S-MAX

iPadPro

iOS 11新機能:iPhone 7・7 Plus以降やiPad Proなどで導入されたカメラの保存形式「HEIF」と「HEVC」について紹介!外部共有は既存形式で、ファイルサイズは確かに小さい【レビュー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」の高圧縮画像・動画ファイル(HEIF・HEVC)についてまとめ!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回はリリースされる前から何度か紹介しているカメラで撮影した画像や動画を高圧縮率で保存できるHEIF形式・HEVC(H.265)形式についてまとめたいと思います。

HEIF形式・HEC形式はiOS 11を導入しても「iPhone 7」シリーズ以降や「iPad Pro」シリーズ、「iPad(第5世代)」以外は導入されておらず、現状ではiPhone 7・7 PlusとiPad Pro(9.7インチ・10.5インチ・12.9インチ)、iPad(第5世代)のみが対応しています。

導入されたこれらの機種ではデフォルトでカメラで撮影した写真がHEIF形式(拡張子「.heic」)および動画がHEVC形式(拡張子「.mov」)になり、すでに紹介したように特にHEIF形式については現状で主要なOSではiOS 11しか対応していません(この後、9月26日にリリースされるmacOS High Sierraでも対応予定)。

なお、基本的に対応しているOS・製品が少ないためにアップルでもかなり配慮しており、基本的にこれらが導入されたiPhoneやiPadから外にファイルを出す(カメラで撮影した写真・動画を共有する)場合は画像については従来のJPEGに変換されるので特に何もしなくても今まで通り使えます。

続きを読む

iPhone 7・7 PlusやiPad ProなどのiOS 11では写真やムービーの新ファイル形式(HEIF・HEVC)に対応!GoogleフォトやDropboxなどでは対応済みながらWindowsやAndroidでは未対応なので注意


いよいよiOS 11の正式版が日本時間9月20日2時頃から提供開始!iPhone 7などではHEIF・HEVCに対応

Dropboxは18日(現地時間)、アップルから日本時間9月20日未明に提供開始されるiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版において導入される新しい画像および動画のファイル形式について対応しているとお知らせしています。

同社ではiOS 11およびmacOS High Sierra(10.13.x)で導入されるこれらの画像用「HEIF形式」および動画用「HEVC(H.265)形式」に対応し、通常通りに同期できるほか、dropbox.comやDropboxのiOSアプリおよびAndroid アプリではプレビューできるとしています。

一方で、HEIF形式はWindowsやAndroid、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応しておらず、HEVC形式もWindows 8.1以下およびAndroid 4.4.4以下、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応していないため、表示・再生ができないと案内しています。

iOS 11では既存のJPEG形式やH.264形式の画像・動画も継続して利用でき、iCloudやiTunesで自動的にこれらの形式に変換して転送・同期するできるようになっていますが、メールに添付したりするなどで利用する場合には注意が必要になりそうです。なお、Dropbox以外でもGoogle フォトやAmazonプライムフォトなどの主要なサービスはすでに対応済みとなっています。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankが新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」を6月13日に発売!各社予約受付中なので、価格もまとめて紹介


新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」は6月13日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンクは9日、ペン入力「Apple Pencil」に対応した新しい約10.5インチ2224×1668ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載タブレット「iPad Pro 10.5」および約12.9インチ2732×2048ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載の「iPad Pro 12.9(第2世代)」を2017年6月13日(火)に発売すると発表しています。

またNTTドコモは11日、同様にiPad Pro 10.5およびiPad Pro 12.9(第2世代)を6月13日に発売すると発表し、価格も案内されましたのでまとめて紹介したいと思います。なお、予約はすでに各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどの販売店店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」、「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」で実施されています。

続きを読む

Apple、新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」の保証サービス「Apple Care+」や保証対象外修理価格を公開!画面割れなら保証で4400円、保証外だと最大6万6800円に


新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」の保証外修理価格をチェック!

Appleより発表されたペン入力「Apple Pencil」に対応した新しい約10.5インチ2224×1668ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載タブレット「iPad Pro 10.5」および約12.9インチ2732×2048ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載の「iPad Pro 12.9(第2世代)」。

日本では従来通り、Wi-Fi+CellularモデルはApple(SIMフリー版)やNTTドコモ、au、SoftBankから、Wi-FiモデルはAppleやSoftBank、各家電量販店などから販売され、すでに各社にて事前予約受付が実施されています。価格は以前に紹介した通り。

予約する際にもApple Storeなどでは注文になるので保証サービス「Apple Care+ for iPad」に入るかどうか選択する必要があり、iPad Pro 10.5および新iPad Pro 12.9のApple Care+ for iPadの料金は9,400円(価格は記載がない限りはすべて税抜)であることが案内されます。

一方、Appleの公式WebサイトにはApple Care+ for iPadに加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。

例えば、Apple Care+ for iPadに未加入の場合における保証対象外の画面割れならiPad Pro 10.5で49,800円、新iPad Pro 12.9で66,800円の修理代金がかかります。これがApple Care+ for iPadに加入していれば、ともに4,400円になります。

Apple Care+ for iPadは2年間保証され、iPhoneなら金額的には2年間で1回だけ画面を割るくらいなら加入してないほうが割安になりそうですが、iPadは大画面で画面割れ時の保証外修理金額が非常に高いので基本的に入っておくことをオススメしたいです。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankが新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」を取り扱い!6月7日から予約開始、来週以降に発売――価格もまとめてチェック


新タブレット「iPad Pro 10.5」と「iPad Pro 12.9(第2世代)」の価格をまとめて紹介!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは6日、アップルより発表されたペン入力「Apple Pencil」に対応した新しい約10.5インチ2224×1668ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載タブレット「iPad Pro 10.5」および約12.9インチ2732×2048ドットRetinaディスプレイ(約264ppi)搭載の「iPad Pro 12.9(第2世代)」をそれぞれ取り扱うと発表しています。

各社ともに発売日は後日案内するとしていますが、発売に先立って本日6月7日(水)より事前予約受付を実施するとのこと。予約は各社でドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどの販売店店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」、「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」となっています。

予約開始時間はauではauオンラインショップでは9時、店頭では営業開始時間よりとしています。なお、両機種はすでにアップル直営店「Apple Store」および公式Webストア「Apple Online Store」では事前予約受付が実施されており、お届け予定日は6月13日(火)を予定しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。