ブレイクビーツだけじゃない!「Abu Dhabi」の楽しさ

すでに紹介したようにiPad用のモバイルシンセサイザースタジオ「KORG Gadget」がVersion 1.0.3(コードネーム「Santa Clara」)にアップデートされた。そこで追加されたのが2つのガジェット「Dynamic Loop Slicer『Abu Dhabi』」と「Lightning Sample Player『Bilbao』」だ。KORG Gadgetのアプリ内課金でそれぞれ購入できる。

これまでシンセサイザーやプリセットサンプラー系の音源を主としてきたKORG Gadgetだが、新たにサンプラー系の音源が加わったことで音作りの幅がグンと広がった。

そこで、今回はループ系のサンプラーであるAbu Dhabiを紹介していく。

a01

Abu Dhabiは、オーディオサンプルをスライス(分割)してシーケンスを再構築するガジェットだ。1つのサンプルを16分割するというルールなので、1小節分のループサンプルだけではなくビートを持たないごく普通のオーディオサンプルをインポートしてスライスすることもできる。
a02
このようにシーケンスを組めばもとのサンプル通りに再生される


プリセットにはブレイクビーツやシーケンスフレーズ、ボイスなど様々なループサンプルが用意されており、シーケンサー画面を直感的にタッチしていくだけで新しいビートが再構築できる。


Abu Dhabiの特徴はサンプルのスライスだけではない。アルペジェーターによるビートの再構築が可能で反復によるビートの構築がより簡単に行える。コードを弾くようにシーケンスを組むだけで新しいビートが生み出されるのは面白い。
a03
MIDIコントローラーで操作するとアルペジェーターの効果がわかりやすい


スライスしたサンプルはピッチやアタック、ディケイ、リバースなどをリアルタイムにコントロールできるほか、エフェクターもスライスごとにオンオフが可能だ。
a04
スライスごとのパンも、タッチパネルをなぞるだけで指定出来る



a06
エフェクターはKaoss pad風。特定のスライスだけにエフェクトを掛けることも可能だ



Abu Dhabiは、KORG Gadgetで作成したフレーズをオーディオコピーで取り込んでの再構築や、他のアプリのオーディオコピーのインポートも可能なのでKORG Gadgetのサウンドの幅が大きく広がるガジェットだ。
a05
iVOCALOIDで「うた」を作って取り込むこともできる



a07
マーカーを調整することでフレーズの発音タイミングを自在に変更できる


記事執筆:mi2_303


[Image] QRコードアプリ名:KORG Gadget
価格:¥3,900
カテゴリ:ミュージック
開発者:KORG INC.
バージョン:1.0.3
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id791077159?mt=8

btn_itunes




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
【これは絶対入れてみたい!エスマックスがオススメする「iPhoneアプリ」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
iPhoneアプリ - S-MAX - ライブドアブログ