S-MAX

メールアドレス

秋吉 健のArcaic Singularity:メールの呪縛を解き放て!総務省が提言するキャリアメール持ち運び案の意義と現状の問題について考える【コラム】


キャリアメールについて考えてみた!

筆者がキャリアメールを「捨てた」のはいつ頃だったでしょうか。Gmailアカウントを取得したのは2007年8月でした。iPhone 3Gを購入した2008年にはまだソフトバンクのキャリアメールを利用していました。他にもNTTドコモやKDDI、ウィルコム、さらには当時契約していたプロバイダー(ISP)のメールも使っており、大量にメールアドレスを管理していました。

しかし、現在はGmailのみです。厳密には他にもいくつかメールアドレスを持っていますが、オンラインサービスのアカウント取得専用で他人に教える目的では使用していません。またいずれも通信キャリアやプロバイダーに縛られないフリーメールサービスです。

10月に総務省がモバイルサービスの乗り換え促進の1つとしてキャリアメールの持ち運び(メール転送)を提言していましたが、いまさら感を感じざるを得ない一方、今やらなければ本当に手遅れになるという強い危機感もあります。

キャリアメール持ち運びは本当に必要なのでしょうか。そしてキャリアメール持ち運びを実現しなければならない理由とは一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はキャリアメール持ち運びの意義を紐解きつつ、現在のモバイル業界が抱える問題について考察します。

続きを読む

NTTドコモ、iOS 14・iPadOS 14以降にメールアプリでアドレスに「..」や「.@」が含まれる@docomo.ne.jpメールが送信できない事象を案内


RFC違反のメールアドレスがiOS 14・iPadOS 14では送信不可に!ドコモメールで注意・対策が案内

NTTドコモがiPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14」および「iPadOS 14」以降において「メール」アプリに設定したドコモメール(「@docomo.ne.jp」ドメイン)にて送信できなくなる事象を確認しているとお知らせしています。

原因は利用しているメールアドレス内に2連続のドット「..」が含まれていたり、アットマーク(@)の前にドット「.@」が含まれている場合にRFC違反となるためとしており、送信できなくなってしまった場合にはメールアドレスを変更するか、プロファイルの更新を実施する必要があるということです。

プロファイルの更新は「プロファイルの更新を行う」から行い、iOS 14・iPadOS 14未満の場合は利用する必要はなく、誤って更新を行ってしまった場合はこちらから再ダウンロードおよび更新を行うよう案内しています。

なお、プロファイルをiOS 14・iPadOS 14以降のものに更新した際には受信者が利用するメールアプリによっては通常「abc.@docomo.ne.jp」というメールアドレスの場合に「"abc."@docomo.ne.jp」と見える場合があるほか、相手の迷惑メールの設定によっては送信したメールが相手に届かない可能性があるとのこと。

またプロファイルのダウンロードはdアカウント利用設定が「利用する」に設定されている必要があり、プロファイルがダウンロードできない場合は無線LAN(Wi-Fi)をOFFにして「My docom」から「メール設定」→「メール設定(迷惑メール/SMS対策など)」→「dアカウント利用設定の確認/変更」にて「利用する」にします。

続きを読む

KDDI、auメールのドメインを「au.com」へ2018年以降に変更!利用中の「ezweb.ne.jp」を継続することも可能――2017年秋冬スマホ・タブレットに新しいauメールアプリも提供予定


auメールのドメインが「au.com」へ2018年4月以降に変更!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は8月22日、Eメールドメインを従来の「ezweb.ne.jp」からよりauブランドと統一性のある「au.com」へ2018年4月以降に変更すると発表しています。

具体的な提供開始日は確定後に改めて案内するとのこと。なお、現在、利用しているezweb.ne.jpドメインのメールアドレスは2018年4月以降も引き続き利用できるということです。

また2017年秋冬モデル以降のAndroidスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて「重要なEメールを簡単に見つけたい」や「自分にとって必要なEメールを整理して見たい」などの要望に応えるために「auメールアプリ」をリニューアルする予定としています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobileのPHSからのMNPでメールアドレスをそのまま使えるサービスを2月24日より提供!pdx.ne.jpやwillcom.com、y-mobile.ne.jpが対象


Y!mobileからSBMにメールアドレス移行が可能に

ソフトバンクモバイルは6日、ソフトバンクグループの「Y!mobile」(ワイモバイルおよびウィルコム沖縄)が提供しているPHSサービス(PHSとのデュアル対応含む)で使用しているメールアドレスを他社から乗り換え(MNP)でソフトバンクモバイルにしたときにそのまま利用できるサービスを2015年2月24日(火)より開始すると発表しています。

対象メールアドレスは「xxx@xx.pdx.ne.jp(xxx@pdx.ne.jp含む)」および「xxx@willcom.com」、「xxx@y-mobile.ne.jp」。なお、2月23日以前にY!mobileのPHSからMNPした場合も対象となる予定とのこと。

続きを読む

ウィルコム、メールアドレス変更機能の拡充!1日3回まで可能に


ウィルコムのメールアドレス変更機能が1日3回まで可能に!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は27日、同社のPHSなどサービス向けに提供されているメールサービスにおいて「2013年5月27日(月)からメールアドレス変更機能を拡充すると発表しています。

対象メールアドレスは、ドメイン名が「pdx.ne.jp」「**.pdx.ne.jp」「willcom.com」のもので、1日3回までメールアドレスの変更が可能になります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。