6c3fcff1.jpg
ブラウザ対応のスマホならなんでもOKなデジタルスタンプソリューション

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2015年7月1(水)~4日(土)までの4日間に渡って電子書籍を含むあらゆる本や書籍などの出版物全般を扱う国内最大の展示会「第22回 東京国際ブックフェア(TIBF2015)」が開催されています。併催イベントは第19回電子出版EXPOやコンテンツ東京2015、第4回 クリエイターEXPO、第3回 プロダクションEXPO、第3回 制作、配信 ソリューション展、第5回 キャラクター&ブランド ライセンス展、第1回コンテンツマーケティングEXPO、第1回先端コンテンツ技術展。

今回の記事では、第1回コンテンツマーケティングEXPOエリアのIMJブースにて展示されていた、スマートフォンのブラウザ上で動作するデジタルスタンプソリューション「HiTAP」がを紹介します。


ブラウザ動作で端末を選ばないのが強み
「HiTAP」はスマートフォンの内蔵ブラウザで動作するデジタルスタンプです。実際のスタンプ同様に専用のスタンプを画面に押すことで、画面にイラストやハンコが捺されます。
0102
「HiTAP」の概要

ブラウザ上で動作するため、スマートフォンの種類を選ばずに利用が可能であることが利点で、説明員によると「4点マルチタッチ以上に対応したスマートフォンなら大丈夫」ということです。

また、スマートフォン用ということだそうですが、どういったスマートフォンであるかの判別方法をしているかを訊いたところ、「電話機能の有無で判別している」とそうです。ということは、一部のNTTドコモ向けの通話対応タブレットは利用できることになるのでしょうか。

このソリューションのポイントとしては、スマートフォンをスタンプカードにすることで、提供側が導線を設けたり、立ち寄った場所の人数を把握するデータ収集の側面もあるそうです。


一工夫されている特製のスタンプ
スマートフォンの画面に直接捺すスタンプの裏側は静電タッチに反応する突起になっており、登録した画像がこの突起の位置のパターンで判別され捺印されます。
03
4か所の突起の位置によって表示される画像を判別している

0405
例えば、スーパーならスタンプカードでクーポンを発行、といったことも可能


この「HiTAP」は既に実用化されており、これまでにJAL沖縄のスタンプラリーキャンペーンやとちぎテレビのアニメフェスタなどで採用されているそうです。
06
筆者も「まろに☆え~る」のスタンプ欲しかったな…


スマートフォンであればほとんどの端末に対応可能というデジタルスタンプ「HiTAP」、ユーザーの「アプリなどをインストールすることなく手軽に参加可能」という敷居の低さを武器に色々な場所やイベントで見かけることがあるかもしれませんね。


記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
第1回 コンテンツマーケティングEXPO
IMJ Group / 株式会社アイ・エム・ジェイ
HiTAP | スマートフォンに押せるハンコソリューション