NTTドコモが紛失などによる請求書などの再発行も手数料がかかるように!

NTTドコモは8日、新たに請求書などの再発行にかかる手数料についても2021年4月請求分以降に有料化するとお知らせしています。再発行手数料は対象の料金プランを契約している場合には100〜150円/通、それ以外の場合には50〜100円/通で、発行手数料は発行月の翌月に請求するということです。

なお、以下のハーティ割引どの対象サービスを契約している場合やドコモ光(ペア回線なし)を契約している場合、ドコモ光(ペア回線あり)を契約していてペア回線とドコモ光を別請求とする場合、NTTドコモが提供するISPサービス(spモード、iモード、mopera U、ブラックベリーインターネットサービス)を契約していない場合、NTTファイナンスの「おまとめ請求」を利用中の場合、NTTドコモの都合で発行する請求書などについては再発行手数料の負担対象外となります。

ハーティ割引、点字請求案内、ご利用料金管理サービス、デバイスプラス300、デバイスプラス500、キッズケータイプラス、キッズケータイプラン、キッズケータイプラン2、docomo Wi-Fi月額プラン、docomo Wi-Fi日額プラン、お便りフォトプラン、お便りフォトプラン フラット、お便りフォトプラン フル、ドライブネットプラン、ドライブネットプラン フル、LTEユビキタスプランS、LTEユビキタスプランM、LTEユビキタスフラット、LTEユビキタスプランS(高速オプション)、LTEユビキタスプランM(高速オプション)、FOMAユビキタスプランS、FOMAユビキタスプランM、定額ユビキタスプラン、トランシーバプラン、位置情報専用プラン、IoTプラン、IoTプランHS、LPWAプランSS、LPWAプランS。

02

同社では2015年2月請求分以降から毎月の携帯電話利用料金において「請求書」および「口座振替のご案内」、「ご利用料金のご案内」などの発行時に発行手数料を有料化していました。

一方でそれ以降もこれまでは紛失や入金の確認が取れないなどの理由による請求書などの再発行は無償で提供してきましたが、今回、さらなるペーパーレス化促進の観点から再発行についても有料化することになったということです。再発行にかかる手数料は以下の通り。

請求書等再発行の対象およびその金額
対象請求当たりの発行手数料
料金プラン(ギガホなど)の契約なし料金プラン(ギガホなど)の契約あり
紛失などによる再発行請求書100円150円
口座振替の案内50円100円
利用料金の案内50円100円
残高不足等によって口座振替ができなかった場合の請求書発行100円150円
クレジットカード支払いができなかった場合の請求書発行100円150円
※ 5Gギガホプレミア、5Gはじめてスマホ、ギガホプレミア、はじめてスマホ、ahamo、5Gギガホ、5Gギガライト、5Gデータプラス、ギガホ2、ギガライト2、ケータイプラン2、データプラス2、ギガホ、ギガライト、ケータイプラン、データプラス



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ドコモからのお知らせ : 請求書等再発行にかかる発行手数料の有料化について | お知らせ | NTTドコモ