docomo 5G対応ルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」が登場!価格は68,904円に

NTTドコモは18日、オンラインにて「NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会 2020 docomo collection」を開催し、5GやWi-Fi 6、有線LANに対応したモバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」(シャープ製)を発表しています。

今年2月にシャープが発表した「5Gモバイルルーター」のNTTドコモ版で、日本国内では初の5G対応モバイルルーターとなり、5G NR方式における「Sub6」(6GHz未満の周波数帯)および「ミリ波(mmWave)」(28GHz帯などの高周波数帯)の両方に対応しています。

これにより、NTTドコモにおける携帯電話ネットワークでは5Gにて下り最大4.1Gbpsおよび上り最大480Mbps、4Gにて下り最大1.7Gbpsおよび上り最大131.3Mbpsに対応します。なお、5Gの最大速度は発売後のソフトウェア更新によって2020年6月以降に対応し、それまでは下り最大3.4Gbpsおよび上り最大182Mbpsとなるとのこと。

発売時期は2020年5月下旬以降を予定し、価格(税込)は直営店では本体価格が68,904円を見込んでいるとのこと。販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。なお、ドコモオンラインショップやドコモショップなどでは事前予約は実施されないということです。

sh52a_05

Wi-Fi STATION SH-52AはNTTドコモのモバイルルーター「Wi-Fi STAION」シリーズの最新機種で、初の5G対応モデルです。5G NR方式におけるSub6とミリ波の両方に対応し、指向性の強いミリ波の受信感度を高めるために方向の異なる3つのアンテナを搭載しています。

NTTドコモではSub6では3.7GHz帯のn77(3.6〜3.7GHz)および4.5GHz帯のn79(4.5〜4.6GHz)、ミリ波では28GHz帯のn257(27.4~27.8GHz)で5Gを展開し、サービス開始の3月末時点では全国150箇所で下り最大3.4Gbpsおよび上り最大182Mbpsの高速データ通信サービスを提供します。

その後、2020年6月末には47都道府県の「東京2020オリンピック」の主要施設で提供し、今夏には下り最大4.1Gbpsおよび上り最大480Mbpsを提供開始予定で、さらに2021年3月末に全政令指定都市を含む500都市、2021年6月末に1万基地局、2020年3月末に2万基地局を設置する計画です。

また無線LAN(Wi-Fi)においても新規格のWi-Fi 6による上下最大1.2Gbpsに対応し、タブレットやパソコン(PC)などを最大18台(Wi-Fi:16台、有線LAN:1台、USB:1台)まで同時接続できる上、複数の端末を接続した時でも高速かつ安定的な通信ができるとのこと。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(2.4および5.xGHz)をサポート。

Wi-Fiは新規格のWPA3に対応し、プライバシーセパレーターやステルスSSIDなどにも対応し、セキュリティーポリシーに柔軟に対応でき、IT管理者が複数の接続製品を一括で管理できるとのこと。サイズは約84×157×16mm、質量は約280g(暫定値)、本体カラーはBlackの1色のみ。

また本体に高速な2.5GBASE-T(IEEE802.3b2準拠)の有線LAN端子やUSB Type-C端子(USB 3.0)を搭載し、Wi-Fiと有線(2.5GBASE-T LANまたはUSB 3.0)の同時利用もできるため、利用シーンや接続機種に応じた接続方法を適宜選べるとしています。

sh52a_02

sh52a_03

正面にはタッチ操作に対応した約2.4インチQVGA(320×240ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載。バッテリー容量は約4000mAh。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが1つ。なお、4G(LTE方式)や3G(W-CDMA方式)には対応するものの、2G(GSM方式)には非対応。

熱源を分散して効率的に配置した分散レイアウト設計や熱エネルギーを効率的に拡散させる内部金属キャビネット、本体側面に搭載された放熱対策用の通気口などによるパフォーマンスを重視した放熱設計がされているという。チップセット(SoC)はQualcomm製「Snapdragon X55 5G modem-RF system」を搭載。

sh52a_04


機種名Wi-Fi STATION SH-52A
サイズ[高さ×幅×厚さ:mm]約84×157×16mm
質量[g]約280g(暫定値)
バッテリー容量(定格容量)4000mAh
通信5G(受信時最大速度/送信時最大速度)4.1Gbps/480Mbps
4G LTE
(受信時最大速度/送信時最大速度)
1.7Gbps/131.3Mbps
FOMA
(受信時最大速度/送信時最大速度)
14.4Mbps/5.7Mbps
無線LANIEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LANIEEE802.3bz(2.5GBASE-T)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
インターフェイスUSB Type-C
国際ローミング「WORLD WING」○(LTE/3G)
同時接続台数18台(Wi-Fi:16、有線LAN:1、USB:1)
かんたん接続機能WPS、QRコード接続
LTE連続待受時間(静止時[自動])未定
連続通信時間(PREMIUM 4G/LTE/3G:時間)未定
カラーBlack
メーカーシャープ




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
エスマックス(S-MAX)
報道発表資料 : ドコモ初の5G対応8機種を含む新商品13機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
5G Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION」<SH-52A>をNTTドコモより発売|ニュースリリース:シャープ
Wi-Fi STATION SH-52A | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ
Wi-Fi STATION SH-52A docomoの特長|AQUOS:シャープ