210728_soundcore_LifeQ35_01_2400
Anker史上、最高音質の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」が発売!

アンカー・ジャパンは4日、同社が展開するオーディオブランド「Soundcore(サウンドコア)」の新しい完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro(サウンドコア リバティ スリー プロ)」(以下、Liberty 3 Pro)を2021年11月4日(木)10時に発売すると発表した。

すでにAnker Japan公式サイト( https://www.ankerjapan.com/ )や大手Webストア「Amazon.co.jp」および「楽天市場」といったECサイトで販売を開始しているほか、⼀部家電量販店などで取り扱われる。価格(金額すべて税込)はオープンながらAnker Japan公式サイトなどでは19,800円となっている。

なお、Amazon.co.jpでは初回セールとして今回ラインナップされている本体カラー「ミッドナイトブラック」と「クラウドホワイト」の2色合わせて3000個限定で、本倍価格の20%分をAmazonポイントで還元する発売記念キャンペーンが実施されている。

211104_Liberty3Pro_02_960
ハイレゾ再生および独自のウルトラノイズキャンセリング 2.0に対応

Liberty 3 Proは、「Soundcore Liberty 2 Pro」「【第2世代】Soundcore Liberty 2 Pro」の後継モデルで、Soundcoreの完全ワイヤレスイヤホンでは上位モデルに位置付けられている製品。

もっとも大きな特長は、ワイヤレス環境でハイレゾ音源が楽しむことができるコーデック「LDAC(エルダック)」および、Anker独自のアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能である「ウルトラノイズキャンセリング」の2.0に対応している点だ。

211104_Liberty3Pro_03_1200
LDACと独自のドライバやノイキャンを搭載

今年の7月以降に発売された【第2世代】Soundcore Liberty 2 Proで対応したLDACは引き続き対応しつつ、バランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した独自の「同軸音響構造 (A.C.A.A) 」および、ウルトラノイズキャンセリング機能をそれぞれ2.0にバージョンアップしている。

A.C.A.A 2.0は、モジュール設計を再構築することで従来のA.C.A.Aと比較して30%の小型化を実現しており、これによって本体サイズの小型化を可能にしている。

ウルトラノイズキャンセリングモード 2.0は、Soundcoreアプリでの⼿動切り替えの必要がなく外部環境を認識して⾃動で切り替わる仕様に進化した。また、「風切り音を低減」にも対応しており、ノイズキャンセリングの自動および手動のモード選択や、風切り音低減のON/OFFはSoundcoreアプリで選択できる。

211104_Liberty3Pro_05_960
SoundcoreアプリのHearID画面

あらかじめ聴覚テストを実施して自分だけのHearing Profileを⾃動作成して⾳のバランス調整が可能な「HearID(ヒアアイディ)」においても、ANCテストで耳の形を計測して最適なノイズキャンセリングフィルターを適用する機能も追加された。

なお、前述のウルトラノイズキャンセリングモード 2.0を活用する場合は、このHearIDのテストをあらかじめ実施しておく必要がある。

211104_Liberty3Pro_04_960
通話時のノイズリダクションやマルチポイント、長時間利用など

ウルトラノイズキャンセリングとは別に、通話時のノイズリダクション機能にも対応している。片方に3つ、左右両方で6つのマイクを搭載し、自身の音声を通話相手に大きくクリアに届けることが可能。テレワークやWeb会議などでも活用できる。

また、周囲の音が聞き取りやすい「外音取り込み」モードにも対応。外音取り込みも「全ての外音」を取り込むモードと、音声を強調して取り込む「音声フォーカス」モードの2種類が選択できる。

利用可能時間はイヤホン単体で約8時間、イヤホンと充電ケースを併用した場合で最大32時間の長時間再生が可能な他、約15分の充電でおよそ3時間の再生が可能な「時短充電」にも対応する。充電方法は、USB Type-Cケーブルとワイヤレス充電が可能。

211104_Liberty3Pro_06_970
タップ操作一覧

もちろんイヤホン本体をタップして各種操作することも可能で、Soundcoreアプリを使ってタップ操作の割り当てを変更することもできる。

本体のカラーバリエーションは「ミッドナイトブラック 」と「クラウドホワイト」の2色が先行して発売され、11月下旬には「アイスブルー」「ライトパープル」の2色が追加で発売される予定。


【Liberty 3 Proの主な仕様】
製品名Soundcore Liberty 3 Pro
重量約59g
ドライバー構造A.C.A.A 2.0
BluetoothVer.5.2
対応コーデックSBC/AAC/LDAC
ANCウルトラノイズキャンセリング 2.0
ノイズキャンセリング最適化自動/手動
外音取り込み全部/音声フォーカス
パーソナライズ対応
(HearID機能)
イコライザー/ノイズキャンセリング
充電方法USB Type-C
ワイヤレス充電
充電時間USB Type-C:約2時間
ワイヤレス充電:約3.5時間
再生可能時間・通常モード…最大8時間(イヤホン単体)、最⼤32時間(充電ケース併用)
・ウルトラノイズキャンセリングモード……最大6時間(イヤホン単体)、最⼤24時間(充電ケース併用)
※LDAC使用時は上記よりも再生時間が短くなる
アプリ対応Soundcoreアプリ
防水性能IPX4
カラーバリエーション11月4日から
・ミッドナイトブラック
・クラウドホワイト
11月下旬予定
・アイスブルー
・ライトパープル
その他ハイレゾ、マルチポイント接続
パッケージ内容Soundcore Liberty 3 Pro、イヤーチップ(4種類)、イヤーウィング(4種類)、充電ケース、USB-C&USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル
発売日時2021年11月4日(木)10時
販売価格19,800 円









[Image] QRコードアプリ名:Soundcore
価格:無料
カテゴリー:
開発者:
バージョン:2.8.4
Android 要件:5.0以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.oceanwing.soundcore

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:Soundcore
価格:無料
カテゴリー:ミュージック
開発者:Power Mobile Life LLC
バージョン:2.8.4
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1331876603?mt=8

btn_itunes






■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Anker 関連記事一覧 - S-MAX
Soundcore 関連記事一覧 - S-MAX
Ankerのオーディオブランド「Soundcore」の新製品を写真と動画で紹介!エントリーからLDAC対応のハイエンドまでラインナップ【レポート】
Anker (アンカー) Japan公式サイト