S-MAX

SH-02E

暗い場所やデジタルズームでも綺麗に撮れる?性能充実の「Xperia Z1 SO-01F」とシンプルになった「ARROWS NX F-01F」でいろんな写真を撮ってみた(後編)【レビュー】

camera02
暗い場所でも綺麗に写真が撮れるスマホは?

NTTドコモが先月24日にソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z1 SO-01F」(以下、SO-01F)と富士通製「ARROWS NX F-01F」(以下、F-01F)の2機種のAndroidスマートフォンを発売しました。

前回の記事では、その同日に発売開始されたSO-01FとF-01Fの2機種と、比較対象として昨年発売された「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)の合計3機種でさまざまな対象を撮影し、カメラ性能の比較を行いました。

今回はデジタルズームを使っての撮影と、暗い場所、夜景の撮影を行い、比較を行いました。SO-01Fは「全画素超解像3倍ズーム」を実現し、ズームを使ってもノイズの少ない綺麗な写真が撮れることを売りにしています。

暗所撮影については各機種とも明るいレンズを使って綺麗に撮れることを売りにしています。果たしてどのくらい綺麗に撮れるのでしょうか?さっそく見て行きましょう。

続きを読む

最新スマホのカメラ性能は?性能充実の「Xperia Z1 SO-01F」とシンプルになった「ARROWS NX F-01F」でいろんな写真を撮ってみた(前編)【レビュー】

camera_01
最新スマホのカメラの実力は?

NTTドコモが先月24日にソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z1 SO-01F」(以下、SO-01F)と富士通製「ARROWS NX F-01F」(以下、F-01F)の2機種のAndroidスマートフォンを発売しました。

グローバル版の発表時からその高いカメラ性能に注目が集まっていたSO-01Fは発売から非常に好調な売れ行きのようです。一方で、NTTドコモのおすすめ機種に選定されたF-01Fは売れ行きはSO-01Fの後塵を拝していますが、3日持つと言われているバッテリー性能の高さから、今後売り上げの伸びが期待されます。

今回は、その同日に発売開始されたSO-01FとF-01Fの2機種と、比較対象として昨年発売された「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)の合計3機種でさまざまな対象を撮影し、カメラ性能の比較をしてみました。

続きを読む

バッテリー長持ちはいいけどボタン位置の変更で使い難くなった?IGZO液晶搭載シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を写真と動画でチェック【レポート】


NTTドコモむけシャープ製ハイエンドスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を写真と動画で紹介!

既報の通り、NTTドコモは10日、2013年冬から2014年春にかけて発売する予定の新機種および新サービスを発表する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」(以下、SH-01F)を発表しました。

NTTドコモ向けシャープ製ハイエンドスマートフォン「AQUOS PHONE ZETAシリーズ」(以下、ZETAシリーズ)の4代目に当たり、前機種「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」(以下、SH-06E)に引き続いてフルHD液晶を搭載。

ディスプレイの大きさも4.8インチから5インチと大きくなりました。さらに、3000mAhの大容量バッテリー搭載と省電力化されたCPUなどにより、3日間充電なしで使えることが最大のアピールポイントです。また、ZETAシリーズでは初めて、フルセグの視聴だけでなく録画にも対応しています。

今回は、発表会の展示会場にて実機が展示されていましたので、使用感などを写真や動画とともに解説していきたいと思います。

続きを読む

F値1.9のレンズ搭載で画質は向上した?「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のカメラ性能を「SH-02E」「iPhone 4S」と比較した【レビュー】

SH06Ecamera_top
F値1.9レンズカメラの実力は?

NTTドコモから5月に発売されたシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」(以下、SH-06E)。前回のレビューでは、新しく搭載されたジェスチャー機能を紹介しました。

今回はSH-06Eで強化されたカメラ機能を取り上げます。SH-06Eでは前機種「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)と比較し、画素数自体はは有効画素数1630万画素から1310万画素へとスペックダウンした感があります。

しかし、F値は2.5から1.9となり、暗いところでも自然な色合いの写真が撮れたり、背景がぼけたり、といった写真撮影が可能になり、画質向上が図られているとのことです。

今回はSH-06Eに加え、前機種のSH-02E、そして全く別のスマートフォンとしてアップル製の「iPhone 4S」を加え、それぞれ同じ被写体を撮影してみました。色合いなどは好みもあると思いますので、自分の好みかどうか比較してみて下さい。

続きを読む

IGZO液晶はフルHDでも省エネ?ドコモ最新夏スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のバッテリー消費量を測定してみた【レビュー】

battery_top
IGZO液晶はフルHDになっても省エネ?

