Google I/O 2015はもうすぐ!

既報通り、Google(グーグル)が開発者向けイベント「Google I/O 2015」をアメリカ・サンフランシスコにて2015年5月28日(木)から29日(金)の2日間に渡って開催します。

基調講演はこの後日本時間5月29日1時半(現地時間5月28日9時半)からで、Google I/O 2015の公式Webサイトや公式アプリ「Google I/O 2015」( https://events.google.com/io2015/ )にてインターネットによるライブストリーミング中継も行われます。また、サイトやアプリではイベントを通したスケジュール・アジェンダなども確認可能。

IMGP3447

公開当初は9TO5Googleによれば現在のスマートフォン(スマホ)など向け最新プラットフォーム「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」のプレビュー版だった「Android L」に続く、「Android M」(あるいはAndroid Lのときと同様に「M Developer Preview」)の文字も記載されていたとのことで、発表される可能性が高いと見られています。

Android Mはこれまででは指紋認証の標準対応、Google NowのAPI公開、スマートウォッチなどのウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」のiPhone対応などが挙げられており、イベントではその他にもGoogle+から写真機能が独立したり、IoT向けプラットフォーム「Android Brillo」の発表、Android Autoやスマートホームなどの新機能が発表されると予想されています。

また、デバイスでも新しい「Nexus」シリーズが発表される可能性もあり、5.2インチのLG Electronic製と5.7インチのHuawei Technologies製の「Nexus 5」と「Nexus 6」の後継機種とも見られる機種がラインナップされるのではないかと噂されています。

なお、現時点ではAndroid Mの開発コード名はAOSPにおいて「Macadamia Nut Cookie(MNC)」(マカデミアナッツクッキー)と呼ばれており、ブランチ名として「mnc-dev」が使われていることが多いということです。

ただし、Android LのときにはGoogle I/O 2014の時点では開発コード名は発表されず、その後のAndroid 5.0の正式リリース時に発表されていたため、今回もそのようになる可能性は高いかと思われます。

Android for Work Update
Android M is bringing the power of Android to all kinds of workplaces. This opens huge new markets for hundreds of millions of devices to workers at small business, deskless workers, logistics and warehousing jobs; all be empowered by adoption of Android devices at Work (Note: This Sandbox talk will be offered twice throughout the event. Check the schedule to confirm timings.)


記事執筆:memn0ck


[Image] QRコードアプリ名:Google I/O 2015
価格:無料
カテゴリ: 書籍&文献
開発者:Google Inc.
バージョン:3.3.3
ANDROID 要件:4.0以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.samples.apps.iosched

btn_android




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Google I/O 2015
Google updates I/O 2015 website w/ full session schedule, countdown (Updated) | 9to5Google