auスマートパスのiPhone修理代金負担がAppleCare+値上げにあわせ増額!

KDDIと沖縄セルラーは20日、Apple(アップル)製スマートフォン「iPhone」が故障したときに修理代金を補助する「auスマートパス」会員向けサービスを2013年9月20日(金)から拡充するとお知らせしています。

今回拡充するのは、Appleのサポートサービス「AppleCare+」が値上げされるために実施されることになったとのこと。

今春からauスマートパス会員に対しては、KDDIおよび沖縄セルラーがiPhone故障時の料金を補助し、ユーザーが追加費用を負担しない形になっていたが、今回、AppleCare+の値上げにあわせて、auスマートパス側のサポート額もアップすることになります。

対象者は、AppleCare+が値上げされた9月11日以降にauスマートパスへ加入したiPhoneユーザーで、値上げしたAppleCare+加入者が対象となります。対象ユーザーは、9月20日以降、修理代金の補助額が1回当たり最大7,800円(従来は1回当たり最大4,400円)に拡大します。

au向けiPhoneで利用できるAppleCare+は、従来、月額366円でしたが、9月11日以降、月額408円(初回416円、総額9,800円)に値上げされていました。

修理代金の上限額も従来までの4,400円から、7,800円に引き上げられています。なお、AppleCare+を用いた修理は2年間に2回まで利用できます。つまり、これまで通り、修理時に追加費用を負担しない形となっています。

なお、iPadおよびiPad mini、9月10日以前までに契約したiPhoneでは、AppleCare+の修理代が変更されていないため、補助額も従来通り、1回4,400円となっています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
auスマートパス