KDDIがStarlinkを建設中の高層施工フロアの通信環境構築に活用!

KDDIは24日、清水建設とともに清水建設が施工する都内の超高層ビルの建設現場において衛星通信サービス「Starlink」を用いた「携帯電話圏外の高層施工フロアにおける通信環境整備に関する実証」を2023年8月から10月にかけて実施したと発表しています。

建設中の高層施工フロアは携帯電話の電波が届きにくく、建築の階層が上がるごとに光ファイバーなどでのネットワーク構築が必要になるため、これまではコストがかかるなどしていましたが、Starlinkをタワークレーンのガイサポートに設置することによって通信環境の構築が可能であることを確認したということです。

02

超高層ビルの建築現場における高層施工フロアは地上からの携帯電話の電波が届きにくくなるため、光ファイバーなどの固定回線を敷設して通信環境を個別に構築する必要があり、地上階から固定回線を敷設するため、建築が進むにつれて階層が上がるたびに施工階とその下階をカバーできるよう都度ネットワークを再構築する必要となり、多大なコストと稼働がかかっていました。

そうしたことから今回、KDDIと清水建設では携帯電話圏外の高層施工フロアにおける通信環境整備に関する実証を行い、KDDIが提供する「Starlink Business」を清水建設が施工する超高層ビル建設現場の最上層に位置するタワークレーン上部に設置し、Starlinkの衛星通信を活用した通信環境の構築およびタワークレーンの旋回時や豪雨・強風などの悪天候時の通信への影響や品質検証を行ったということです。

その結果、Starlinkのアンテナをビルの最上層に位置するタワークレーンのガイサポートに設置することによってクレーン旋回の影響を受けることなく、通信環境の構築が可能であることを確認したとのこと。また豪雨・強風などの悪天候時でも業務での利用中に通信が途切れることなく、安定して高速通信ができることを確認しました。

これにより、高層施工フロアからの映像伝送やオンライン会議などが従来よりも容易となり、業務効率化に寄与したとしています。同社では今後、この結果を踏まえて超高層ビル建設現場における通信環境整備へのStarlink活用や遠隔監視などIoTツールの活用による建設現場における課題解決に取り組んでいくとしています。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Starlink 関連記事一覧 - S-MAX
建設中の超高層ビルの通信環境をStarlinkで構築
KDDI株式会社――Tomorrow, Together