NTTドコモから5月に発売されたシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」(以下、SH-06E)。この夏のドコモのツートップ機種に次ぐ売れ行きを示しており、60万台以上売れた「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)の後継機種として好調な売れ行きのようです。

このSH-02EおよびSH-06Eが端末の売りとして前面に押し出しているのは、新世代ディスプレイの「IGZO(イグゾー)」液晶パネルを搭載したことによる省エネ性能です。

SH-02Eは通常使用の範囲なら2日バッテリーが持つとうたわれており、これまで筆者もSH-02Eを常用し、その省エネ性能を体感して紹介してきましたが、SH-06Eはさらに2日以上バッテリーが持つとの触れ込みとなっています。

そこで、今回は、実際の使用シーンでどの程度バッテリーが持つのか、筆者が実際に使っているSH-02Eと、今回お借りすることのできたSH-06Eを両方持ち歩いて比較してみました。

続きを読む

あの大人気モデルがOSバージョンアップ!IGZO搭載ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」をAndroid 4.1にアップデートしてみた【レビュー】

SH02EJB_top
60万台売れた人気スマホがAndroid 4.1アップデート

NTTドコモから昨年冬に発売されたシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)。およそ半年で60万台を超える売り上げを記録し、昨年冬モデルの人気機種となりました。

既報通り、このSH-02Eに6月3日からAndroid 4.1(開発コード名;Jelly Bean)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新(アップデート)が提供開始されています。

OSバージョンアップのみならず、機能的にもいろいろ向上しているので、本記事では、アップデートの手順とアップデート後に変わった点を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、人気機種「Xperia Z SO-02E」や「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を早くも生産終了!夏モデルにシフトへ


春モデルのXperia Z SO-02Eは早くも生産終了!

NTTドコモは、発売から2ヶ月半で約63万台を販売した春モデル一押しのスマートフォン「Xperia Z SO-02E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)や発売から5ヶ月で約60万台を販売した昨冬モデルのスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(シャープ製)などの人気機種がすでに生産終了していることを案内しています。

AQUOS PHONE ZETA SH-02Eは、すでに発売から半年以上経っており、夏モデルとして後継機種とも言えるよりスペックアップした「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」が発売開始されていますが、Xperia Z SO-02Eについては、今年2月に発売なのでまだ4ヶ月経っていませんし、夏モデルではややスペックでは劣る「Xperia A SO-04E」なので少し残念な感じではありますね。

続きを読む

NTTドコモ、初代IGZO搭載スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」にAndroid 4.1へのOSバージョンアップを提供開始


AQUOS PHONE ZETA SH-02EがAndroid 4.1に!

NTTドコモは3日、昨年冬モデルのシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」に対してより新しいプラットフォーム「Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

今回のソフトウェア更新で変更される点は、以下の4点。更新にかかる時間は、端末本体(Wi-Fi)による方法およびパソコンによる方法ともに約52分となっています。更新期間は、2016年6月30日まで。

なお、更新にかかる時間は、ダウンロード速度を3Mbpsとした場合の目安で、ユーザーのインターネット回線環境やックアップするデータ量により異なる場合があるとしてます。
今回のアップデート内容
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

1)OSバージョンアップにおける主な対応内容
・Androidビーム(NFC)で写真・動画交換に対応
・コンテンツマネージャーの検索が画像サイズに対応
・ライトや手ぶれ補正などの設定がファインダー上で可能に
・OfficeSuite搭載でパスワードのかかったファイルの閲覧に対応
・ナビゲーションバーをフリックすることで検索機能やしゃべってコンシェルを呼び出しに対応
・NOTTVを他のアプリを利用中にバックグラウンドで利用して音声のみのBGM再生に対応
・NOTTVの災害関連情報受信
・Google Nowに対応
・進化したステータスバー
・データ保管BOX対応
2)改善される事象
・アクセスポイントモード(親機)動作時、特定端末(子機)からのWi-Fi接続を受け付けない場合がある。

「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」OSバージョンアップ詳細(PDF形式:1,263KB)
続きを読む

NTTドコモ、2012年度目標には届かなかったがスマートフォン基盤が2倍に!Xperia Z SO-02Eが約63万台およびAQUOS PHONE ZETA SH-02Eが約60万台販売


Xperia ZとAQUOS PHONE ZETAが好調!

NTTドコモは26日、2012年度の決算内容および2013年度の見通しを説明する「2013年3月期決算説明会」を開催し、その中で、スマートフォン基盤が2倍になり、各機種の他社との競争力がついてきているという見解を示した。

特に、昨年冬モデルの「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」が発売5ヶ月で約60万台、今年春モデルの「Xperia Z SO-02E」が発売2ヶ月半で約63万台の販売台数になっており、さらに商品力・請求力を高めるような機種の投入を徹底強化するとのこと。

続きを読む

使って分かった!2ヶ月で44万台売れたシャープ製スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」が好評なわけ(後編)【コラム】

8a014bbe.jpg
使い勝手の良さも人気の秘密

昨年11月29日に発売されたNTTドコモのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)は、1月30日の「2013年3月期 第3四半期決算説明会」では発売から2ヶ月で44万台が売れたと発表され、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia AX SO-01E」とならび、冬モデルの売れ筋商品となっています。

実際に発売日に購入し2ヶ月使ってみた実感を含めて、SH-02Eが好評な理由を考える、ということで前編ではIGZO液晶と大容量バッテリーによる「バッテリー持ちの良さ」を取り上げました。スマートフォンはバッテリーが持たない、というユーザーの不満を解消した端末に仕上がっていることは、好評の大きな要因であると考えられます。

シャープのAndroidスマートフォンは、2010年IS03やLYNX 3D SH-03Cを発売したのを皮切りに、様々な試行錯誤を重ねてきました。そして昨年夏モデルより「Feel UX」という独自UIを採用し、数々の使い勝手の改善を行い、冬モデルのSH-02Eは非常に使い勝手の良いスマートフォンに仕上がっています。元々のAndroidのUIをかなり大胆に改変したことで、独自色を打ち出せています。今回はSH-02Eの使い勝手の部分を取り上げます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。