S-MAX

連載

秋吉 健のArcaic Singularity:レガシーインターフェイスとなったLightning規格。その成り立ちや現状からユーザーの不満の原因を探る【コラム】


AppleのLightning規格について考えてみた!

ついにAppleの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズが9月24日に発売されました。目新しさがないと言われつつもProモデル2機種は予約開始直後に1ヶ月待ちになるなど、滑り出しは好調のようです。

筆者も「iPhone 13 mini」のピンク/512GBモデルを購入し、このコラムを書いている最中に届いたところで、すでに開封レビューについては別の記事にてお伝えしています。今回のiPhone 13シリーズについてネット界隈で何かと話題になっていたのは、外部接続端子規格であるLightning(ライトニング)の継続採用でした。

SNSなどでは「またUSB Type-Cにならなかった」や「いい加減やめてくれ」とネガティブな反応が多数あり、かく言う筆者も「そろそろLightningはやめても良かったのでは」と感じています。

タイムリーなことに先日、 EUが廃棄物削減と利便性の向上を目的とした端子統一法案(USB Type-C採用義務化)の草案を提出するとのニュースを目にしました。いよいよ法的にもLightningを採用し続けることが難しくなってくるかも知れません。

なぜLightning端子は人々に嫌われるようになってしまったのでしょうか。AppleがLightningにこだわる理由とは一体何処にあるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はAppleの端子規格「Lightning」について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone 13などの発表会に隠されていた「A15 Bionic」の真実。性能や特徴からAppleのブランディング戦略を考える【コラム】


iPhone 13シリーズに搭載されたSoC「A15 Bionic」について考えてみた!

既報通り、Appleは日本時間(JST)の9月15日にオンライン発表会を開催し、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」および「iPhone 13 mini」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」の4機種などを発表しました。

メディア界隈での下馬評(と言っては失礼だが)では「例年以上に代わり映えしない」や「今年もカメラだけ進化」などと辛辣な評価が多く見受けられましたが、恐らく一般の評価も大差はないでしょう。

とはいえ、今回は性能面で少し「おや?」と気にかかる部分もありました。それはSoC(System on a Chip≒チップセット)です。Appleは新型iPhoneの発売に合わせて毎年SoCを強化し続けており、今年のiPhone 13シリーズには「Apple A15 Bionic」が採用されています。

昨年発売されたiPhone 12シリーズでも「Apple A14 Bionic」が採用されていただけに順当な進化と言えますが、実は昨年までとは少し様相が異なっているのです。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 13シリーズに搭載されたA15 Bionicの秘密に迫り、Appleのブランディング戦略について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:転ばぬ先の認証システム。2段階・2要素認証などのオンラインサービスで利用される認証方式を分かりやすく解説【コラム】


2段階認証や2要素認証について考えてみた!

先日、Appleが新商品や新サービスを発表する「Apple Event」を9月15日に開催すると発表し、大きな話題となりました。モバイル業界界隈では毎年恒例のイベントでもあり、決まって新型のiPhoneシリーズが発表されてきたことから、今年も新型iPhoneやその周辺機器および新たなデバイスへの期待が高まっています。

筆者は仕事・私事ともにiPhoneを愛用しており、その進化を体に刻むべく、iPhone 3G以来毎年必ず買い替えてきました。もはや端末の買い替えやデータ移行作業はお手の物……と言いたいところですが、実は未だに「これとこの作業は絶対に忘れないように」と、自分用にまとめた備忘録を見ながら恐る恐るデータ移行作業をしている始末です。

そんな中でもとくに気を使うのは、ネットバンキングやオンラインゲームなどで使用するワンタイムパスワードアプリです。何の準備作業も必要なくデータ移行が可能なアプリもありますが、中には一旦解除作業を行い、新端末で改めて登録作業を行わないとロックがかかって利用不可能になるアプリもあるため、作業手順を間違えるととんでもない事態に陥ってしまいます(過去に数回やらかしている)。

そんな取り扱いの面倒なワンタイムパスワードアプリですが、それでも筆者は絶対に必要なアプリであり、必要な手順であると確信しています。オンラインサービス全盛の今、パスワードや生体認証など様々な認証システム(認証方式)が存在しますが、それら1つ1つにも正しく存在している理由があります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はオンラインサービスで用いられる認証システムや2段階認証および2要素認証について解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:テレビが残り、テレビが進化し、テレビが忘れられる日。市場調査から放送と動画配信サービスの現在と未来を考える【コラム】


テレビ放送と動画配信サービスについて考えてみた!

先日、新しいスマートフォン(スマホ)の話題をTwitterで眺めていた時、とあるツイートが目に止まりました。

「最近フルセグ載ってるスマホってないよね」

言われてみれば、ここ数年フルセグが搭載されているスマホをほとんど見かけません。それでも2020年までは「Xperia 1 II」や「AQUOS R5G」といった機種がまだあったように思いますが、2021年の新機種からは1つも見ていない気がします。ワンセグに限ってみても、NTTドコモから2020年9月に発売された「らくらくスマートフォン F-42A」が最後ではなかったでしょうか。

そんな中、さらに追い打ちをかけるような市場調査を見つけました。MMD研究所が9月3日に発表した「動画視聴に関する利用実態調査」から、若い世代ほどテレビ視聴時間が短く動画配信サービスおよび動画投稿サイトでの動画視聴時間が長いという実態が見て取れるのです。

時勢的にもあまり不思議ではない調査結果ではありましたが、先入観なしに調査データを精査してみると、他にもさまざまな興味深い数字を読み取ることができます。

果たして人々は本当にテレビを観なくなったのでしょうか、またテレビを観なくなったとして、その理由は一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は最新の動画視聴に関する調査データから、テレビと動画配信サービスの現在と未来を考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマートフォンにボタンが要らない10の理由。技術的進化の停滞を打ち破る新たな可能性を探る【コラム】


スマートフォンにボタンは必要か考えてみた!

先日、CNET JAPANの「ボタンよさらば」という記事を拝読しました。内容は「iPhone」シリーズの次期モデル「iPhone 13」(仮称)がボタンレスになるのではないかというルーモアネタ(噂話)でした。ボタンレスとは音量調整ボタンやサイドボタンなどがないということです。

例年通りであれば、次期iPhoneの発表もあと1ヶ月ほどかと思われるタイミングで、しかも筐体デザインや専用ケースのリーク系の情報もちらほらと耳にし始めている中、iPhone 13がボタンレスになるのではないかという情報は流石に疑わしい部分が多くあります。しかし、それを期待したくなるのも理解できるところです。

ここ数年、iPhoneに限らずスマートフォン(スマホ)の進化は停滞気味です。カメラ機能の充実に注力する程度で革新性は低く、フォルダブルスマホなども一時話題になりましたが、価格(コスト)の問題や便利さ、優位性などをアピールできていないことから一般に普及するまでには至っていません。

そのような状況だけに、何か新しい、革新的なデザインやUIを求めたくなるのは当然のようにも感じます。スマホのボタンレスは果たして可能なのでしょうか。またボタンレス化は利便性に繋がるでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は「スマホにボタンが要らない10の理由」と題して、スマホの技術的進化やデザイン進化の可能性を探ります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。