S-MAX

購入

AppleのM1チップ&ミニLED搭載の高性能タブレット「12.9インチiPad Pro(第5世代)」を購入!開封して外観や同梱品を紹介【レビュー】



既報通り、Appleや量販店、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクなどにて新しいタブレット「12.9インチiPad Pro(第5世代)」および「11インチiPad Pro(第3世代)」が日本を含む1次販売国・地域にて5月21日に発売されました。

NTTドコモおよびau(KDDI・沖縄セルラー電話)ではWi-Fi+Cellularモデルのみ、Appleや量販店、ソフトバンクなどではWi-Fi+CellularモデルとWi-Fiモデルが販売され、Appleなどが販売するWi-Fi+CellularモデルはSIMフリーモデルとなっています。

価格(金額はすべて税込)は12.9インチiPad Pro(第5世代)が129,800円から、11インチiPad Pro(第3世代)が94,800円からとなっており、各社における販売価格は『NTTドコモやau、SoftBankが新しいiPad Pro(12.9インチ第5世代と11インチ第3世代)の取り扱いを発表!4月30日21時に予約開始。価格も紹介 - S-MAX』をご参照ください。

なお、保証サービス「AppleCare+ for iPad」は12.9インチiPad Pro(第5世代)が18,480円(金額はすべて税込)、11インチiPad Pro(第3世代)が16,280円です。

今回はこのうちの12.9インチiPad Pro(第5世代)のWi-Fi+Cellularモデル(1TB・シルバー)をApple Storeにて購入しましたので開封して外観や同梱品、ベンチマークなどを紹介します。

続きを読む

Appleのスマートタグ「AirTag」とアクセサリー「ループ」を購入したので開封して設定してみた!これで忘れ物をしても大丈夫?【レビュー】


アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を購入!外観や設定方法などをチェック

既報通り、Appleが忘れ物防止タグ(以下、スマートタグ)「AirTag」を発表し、日本を含む1次販売国・地域にて4月30日に発売しました。価格(金額はすべて税込)は1パックが3,800円、4パックが12,800円で、Appleの公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)のほか、直営店や量販店およびECサイトなどにて販売されています。

またAirTagのアクセサリーとしてループ(3,800円)やレザーループ(5,500円)、レザーキーリング(4,500円)が発売され、さらにファッションブランド「Hermès」とコラボレーションした「AirTag Hermèsキーリング」(41,800円から)や「AirTag Hermèsバックチャーム」(35,800円から)、「AirTag Hermèsラゲッジタグ」(53,800円から)も販売されています。

筆者もAirTagとAirTagループを購入しましたので、今回はこれらを開封して実際に設定してみましたのでその模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

超小型3インチのFeliCa対応SIMフリースマホ「Unihertz Jelly 2」をファーストインプレッション!外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


ついにおサイフケータイに対応!SIMフリースマホ「Unihertz Jelly Pro」が届いた

既報通り、Unihertzが昨年年7月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの新モデル「Jelly 2」について日本向け製品の発送を1月6日より順次開始しました。

当初は香港から日本へまとめて運び、日本から一斉に発送することで一気に出荷する予定でしたが、税関などの問題で香港から日本へ何回かに分けて輸送するため、出資者への発送は出資順(バッカー番号順)となり、一部に出資者は少しお届けが遅くなるとしているものの、同社では1月中にすべての配送を終了するよう務めるとしています。

Jelly 2はクラウドファンディングによるリワード(返礼品)のため、現時点ではすでに資金募集を終了しており、これから新たにすぐに手に入れることはできませんが、同社では日本向け製品についても一般販売を予定しており、公式Webサイトに販売ページが掲載され、販売価格は219.99ドル(約23,000円)を予定しているようです。

そんなUnihertzの最新機種となるJelly 2を筆者もクラウドファンディングに出資し、発送の翌日1月7日に届きましたのでまずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真を交えながら紹介したいと思います。

続きを読む

6.7型大画面スマホ「iPhone 12 Pro Max」を購入したので開封して外観や同梱物などを紹介!スクエアデザインで存在感がさらに増加【レビュー】


iPhone 12 Pro Maxを開封レビュー!前機種「iPhone 11 Pro Max」とも比較

既報通り、Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」が11月13日に発売されました。これらの2機種はともに10月23日に発売された「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の派生モデルで、iPhone 12 miniがiPhone 12の小型機、iPhone 12 Pro MaxがiPhone 12 Proの大画面かつ高機能機となっています。

なお、日本では4機種ともAppleの直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)に加え、ヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式WebストアにてSIMフリーモデルが販売され、さらにNTTドコモおよびau、SoftBankにてキャリアモデルが販売されています。

これらのiPhone 12シリーズは昨年発売された「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」の後継機種で、iPhone 12 ProはiPhone 11 Pro、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Pro Maxから正常進化しているほか、iPhone 12はiPhone 11から画面サイズが5.8型と小さくなり、さらに新たに5.4インチのiPhone 12 miniがラインナップに追加されました。

それぞれ新開発されたチップセット(SoC)「Apple A14 Bionic」によって性能が向上しているほか、iPhoneシリーズとしては初の5Gに対応し、iPhone 6シリーズ以降は側面のフレームが丸みのあるラウンドフォルムでしたが、久しぶりに角のあるスクエアかつフラットな側面フレームにデザインが刷新されているなどしています。

そんなiPhone 12シリーズですが、今回、筆者もiPhone 12 Pro Max(128GB/シルバー)をSIMフリー版であるAppleの公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて購入して開封していましたので、ちょっと遅くなりましたが、外観や同梱品を紹介し、さらに既存のiPhone 11 Pro Maxと比較したいと思います。

続きを読む

小さく可愛く高性能でお手頃価格!Appleの“いいとこ取り”な5G対応スマホ「iPhone 12 mini」をファーストインプレッション【レビュー】


iPhone 12 miniを開封レビュー!

既報通り、Appleが11月13日に5Gに対応した新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」を発売しました。

この2モデルは10月23日に先行して発売されていた「iPhone 12」および「iPhone 12 Pro」のシリーズ機種であり、iPhone 12 miniはiPhone 12と同等の性能で小型化されたモデル、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proよりもさらに高性能なカメラ機能や大画面を搭載した最上位モデルという位置付けです。

今回、これらのうちのiPhone 12 mini(256GB/グリーンモデル)を購入しましたので、開封レビューやファーストインプレッション、さらに旧機種からのデータ移行などについて紹介したいと思います。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。