S-MAX

SH-10B

NTTドコモ、Xperia SO-01BおよびLYNX SH-10Bにおける「Google Playストア」のコンテンツ決済サービスを終了


Xperia SO-01BおよびLYNX SH-10Bにおける「Google Playストア」のコンテンツ決済サービスが終了

NTTドコモは22日、2010年に発売したAndroidスマートフォン「Xperia SO-01B」(ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ製)および「LYNX SH-10B」(シャープ製)の2機種においてアプリ配信マーケット「Google Playストア」における有料コンテンツを購入する際に利用できていた「コンテンツ決済サービス」を終了するとお知らせしています。

同社ではGoogle Playストアを運営するGoogleによる一部サービスが提供終了となるため、2014年2月下旬以降に利用できなくなるとしています。

なお、 Google Playストアは引き続き利用可能なほか、有料コンテンツをその他の決済サービス(クレジットカード決済やGoogle Playギフトカード)を利用して購入することは可能です。

続きを読む

シャープ、Android 2.3搭載スマートフォン「AQUOS PHONE」のハイエンドモデルを中心にAndroid 4.0 ICSへのバージョンアップを予告

5ae4b92b.jpg

対象機種や時期についての詳細は順次発表予定!

シャープは13日、最新のAndroid体験をユーザーに届けるために現在発売中および今後発売する同社のAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したスマートフォンのハイエンドモデルを中心にAndroid 4.0(開発コード名:IceCreamSandwich;ICS)へのバージョンアップを行うことをお知らせしています。

バージョンアップの提供時期や対象機種などの詳細については、順次発表していくとのことです。

当社は、最新のAndroid体験をお客様にお届けするため、現在発売済み及び今後発売するAndroid 2.3(GB)搭載のAQUOS PHONEについて、ハイエンドモデルを中心に、Android 4.0(ICS)へのバージョンアップ対応を行う予定です。

アップデートの提供時期などバージョンアップに関する詳細情報につきまては、順次発表して参ります。



続きを読む

100均で買えるスマートフォンスタンドが凄まじく便利!山田化学のスマートフォンに対応した「携帯電話スタンド」【レビュー】

e61297b1.jpg

安くてシンプルで絶妙な使い心地の携帯電話スタンド!

既存モデルではフルタッチパネルでの操作が中心のスマートフォンだが、ケータイからスマートフォンに乗り換えた場合、デスク上でのスマートフォンの扱いに最初は少なからず違和感を覚えるだろう。

これまで折りたたみタイプのケータイを使っていたユーザーは端末を90度に開いてデスクに置きながら操作をすることができた。さらに、卓上ホルダ(充電台)が端末毎に用意されていたので、必要であれば購入して卓上ホルダにケータイをセットし、充電しながら操作するなどということも可能であった。

しかし、スマートフォンは一部の防水モデルを除いてほとんどが卓上ホルダやクレードルは同梱されておらず、そもそも機種毎に用意されていない。ストレートタイプのフルタッチ操作といった形状から、デスク上で操作するには端末を寝かせて画面を覗き見るような感覚で操作しないといけない。そのままだと操作がし辛いので結局手を空けて端末を持って操作するといった具合に不便さを感じるユーザーもいるのではないだろうか。

そこで今回は、スマートフォンサイズに対応した携帯電話スタンドを紹介する。

続きを読む

NTTドコモ、スマートブック「LYNX SH-10B」に再起動する不具合でソフトウェア更新提供

4fd1449b.jpg

シャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、8日、Android 1.6 (Donut)を搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」において一定操作によって端末が再起動する不具合が見つかったとしてネットワーク経由で本体ファームウェアをバージョンアップするサービス「ソフトウェア更新」の提供を開始したことをお知らせしています。

続きを読む

NTTドコモ、スマートフォン向け「spモードメール」が2月1日からWi-Fi対応!公衆無線LANサービスもスタート

365db10a.jpg

spモードメールが無線LAN環境で自動受信可能に!

NTTドコモは、24日、スマートフォン向けのISPサービス「spモード」の機能拡充についての発表を行っています。

今回発表された内容は、昨年11月に行われたNTTドコモの新商品発表会での発表通り、2月1日より無線LANによるspモードメールサービスのWi-Fi対応と公衆無線LANサービスの提供が行われます。また、spモードメール自動受信の詳しい方法についても発表されました。

続きを読む

シャープ製Androidスマートブック「IS01」「LYNX SH-10B」に不具合でソフト更新が提供開始

ab227764.jpg


KDDIおよび沖縄セルラーは、16日、Android 1.6 (Donut)を搭載したシャープ製スマートブック「IS01」に不具合が見つかったとしてネットワーク経由による本体ファームウェアのアップデートサービス「ケータイアップデート」の提供を開始したことをお知らせしています。

また、一方で、NTTドコモも、10日、IS01と兄弟機種のAnroid 1.6 (Donut)を搭載したシャープ製スマートブック「LYNX SH-10B」に不具合が見つかったとして同じくネットワーク経由による本体ファームウェアのアップデートサービス「ソフトウェア更新」の提供を開始したことをお知らせしています。

それぞれ見つかった不具合は異なりますが、まとめて紹介しておきます。各機種をお持ちのユーザーは、アップデートを検討してください。

続きを読む

ドコモ、Android搭載「LYNX SH-10B」をおよそ1ヵ月ぶりに10/2(土)から販売開始へ

SHARP製 LYNX(SH-10B)-NTTドコモ-
ようやく再販が決まったシャープ製のスマートフォン「LYNX(SH-10B)」

NTTドコモは30日、OSにAndroid 1.6(Donut)を搭載したシャープ製のスマートフォン「LYNX(SH-10B)」の販売再開を10/2(土)から開始することを発表した。続きを読む

ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」にソフトウェア更新が提供開始!キーロガー対策

b2755538.jpg

シャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、Androidを搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」において9月9日(木)に発表したソフトウェアの脆弱性を修正するバージョンアップサービス「ソフトウェア更新」の提供を13日(月)に開始したことをお知らせしています。続きを読む

ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」がパスワードを盗まれる恐れで一時販売停止に

3d55090f.jpg

フルキーボードを搭載したシャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、Androidを搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」においてソフトウェアの脆弱性が見つかったため9月9日(木)から販売を一時停止すると発表しています。これまでの累計販売台数は約7,000台とのことです。続きを読む

ドコモスマートフォンが明日から値下げ!スマートプライスキャンペーンを期間限定実施


spモード開始に合わせ実施される「スマートプライスキャンペーン」

ドコモのスマートフォン向けISPサービス「spモード」が9/1(水)から開始される予定だがspモードのサービスインに合わせてスマートフォンの本体代金などを割り引く「スマートプライスキャンペーン」も実施される予定だ。スマートプライスキャンペーンの概要と本体の価格をまとめておこう。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。