ソフトバンクがシナジー第2弾で「アメリカ放題」を発表!

ソフトバンクモバイルは17日、新サービスに関する記者説明会を開催し、買収したSprint(スプリント)とのシナジー第2弾となるアメリカ(米国本土およびハワイなど)と日本の通話や通信などが使い放題になる「アメリカ放題」を発表しています。

ただし、最初は3Gのみ、10月終わりから11月はじめにはLTE対応になる予定。対応機種はiPhone 6およびiPhone 6 Plusのみ。

ホワイトプランやデータ定額パック2GBの場合は将来的に有料(月額980円)になるもののキャンペーンで無料、パケット定額パック5GB以上の場合にはずっと無料で利用できるとのこと。

アメリカ放題はSprintのネットワークならアメリカ本土やハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で、日本にいる時と同等の料金で気軽にモバイルコミュニケーションが利用できるサービスです。

アメリカ放題の開始を記念して、サービス利用料無料で本サービスを利用できるキャンペーンを実施します(終了日未定。決まり次第、別途案内予定)。

Sprintのネットワークでの国際ローミング開始にあわせて、Sprintとのグループシナジーを最大限生かし実現するものです。なお、W-CDMA事業者がCDMAネットワークで国際ローミングを行うのは世界初となります。

将来的には他機種でも対応するように検討はしてきたい。スプリントのネットワークをより快適に利用してもらいたいため、TD-LTEに対応しているiPhone 6およびiPhone 6 Plusのみになっているとのこと。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
米国で通話・ネットし放題! 「アメリカ放題」開始 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク