」の3機種を日本市場にて発売すると発表しています。

Surface Studioは5月26日(金)に予約開始し、6月15日(木)に発売、価格(税別)は一般向けが384,800円、法人向け372,800円、Surface Laptopは6月15日に予約開始し、7月20日(木)に発売、価格は126,800円〜、新しいSurface Proは5月26日に予約開始し、6月15日に発売、価格は一般向け105,800円〜、法人向け93,800円〜。また新しいSurface Proは秋にLTE対応モデルを発売予定。なお、Surface Studioおよび新しいSurface ProのOSは「Windows 10」を搭載、Surface LaptopのOSは「Windows 10 S」を搭載。

さらに「Surface Dial」も6月15日に10,800円で発売されるほか、「Surface Pro Signature タイプ カバー」(プラチナ、コバルトブルー、バーガンディの3色)が7月7日(金)に19,400円で、「Surface Arc Mouse」(グレー、ブラックの2色)が7月20日に8,980円で、新しい「Surface Pen」が8月(予定)に11,800円で発売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。