926dbe4d.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

富士通研究所は26日、既存の携帯電話やスマートフォンなどのカメラ付き端末で3D映像を撮影できる技術を開発したと発表しています。

小型で安価なアタッチメントを既存の携帯電話やスマートフォンのカメラの前に取り付け、撮影した映像をクラウドで3D映像へ変換処理することで3D映像の撮影を可能にする技術です。

アタッチメントさえ入手すれば、3D非対応の機器にて3D映像の撮影が可能となります。

02


本技術の詳細は、2012年6月4日(月)から米国・ハリスバーグで開催される国際会議「IEEE ISCE (International Symposium on Consumer Electronics)」にて発表される予定です。



ゼロから始めるスマートフォン
富士通研究所、普通のスマホやケータイで3D撮影を可能にする技術を開発 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
既存の携帯電話やスマートフォンで簡単に3D映像撮影を可能にする技術を開発 : 富士通