S-MAX

iPhone

次期スマホ「iPhone 7」シリーズの価格がリーク?新たにPlusのほかにProがあるという噂もーーiPhone 6sシリーズとほぼ同水準か


次期スマホ「iPhone 7」シリーズの価格は?写真はiPhone 6s

今秋に発売されると見られているAppleの次期スマートフォン(スマホ)の「iPhone 7」シリーズ。先日行われた開発者向けイベント「WWDC 2016」にて発表された次期プラットフォーム「iOS 10」をプリインストールする予定のため、その方向性やRAW画像が扱え、カメラに注力してきそうといったことなどが話題となっています。

一方でこれまでに多くの情報筋から外観やサイズはほぼ「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズと同じとなり、3.5mmイヤホンマイク端子が廃止されたり、上位モデルにはデュアルレンズカメラが搭載されるなどの噂が出ています。

最近ではこれまでの4.7インチの標準版と5.5インチの大型版の2モデルではなく、それとは別にデュアルレンズカメラを搭載した上位版の「iPhone 7 Pro」があるという噂も出てきていたりしており、正式発表までまだこの辺りについてはいろいろと何転かしそうです。

そんな中、いくつかのメディアで中国の人気SNS
サービス「Weibo」にてiPhone 7シリーズの価格がリークされたとして紹介されている情報がありましたので紹介したいと思います。

続きを読む

iPhone 7のカメラはプロ仕様にも対応?Apple、iOS 10でiPhone 6以降なら「RAW画像ファイル」をサポート


iOS 10ではiPhone 6以降ならRAWをサポート!

既報通り、Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」の基調講演にてスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しました。

基調講演ではバージョン番号に合わせて主に10つのiOS 10の新機能を紹介していましたが、それ以外にもさまざまな機能が追加される予定です。その中でも開発者向けの資料の中でカメラのRAW画像ファイルをサポートすることが明らかになっています。

RAW画像ファイルは「iPhone 6」シリーズ以降に搭載されているチップセット「A8」や「A9」を搭載したiOS搭載製品で利用できるようになり、サードパーティー製カメラアプリやデジタルカメラなどで撮影したRAW画像ファイルを扱えるようになるということです。

続きを読む

KDDI、au向け「iPhone SE」の利用料金が最安月額1980円になるイチキュッパキャンペーンを実施!新規・MNPでスーパーカケホとデータ定額1の契約で月1986円割引に


auでiPhone SEの月額利用料が最安1980円になるイチキュッパキャンペーンが実施!

KDDIおよび沖縄セルラーは17日、新規契約および他社から乗り換えでau向け「iPhone SE」を購入した場合に月額料金を割り引くキャンペーン「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を2016年6月17日(金)より実施すると発表しています。

1回5分以内なら国内通話がかけ放題の「スーパーカケホ」と月間1GBまでのデータ通信容量が利用できる「データ定額1」を契約した場合を対象に月額1,986円(すべて税抜)を最大2年間割引します。期間は2016年8月31日(水)まで。

これにより、さらに「auスマートバリュー」を適用すれば月々934円割り引きとなるため、最大2年間月額1,980円から利用できるようになっています。auスマートバリューに加入していない場合は月額2,914円。

続きを読む

Apple、WWDC 2016にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 10」を発表!個人情報に基づいて予測する文字入力やSiriの開放など――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期スマホなど向けプラットフォーム「iOS 10」を発表!

Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」をアメリカ(米国)のサンフランシスコにあるビル・グラハム・シビックオーディトリウムにて開催し、スマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しています。

開発者向けベータ版が同日6月13日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今年7月から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 9とは異なり、iPhone 4SやiPad 2、iPad 3、iPad mini、iPod touch(第5世代)が対象外となり、iPhone 5以降およびiPad 4・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計17機種。アップデートの価格は無料。

続きを読む

来年のiPhoneは割れにくい画面になる?2017年モデルは有機ELで画面全体を振動させてフィードバックが得られるなどの新技術が導入か――今年のiPhone 7シリーズはマイナーチェンジに


次期iPadやiPhoneの画面が割れにくくなる!?タッチパネルに新技術を導入か

来年に10周年を迎えるiPhoneシリーズ。そのため、今年の2016年モデルとして噂されている「iPhone 7」(仮称)シリーズは既存の「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズと外観やサイズなどがほぼ同じで、スペックアップなどを中心にした小幅な変更に留まると予想されています。

一方で、来年の2017年モデルとして噂されている「iPhone 8」(仮称)シリーズはホームボタンが廃止され、有機ELの全画面デザインに一新されるなどの大幅な変更になるとされていますが、新たにAppleの特許情報に詳しい「Patently Apple」では割れにくい新素材の画面を採用するのではないかと伝えています。

iPhone 6sシリーズで導入された感圧機能「3D Touch」などの技術を提供する部品供給メーカーのTPKが現在用いられているITO(酸化インジウムスズ)エッチング式投影型は折り曲げに弱いことが課題となっており、TPKの社長兼CEOを務めるMichael Chung氏が「より柔軟性のあるフレキシブルな銀ナノワイヤー導電フィルムを用いたタッチパネルの導入準備をしている」とレポート。

同氏はこの技術が「2年後、遅くとも3〜5年語にタッチパネルの主流になる」と予測し、「TPKの顧客が2016年後半にこの技術を用いたハイエンド製品を投入する予定である」と示しており、記事ではこれが次期iPadシリーズであり、2017年のiPhone 8シリーズにも用いられるのではないかとしています。

