S-MAX

レノボ・ジャパン

レノボの最新ゲーミングスマホ「Lenovo Legion Phone Duel 2」が日本でも発売へ!技適を「L70081」が通過。5Gでも認証済み


最新ゲーミングスマホ「Lenovo Legion Phone Duel 2 L70081」が日本で発売へ向けて準備中!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo(以下、レノボ)が「Lenovo L70081」(認証番号:202-SMJ035)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年4月1日付けでCTC advancedによって取得しています。

L70081はすでにグローバル向けに発表されている最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Lenovo Legion Phone Duel 2」のメーカー型番であることが判明しており、新たにレノボからゲーミングスマホが発売されることになりそうです。なお、総務省が公開している認証情報では5Gでも通過しています。

これまでレノボでは日本市場において移動体通信事業者(MNO)ではNTTドコモやソフトバンクといったキャリア向けにタブレットやパソコンを中心に提供しており、スマホはSIMフリー市場にて「Lenovo Phab 2 Pro」といったやや特殊な製品のみを販売してきており、キャリアモデル向けとなるのかSIMフリーモデルとなるのか不明です。

現時点ではメーカー型番での技適の取得となっているため、SIMフリーモデルでの販売が可能性としては高そうですが、認証情報は後から変更することも可能ですし、レノボ傘下のMotorola Mobilityでは直近でソフトバンク向けフォルダブルスマホ「motorola razr 5G」も納入していることを含め、認証情報の内容を鑑みてソフトバンクからの販売の可能性も十分ありそうです。

続きを読む

レノボ・ジャパン、Snapdragon 8c搭載の14インチモバイルノートPC「Lenovo IdeaPad 4G」を発表!4月9日発売で、価格は10万9780円


Snapdragon 8c搭載の14インチモバイルノートPC「Lenovo IdeaPad 4G」が登場!

レノボ・ジャパンは6日、14.0インチディスプレイ&Windows 10 Home 64bit(日本語版)搭載の標準で高速4G LTE通信に対応したモバイルノートパソコン(PC)「Lenovo IdeaPad 4G」を発表しています。2021年4月9日(金)に発売され、価格は109,780円(税込)よりとなっています。

薄型軽量ボディーにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 8c」(最大2.45GHz×8コア)を搭載し、4G LTE方式や3G W-CDMA方式による携帯電話ネットワークを利用して場所を選ばずにインターネットの閲覧やメールの確認、クラウドなどが利用でき、省電力SoCなので最大約21時間の長時間バッテリー駆動を実現しています。

続きを読む

NTTドコモの8インチタブレット「dtab Compact d-42A」を写真と動画で紹介!キッズモードやシンプルメニューなど、家族で使える【レポート】


2年ぶりのdtab Compactの新機種をチェック!

既報通り、NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、4Gに対応した新製品として約8インチディスプレイを搭載した小型・軽量のAndroidタブレット「dtab Compact d-42A」(レノボ・ジャパン製)を発売すると発表した。

具体的な発売日は決まっておらず、発売時期として今冬とアナウンスされている。また、現状では価格も未定。公式Webストア「ドコモオンラインショップ」によると、現時点での事前予約開始日も未定となっている。

本記事では発表会同日にメディア向けに開催されたタッチ&トライ会場にてdtab Compact d-42Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

レノボのE-Inkと液晶のダブルディスプレイを搭載した10インチ2-in-1 Windows PC「Yoga Book C930」を写真と動画で紹介!電子書籍ビュアーにも快適に利用可能【レポート】


電子書籍ビュアーにもなる2-in-1 PC「Lenovo Yoga Book C930」を写真と動画でチェック!

レノボ・ジャパンが都内にてLenovo「Yoga」シリーズ新製品発表会イベント「Lenovo Tech Life'18 Tokyo」を10月4日に開催し、フラッグシップモバイルノートパソコン(PC)「Yoga C930」やウルトラスリムモバイルノートPC「Yoga C730」、Snapdragon 850を搭載した長時間バッテリー駆動のモバイルノートPC「Yoga C630」、E-Ink(電子ペーパー)と液晶のデュアルディスプレイを搭載したマルチモードモバイルPC「Yoga Book C930」(ともにLenovo製)を発表した。

発売時期および価格は、Yoga C930が11月上旬販売開始予定および179,800円、Yoga C730が1月上旬販売開始予定および139,800円、Yoga C630が2018年中発売予定および未定、Yoga Book C930がすでに10月12日より予約販売を開始しており、124,800円となっている(価格はすべて税別で最小構成のもの)。

中でもYoga Book C930は、2017年に発売したの2-in-1 PCの後継にあたるモデルである。なお、2017年版にはOSにWindowsを搭載した製品のほか、Android搭載もある。主な変更点はメインディスプレイとなる液晶画面が10.1インチから10.8インチに大型化し、解像度も1920×1080ドットから2560×1600ドットへアップしている。

また手書きペンに対応したタッチセンサー搭載のキーボード部分は、消費電力が低いE-Ink表示にすることでキーボードだけではなく、電子書籍ビュアーや手書きメモパッドとしても利用可能となった。

さらにCPUもIntel製「Atom」シリーズから「Core m3-7Y30」および低消費電力版の「Core i5-7Y54」となったことでパフォーマンスが向上している。一方で、価格は倍以上の12万円からとなったため、同価格帯の製品との比較も気になるところである。

今回はそんなYoga Book C930について発表会で紹介されたの特徴と会場の展示コーナーにて実際にタッチ&トライしてきた使用感を写真と動画を交えながら紹介していく。

続きを読む

レノボ・ジャパンが動き回れるVRヘッドセット「Mirage Solo」とお手軽3D VRカメラ「Mirage Camera」を発表!5月11日発売、価格は約5.5万円と約3.9万円【レポート】


面倒なセッティングいらずですぐにVRが楽しめるMirage Soloが便利!

レノボ・ジャパンは24日、都内にて「VR ヘッドセットおよびVRカメラ新製品発表会」を開催し、Googleが開発するVRプラットフォーム「Daydream」に対応したススタンドアロン型VRヘッドセット「Mirage Solo with Daydream」(以下、Mirage Solo)およびVR180や4Kに対応した2眼カメラ「Mirage Camera with Daydream」(以下、Mirage Camera)を2018年5月11日(金)に発売すると発表した。

販売価格はMirage Soloが税別51,200円(税込55,296円)、Mirage Cameraが税別35,800円(税込38,664円)。レノボ・ジャパンの公式Webストア「レノボ・ショッピング」および家電量販店などで予約販売を受付中だ。

Mirage Soloはスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)を必要としないスタンドアローン型で、装着するだけですぐにVR体験が楽しめると言うもの。内蔵センサーカメラで周囲を認識するGoogleのインサイドアウト式モーショントラッキング技術「World Sense」を採用し、前後左右移動やしゃがむ、ジャンプするなどの利用者の動きとなる6DoF(6Degrees of Freedom)を認識する。

一方のMirage CameraはGoogleのVR動画向けフォーマット「VR180」に対応し、2つのカメラで3Dの静止画および動画撮影を可能としている。最大解像度4K動画の撮影に対応し、YouTubeやMirage Soloなどで180度の3D VR映像を楽しむことができる。今回はこのレノボ・ジャパンのVR製品の取り組みや製品の使用感などを紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。