ced2a1ee.jpg

なんだかんだとスマートフォン漬けな毎日だったり

エスマックスで「2010年のイチオシスマートフォンと」という感じのお題を書いてみようと思います。

その前についでに自己紹介もして欲しいということですので、簡単にしたいと思います。

ライターをしている「ホセ」と言います。個人では「SBM fan!」というブログで色々と好きな事を書いてみたり、「MDB Magazine」や「MDB Station」というメルマガを発行してみたりしています。

メルマガは何気に古く、2003年9月から続いていたりします(もう7年以上か…)。また、ソフトバンクモバイル系のまとめサイト「MOBILE DATA BANK」というサイトの管理人という立場もありますが、2010年5月から放置……。2011年には復活させたいと企んでみたり。

たまぁーーに、エスマックス以外のニュースメディアに登場していたりもしていますので、どうぞ宜しくお願いします!

私個人では、2010年は「スマートフォン普及の年」です。昨年2009年はiPhoneの年だったような気がしますので、そういう意味では2010年はAndroidの年でしょうか。
事実、2010年はiPhoneとWindows Mobileに始まり、AndroidとiOSに終わる…そんな気がしたりします。

そんな中、これだーーーっというスマートフォンですが、その前に私の考えるスマートフォン理想像とはと勝手に書いてみたいと思います。


私のスマートフォンデビューはVodafoneの702NK。いわゆるNokia6630です。
この時は、「すげーーーっ、メニューとか変更できる!フォント変更できる!」と感動したものです。
そして702NK II Nokia6680 に。ここでも殆ど同じようでしたが、カメラ等のハード面で感動したり。
確かその頃です。日本のスマートフォンを大きく変えた存在が出てきたのは。
それは、WILLCOMのW-ZERO3。WS003SHです。
かなり前からフルキーボード搭載のモデルを待っていた私。(昔はDoCoMoのP502iで外付けキーボードを使っていたので)
早速飛びつきました。
WindowsMobile 5.0を搭載し、大画面タッチパネルにキーボード搭載と非常に驚きのモデルでしたし、ある程度のWordやExcel等も利用できるので非常に便利していました。
この頃よりメルマガ発行がかなり楽になってきたと思います。(私個人で発行していたメルマガは、古くはJ-T010→V601SHという流れで文章作成していました)
その頃に、当時招待制であったGmailと触れたのです。
その後、名機と呼ばれ現在もたまに利用しているアドエス。WS011SHとも出会い、アドレス帳をクラウド上に保存する術などを知りました。
時は流れ、iPhoneと出会います。iPhone 3Gです。
動作は非常にもっさりで、マルチタスクも無いモデルでしたが、アプリとの連携で非常に夢のあるモデルでした。実は当時の使い勝手では、アドエスの方が圧倒的に使い易かったりします。
で、Nokia、WindowsMobile、iPhoneと使ってきた私ですが、昨年登場したHT-03A。つまり国内初のAndroidケータイ(でしたよね)ですが、正直興味無かったりします。
でも、iPhone4とAndroidどちらにしようかなーと考える中で、「どうせなら使った事の無い方で!」という考えでAndroidの「HTC Desire X06HT」を手にとったのが今年の夏前でした。
(他にはBlackBerryもありましたが、維持費の関係上却下でした)

おっと、スマートフォン遍歴を書く記事ではありませんでした。私の理想スマートフォン。
これは、いつでもどこでも情報を引き出せる、情報端末。コレにつきます。電話もしますが、あくまで二の次。まずはメールやネットといった情報にいかに素早くアクセスできるかで、なおかつ個人の情報をいかに効率よくクラウド上にアップできるか、でしょうか。
というのも、同時に複数のモバイル機器を持ち歩く筆者。いちいち同じ情報を色んな端末に入れていくのは非常に面倒ですし、キャリア(端末)にひも付いているメールを利用していますと、「あれ、あのメールどの端末だっけ?」となり、ストレスばっかりかかっていきます。
ですので、アドレス帳、メール、カレンダーはGoogleで管理し、どの端末でも常に同じ情報を得られるようにしています。
またそれ以外のファイル等はevernoteで管理。
ちなみに、ソフトバンクのプリモバイル回線を入れているフィーチャーフォンも持ち歩いています。
これはGmailを自動転送させ、メール着信をリアルタイムで確認する用の端末として利用しています。