銀ナノワイヤー導電フィルムについてはPatently Appleでは1年前の2015年5月にもアジアからの情報としてiPadの2016年モデルに採用するために同技術を採用したタッチパネルディスプレイをLGやSamsung、JDIといった主要ディスプレイメーカーに試作品を求めたとし、採用することでタッチ操作の感覚を高め、コスト削減を行え、さらに画面割れにも強くなると伝えています。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone 6sや6s Plusへの機種変更で最大5184円割引キャンペーン「iPhoneおとりかえ割」を開始!iPhone 5sや5cなどの下取り価格も増額――春のおとりかえ割は終了


NTTドコモがiPhone 6sと6s Plusの機種変更時に最大5184円割引!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」を機種変更にて購入する場合に月々の利用料から割り引く「月々サポート」を最大5,184円(すべて税込)増額するキャンペーン「iPhoneおとりかえ割」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年6月1日(水)~6月30日(木)までで、ドコモオンラインショップ以外のドコモショップなどの店頭も対象となります。また、下取りプログラムの買取価格も6月1日より改定されており、iPhone 5sが10,000円から22,000円、iPhone 5cが6,000円から17,000円へと増額されています。

さらに他社から乗り換え(MNP)時でも「家族まとめて割」における対象プランがシェアパック5も対象になり、最大5,184円割引になるということです。

続きを読む

KDDI、iPhoneやiPadの店頭修理を直営店「au SHINJUKU」にて6月1日より受付開始!ディスプレイ割れ以外は即日店頭対応に


au SHINJUKUにてiPhoneやiPadの店頭修理受付がスタート!

KDDIは1日、東京・新宿にある直営店「au SHINJUKU」において同社のiPhoneやiPadの店頭修理受付を開始したとお知らせしています。

すでにSoftBankもソフトバンク表参道およびソフトバンクグランフロント大阪の2店舗にて5月9日から修理受付を開始し、auでも近日中に提供することを案内していましたが、正式に発表されました。

ディスプレイ修理およびディスプレイ部品のみ交換は店舗での預かり修理になり、約3~5営業日かかり、それ以外の本体交換やバッテリー交換、スピーカーやカメラ、バイブモーター、ホームボタンなどの交換は店頭での即日修理になります。

修理受付時間は、月~土曜日が10時~19時まで、日曜日が10時~16時まで。なお、店舗の混雑状況により受付終了が早まる場合があるとしています。

続きを読む

次期スマホ「iPhone 7」シリーズではカメラモジュールがソニーではなくLG製に?iPhone 7 Plusは1200万画素デュアルカメラや大容量256GBストレージモデルが登場か


iPhone 7シリーズの噂まとめ!カメラモジュールはSonyではなく、LG製に?写真はiPhone 6s

今年9月に発表されると見られているAppleの次期スマートフォン(スマホ)の「iPhone 7」(仮称)シリーズですが、これまでの噂では外観のデザインやサイズはほぼ「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズのままになると噂されています。

一方で、恐らくチップセットは次世代の「Apple A10」(仮称)になると見れるほか、各種性能は確実に向上してくると思われ、噂では3.5mmイヤホンマイク端子が廃止されるほか、ワイヤレス充電などに対応するとされています。

あまり代わり映えしないのではないかという噂や今年3月に発売した「iPhone SE」が従来製品の焼き回しで同社が革新性を失ったのではないかという評判を受けて、同社CEOのTim Cook氏がインタビューで異例の次期スマホについて「みんなが買い換えたくなるような革新的な製品になるだろう」と発言するという状況になっています。

今回はそんなiPhone 7シリーズについての最近の予測や噂などをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 9.3.2」を提供開始!日本語かなキーボードや辞書機能などの不具合解消やセキュリティーアップデート


AppleがiOS 9.3.2をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 9.3.2」を提供開始したとお知らせしています。

辞書で項目を調べる時にうまく動かないことがあった問題やメール・メッセージで日本語かなキーボードを使っている時にメールアドレスが入力できなかった問題などの5つの不具合を修正しています。

なお、各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

本命はやはり来年!?iPhoneの2017年モデルは全面ディスプレイに?Touch ID搭載ホームボタンなどが画面に埋め込まれると噂ーーLGが指紋センサー内蔵ディスプレイを開発


2017年のiPhoneは全面ディスプレイデザインに!?LGが画面の下に配置するセンサーを開発

LG Innotekは2日(現地時間)、ディスプレイの下に配置できる0.3mmの薄型指紋センサーモジュールを開発したと発表しています。これにより、画面にタッチするだけで、指紋認証が行えるとのこと。

一方、Appleが昨年に画面にタッチして指紋認証する特許「電子デバイスにおける指紋認証センサー(Fingerprint Sensor in an Electronic Device)」を取得しており、LG InnotekがAppleの部品供給元でもあるため、この特許を元に開発されて次世代のiPhoneに採用されるのではないかと噂されています。

これらとともにApple内部からの情報として2017年に登場する次世代「iPhone」について指紋認証機能「Touch ID」を搭載したホームボタンだけでなく、フロントカメラやスピーカーも画面内に埋め込まれて"全面ディスプレイ"デザインになると一部メディアが伝えています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。