S-MAX

エリア

楽天モバイルが4Gのエリアマップを更新!福島県いわき市などが楽天回線対応。人口カバー率は12月時点で73.8%、申込数は11月時点で179万に


楽天モバイルが人口カバー率73.8%に!2021年3月時点で80%超えを計画

楽天モバイルは23日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において契約申込数が11月時点で179万に達したことを明らかにしています。同社では300万人までは1年間無料になる「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン」を実施しています。

また12月時点の日本全国における楽天回線の4Gの人口カバー率が73.8%となったとのこと。これまで10月時点では63.1%だとしていましたが、2ヶ月で10.7%も増加しています。なお、これらの申込数と人口カバー率は同日に総務省が開催した「デジタル変革時代の電波政策懇談会」にて示されました。

さらに同社は24日、公式Webサイトにて公開しているサービスエリア( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )を更新して新たに北海道旭川市・釧路市・帯広市および岩手県盛岡市、福島県いわき市、千葉県我孫子市、岐阜県各務原市、静岡県浜松市西区・函南町、愛知県豊橋市・刈谷市、京都府長岡京市・大山崎町、兵庫県播磨町、奈良県生駒市、山口県山陽小野田市、佐賀県佐賀市が楽天回線エリアに加わったとお知らせしています。

なお、エリアマップは12月17日付でも更新されており、このときには宮城県仙台市泉区および福島県郡山市、埼玉県北本市、石川県金沢市、静岡県静岡市葵区、愛知県東浦町が楽天回線エリアに追加されています。対応予定エリアについては12月3日付で更新された際の「2021年2月末」と「2021年春以降」で変更はありません。

続きを読む

auのエリアマップが11月15日時点に更新!Sub6とミリ波に加え、4G向け周波数帯の5Gへの転用エリア(今冬以降予定)が追加


au 5GエリアにSub6とミリ波に加えて4G向け周波数帯転用が追加!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」が使えるサービスエリアを地図上で確認できる「エリアマップ」( https://www13.info-mapping.com/au/map/index.aspx )を2020年11月15日時点に更新しています。新たに「5G(第5世代移動通信システム)」のSub6とミリ波(mmWave)に加え、Sub6とミリ波以外の周波数帯による5Gエリアが追加されています。

既報通り、auでは現在4Gで利用している周波数帯をエリア拡大のために5Gに順次転用していき、まずは3.5GHz帯(Band 42)を2020年12月中旬以降に5G NR方式で運用するとしており、この3.5GHz帯などの5Gエリアを確認できるようになっており、以前に確認できたSub6およびミリ波の今後の拡大予定エリアは非常されなくなっています。

なお、公開されているエリアマップでは5GのSub6およびミリ波の5Gエリアが11月15日時点、Sub6・ミリ波以外の5Gエリアが11月15日時点における今冬以降対応予定、4Gエリアが9月末時点となっており、Sub6が薄紫、ミリ波が薄ピンク、Sub6・ミリ波以外がベージュ、4Gが黄色で表示されています。

続きを読む

楽天モバイルが4Gのエリアマップを更新して山形県山形市などが楽天回線対応に!2021年2月末の拡大予定も案内。ヴィッセル神戸での5G活用も


楽天モバイルが4Gのエリアマップを更新!2021年2月末の拡大予定などを案内

楽天モバイルは3日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において楽天ヴィッセル神戸と共同で「5G(第5世代移動通信システム)」のミリ波(mmWave)を活用した新しい試合観戦体験の実証実験に成功したと発表しています。なお、楽天モバイルの5G商用網を活用した実証実験は初めて。

実証実験は日本プロサッカーリーグに加盟する「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」にて2020年11月15日(日)および11月18日(水)の両日に行なわれ、ミリ波を用いて「ARを用いた統計&リアルタイム追跡データ表示」および「ARを用いた多人数参加型ゲーム実施」、「試合開始前のマルチアングル映像による低遅延視聴」が実施されたとのこと。

また同社は3日、公式Webサイトにて公開しているサービスエリア( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )を更新して新たに山形県山形市や埼玉県宮代町・松伏町、岐阜県大垣市・関ケ原町、静岡県沼津市・磐田市・御前崎市・吉田町、愛知県一宮市・幸田町、三重県四日市・明和町、京都府城陽市、広島県府中町、福岡県直方市、大分県日田市が楽天回線エリアに加わったとお知らせしています。

さらにサービスエリアではこれまで「現在」に加えて表示できていた「2021年1月末」および「2012年春以降」の拡大予定エリアのうちの2021年1月末に代わって「2021年2月末」が追加しています。なお、同社では5年前倒しで基地局設定を進めることを明らかにしており、特に今冬より急ピッチでエリア拡大を実施しています。

続きを読む

山形新幹線(奥羽本線)の全トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンクの携帯電話が12月15日始発より利用可能に!新幹線の全区間がエリア化


山形新幹線の全区間におけるトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が運行する「山形新幹線」(奥羽本線)の「峠駅~大沢駅」間および「芦沢駅~舟形駅」間のトンネル内での携帯電話サービスの提供を2020年12月15日(火)始発から開始すると発表しています。これにより、山形新幹線については全区間のトンネル内で携帯電話サービスを利用できるようになります。

なお、UQ mobileやワイモバイル、各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能で、工事状況によっては開始日時は変わる可能性があるとのこと。また各社では共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、今後もサービスエリア拡大や品質向上ならびに利用者がより使いやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

楽天モバイルの4Gエリアの人口カバー率は10月時点で全国63.1%、東京都87.4%に!5年前倒しで2021年夏頃に全国人口カバー率96%めざす


楽天モバイルの10月時点での4G

楽天モバイルは18日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」(https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における4Gエリアの人口カバー率が2020年10月時点で日本全国で63.1%、東京都で87.4%となったことを明らかにしています。

東京都が同日開催した「第2回TOKYO Data Highwayサミット」に同社 代表取締役社長の山田善久氏が登壇して紹介されました。楽天モバイルではこれまで4Gの基地局開設計画を5年前倒しして2021年夏頃までで人口カバー率96%をエリア化する計画となっています。

なお、同イベントは議題「TOKYO Data Highwayの早期構築に向けて」として東京都知事の小池 百合子氏や副知事の宮坂 学氏が参加したほか、NTTドコモ 代表取締役社長の吉澤 和弘氏やKDDI 代表取締役社長の高橋 誠氏、ソフトバンク 代表取締役社長執行役員 兼 CEOの宮内 謙氏などがプレゼンテーションを行いました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。