S-MAX

操作方法

ソースネクストのAIボイス筆談機「タブレットmimi」を開封から各種設定、アップデート、初期化などほぼすべての操作を試してみた【レビュー】


音声を見やすく文字表示してくれる「タブレットmimi」を試した!

既報通り、ソースネクストは同社が展開するAI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の技術を活用した新製品としてAIボイス筆談機「タブレットmimi(ミミ)」を12月4日に発売した。

タブレットmimiは話した声を画面に文字表示してくれるタブレットで、音声をクラウドのAI経由でテキストデータ化して画面に表示できる製品となる。そのため、通信機能を搭載しており、モバイル通信としての4G LTE(日本国内のau回線に接続/eSIMを内蔵)に加え、IEEE802.11a/b/g/n準拠(2.4GHz、5.2GHz、5.3GHz、5.6GHz)に対応した無線LAN(Wi-Fi)にも対応している。

購入する場合は4000台限定販売となっており、価格(金額はすべて税込)は34,980円(2年国内通信付き)で、ワイド延長保証サービス(個人用)が4,378円となっており、一方、レンタルする場合は月額3,278円(月単位で利用期間・解約は自由)となっている。

また法人の場合はレンタルのみで2021年9月末まで月額3,278円だが、初回前払い金として12,000円(非課税)が必要で、累計レンタル料金が12,000円に到達するまでは月々の支払いは発生しない。2021年10月以降は月額33,000円(仮)に変更予定。なお、法人用プランについては、即時申し込みは不可で問い合わせフォームから申し込むことになる。

そんなタブレットmimiについて今回ソースネクストから貸し出し機をお借りすることができたので、製品の概要をはじめ、開封から設定、アップデート、初期化などほとんどの操作をしてみたので、写真や動画を交えてレビューしていく。

続きを読む

せうの「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」珍道中:通信モードをWiMAXのみに固定する方法は?【ハウツー】

WiMAX 2+とWiMAXの手動切り替えはどうやるの?

今年もあと1週間を切りました。せうです。WiMAX 2+に対応したファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」(以下、HWD14)のある生活にも慣れてきました。

前回は、 華のお江戸 東京の日本橋でWiMAX 2+の実力を実感した訳です。しかし、初回に測定した我が自宅のように、WiMAX 2+エリアではあるものの、一部状況において従来のWiMAXのほうがパフォーマンスを発揮できる可能性もあります。

HWD14では、標準設定ではWiMAX 2+とWiMAXを自動切り替えする「ハイスピードモード」に設定されていますが、WiMAXでの通信に固定する「ノーリミットモード」も用意されています。この珍道中も、この切り替え機能を使ってWiMAX 2+とWiMAXの通信速度を比べている次第です。

が、これまで2回の記事を見た方から、「どうやって切り替えるのか教えて欲しい」との質問を受けました。そこで、今回は珍道中をお休みして、通信モードを切り替える方法を“まめちしき”として紹介します。

続きを読む

WiMAX 2+やau 4G LTEにも対応したUQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」をスマートフォンやPCとWi-Fi接続する方法【ハウツー】


WiMAX 2+に対応したルータを使ってみよう!

UQコミュニケーションズは、10月31日にTD-LTE方式に互換性がある「WiMAX Release 2.1」方式などに対応したデータ通信サービス「WiMAX 2+(ワイマックス・ツープラス)」のサービス提供を開始し、同時に同サービスに対応したファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(以下、HWD14)の発売を開始した。

前回は開封レポートをお届けしたが、今回は、このHWD14とスマートフォンをWi-Fiで接続して通信してみたので接続方法などを解説する。

続きを読む

20人くらいは余裕で1枚におさまる!ワンタッチの超絶簡単撮影!究極の自分撮りが可能な全天球カメラ「RICOH THETA」の操作方法と撮影した画像を写真と動画でチェック【レビュー】


画期的過ぎてヤバイ!

リコーイメージングが日本で11月8日(金)に発売した「RICOH THETA(リコー・シータ)」(以下、THETA)は、カメラ本体の周囲360度を1回のシャッターでいとも簡単に撮影できる全天球カメラだ。

リモコンのような縦長タイプのシンプルな本体に、独自開発の「超小型二眼屈曲光学系」を搭載し、上下を含む全天球イメージを撮影できるこれまでにない斬新かつ画期的で衝撃的な製品。

前回の開封レポートに続いて、今回は操作方法と実際にTHETAで撮影した画像を紹介する。

続きを読む

Wi-Fiや明るさ調整などをワンタップでON・OFFできる便利なトグルウィジェットアプリ「Swipe Settings Tool Control」【Androidアプリ】

a2c24f59.jpg
ステータスバー派?ウィジェット派?

Wi-FiやBluetooth、マナーモードなどをワンタップでON/OFFにすることができるウィジェットを使っている人も多いのではないでしょうか?

機種によってはステータスバーにいくつかの設定アイコンが表示されている物もありますが、使いたいアイコンがない・・・なんてこともありますよね。

ステータスバーよりもウィジェットの方が使いやすくて好き!という方も設定した機能以外に使いたい場合はウィジェットに表示させるアイコンを変更したりとちょっと面倒だったりします。

そこで、今回紹介するAndroid向けアプリ「Swipe Settings Tool Control」を紹介したいと思います!

ステータスバー表示はもちろん、ウィジェットにも対応!ウィジェットでは、アイコンを上下にスライドして他の機能を呼びだしてON/OFFにすることもできるちょっと賢いアプリになっています♪

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。