で、現在最も使っているスマートフォン、「HTC Desire X06HT」。これが私が2010年イチオシのモデルになります。
23a8af11.jpg


なお、私が過去より利用したスマートフォンは以下の通り。思い出しながら書いてみます。

Nokia S60系
「702NK Nokia6630」「702NKII Nokia6680」「705NK Nokia N73」「X02NK Nokia N95」

WindowsMobile
「W-ZERO3 WS003SH」「W-ZERO3[es] WS007SH」「Advanced/W-ZERO3[es] WS011SH」「WILLCOM 03 WS020SH」「X01HT」「X01T」「X01SC」「SC-01B」「IS02」

iOS
「iPhone 3G」「iPad Wi-Fi」「iPod Touch 4th」

Android
「HTC Desire X06HT」「Xperia SO-01B」「IS03」「DELL Streak 001DL」「libero 003Z」「HTC Desire HD 001HT」「IS01」

うーん、我ながらスマートフォンだらけ。。(一部スマートフォンじゃないのも混ざっていますが…)
個人的なお気に入りはアドエスですが、2010年というくくりではどうしてもDesireに軍杯があがるでしょう。

では、ここまで利用してどうしてHTC Desireなのか。ですよね。

・コンパクトな本体
4インチ以上のタッチパネルスマートフォンがたくさんある時代に、やや小ぶりな3.7インチディスプレイは非常に手にマッチします。そのマッチ具合は、過去にスマートフォンの感動を与えてくれた702NKを彷彿とさせます。

・サクサクな動作
海外モデル(台湾製)ということもあり、おサイフケータイやワンセグ、赤外線等は搭載されていません。ですが、非常にサクサクとした快適な動作が魅力のモデルに仕上がっています。
現在の冬モデルスマートフォンの中でも、DesireHDやDELL Streak、GALAXYに並ぶ快適動作なのでありがたいものです。

・ちょっと前のモデルだけれどもAndroid2.2
発売当初はAndroid2.1だったのですが、秋にバージョンアップしてAndroid2.2となりました。
おかげさまでFlash10.1や快適動作の恩恵を受けております。
このモデルの唯一の弱点であった本体保存容量の少なさも、アプリを外部メモリにインストールできる事になったおかげである程度解決してきました。

と、このような感じです。
同じ事を書いてしまいますが、私の考えるスマートフォンとは、どこでも同じ情報にアクセスできて、なおかつ共有できる端末であることです。Googleやevernoteといったクラウドへのアクセスが快適なモデルですね。
できればどれか1つの端末に情報を入れれば全部に自動反映される…これが理想型だったりします。ですので、AndroidやiOSはスマートフォンとして非常に優秀だと感じますし、便利です。
さらにプラス通話では、Nokiaだったりしますがw
3bfbfb49.jpg

(何気によく利用しているNokia端末)

しかし、iPod Touch や iPadはそもそもスマートフォンじゃないし、XperiaやIS01、IS03は動作が遅いしなぁ。という事で、個人的スマートフォン2010はHTC Desireになったりします。

それにしても2010年一番びっくりだったのはAndroidの台頭です。
上半期までは正直、iPhone王国が続いていくと思っていましたし、XperiaやDesire、IS01ではiPhoneに対抗するのは無理だと思っていました。
しかしながら、秋冬モデルでGALAXY、IS03、LYNX 3D、REGZA Phone、GALAPAGOSと、非常に強力なAndroid端末が投入されてきました。
マニア受けするような、DELL StreakやHTC Desire HDも非常に面白いですし。

世間一般ではもう少しiPhoneが比率が高いのかなぁとは思いますが、来年半ば頃にはiOSとAndroidは逆転するのではないかと思います。
そして、さらにもう少し先の未来には、購入比率でスマートフォンがフィーチャーフォンを抜いていくのでしょう。
スマートフォンのらくらくホンが登場するのも遠い将来では無いのかと思います。

以上、2010年のスマートフォンを振り返りつつ、一押しスマートフォンを紹介してみました。

ちなみにスマートフォンというくくり以外で最も利用している端末は…
538f945b.jpg

PocketWi-Fi(D25HW)だったりします(笑)これにiPod Touch 4thの組み合わせは本当に相性が良い!

2011年は…PSP Phone(Xperia Play)に興味津々!



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter