S-MAX

開封

Snapdragon 8 Gen 3搭載の新ゲーミングスマホ「REDMAGIC 9 Pro」を開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画で紹介【レビュー】


Snapdragon 8 Gen 3搭載の新ゲーミングスマホ「REDMAGIC 9 Pro」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、ZTE傘下のNubia Technology(以下、Nubia)が展開するゲーミングスマートフォン(スマホ)「REDMAGIC」シリーズの最新モデル「REDMAGIC 9 Pro(型番:NX769J)」を日本のオープン市場向けに2024年1月12日(金)12:00より先行予約販売、1月23日(火)12:00より正式販売を開始しました。

先行予約販売や正式販売はまずREDMAGICの日本向け公式Webサイト( https://jp.redmagic.gg/ )内の公式Webストアのみにて行われ、正式販売では公式Webストアに加えて大手Webストア「Amazon.co.jp」(販売元は「Fastlane Japan」)でも販売されています。

日本向けに販売されるモデルは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ、本体カラーの違いによって3つあり、価格(金額はすべて税込)はマットブラックの「Sleet」(12GB RAM+256GBストレージ)が109,800円、透明デザインのブルーからパープルのグラデーションカラー「Cyclone」と透明かつグロス仕上げのホワイト「Snowfall」(ともに16GB+512GBストレージ)が134,800円となっています。

またREDMAGICの日本向け公式Webサイトではアクセサリーとして「REDMAGIC 9 Proガラスフィルム」(2,200円)や「REDMAGIC 9 Pro保護ケース」(3,300円)も販売されています。なお、REDMAGIC 9 Proの日本向け製品はオープン市場におけるメーカー版(いわゆる「SIMフリー」製品)で、これまで通りに日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得して販売されるとのこと。

本記事ではそんなREDMAGIC 9 Proの製品版をメーカーよりお貸しいただいたので、発売から少したってしましましたが、まずはパッケージ(箱)を開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介します。なお、今回紹介するのはSnowfallとなります。

続きを読む

Leicaブランドを冠するカメラスマホ!技適表示ありで注目の新プレミアムモデル「Xiaomi 14 Ultra」を購入したので外観などを紹介【レビュー】


注目の最新プレミアムスマホ「Xiaomi 14 Ultra」を購入!開封して外観などをレビュー

既報通り、Xiaomiが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14」シリーズの最上位機種となるプレミアムモデル「Xiaomi 14 Ultra」を発表し、今年3月に発売されたXiaomi 14 Ultraの香港版に日本向けの認証(いわゆる「技適」)マークが電子式で表示できることが確認されました。

現時点では日本での発売については明らかにされていませんが、同社の公式Webサイト内にある保証サービスページ「Xiaomi 14 Ultra International Warranty Service」( https://www.mi.com/uk/support/policy/xiaomi14ultra-iws/ )において対象国・地域に「Japan」と記載されており、日本でも購入してから24カ月の保証が受けられるとされており、いよいよ最上位のプレミアムモデルであるXiaomi 14 Ultraが日本で発売されるのではないかと期待されています。

そこで今回は筆者も技適マークの電子式表示が可能なXiaomi 14 Ultraの香港版(カメラキット付き)を購入したので、注目モデルであり、入手性も高いので気になっている人も多いのではないかというところで、まずは開封して同梱物や外観などを写真を交えて紹介していきたいと思います。なお、本体色はBlackおよびWhiteの2色展開ですが、購入したのはWhiteとなります。

続きを読む

4K・60fpsや10m防水に対応した低価格なアクションカメラ「MUSON ULTRA1」を試す!自腹購入して外観や同梱品、撮影例などを紹介【レビュー】


低価格なアクションカメラ「MUSON ULTRA1」を自腹レビュー!

ふと、アクションカメラが欲しい……と思い、なんとなく検索してみたら良さげな製品があったので勢いで買ってしましました。当ブログメディア「S-MAX」でも何度か紹介しているオーディオメーカー「SOUNDPEATS」の傘下であり、中国・深センを拠点としているMUSON(ムソン)が開発・販売しているアクションカメラ「MUSON ULTRA1」(2021年3月発売)という製品です。

MUSONは2016年より日本市場で展開しており、日本以外にも積極的にアメリカやオーストラリア、カナダといった市場に拡大しているとのこと。そんなMUSONの最新アクションカメラであり、深水10m防水や4K動画撮影に対応しており、小さくて軽く、そして電池パックが2個付いていることから購入時には特にどういったメーカーかもわからずに選びました。

特に本体が小さい分、バッテリー容量は小さくなってしまうので、最初から電池パックが2個付いているのは高ポイントでした。なお、MUSON ULTRA1の価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格および公式Webサイト( https://musonworld.com/ )内の公式Webストアでは13,580円で、Amazon.co.jp楽天市場楽天市場などではセールでポイント還元を含めると実質1万円程度となっています。

続きを読む

4K表示や筆圧1万6384段階でプロニーズに応える液晶ペンタブレット「Huion Kamvas Pro 19」を試す!外観や描き心地などを紹介【レビュー】


フイオンの液タブ「Kamvas Pro 19(4K)」をレビュー!

パソコン(PC)やタブレットなどではペン入力できる製品が増えてきましたが、デジタルでより繊細にペンで絵を描いたり、アイデア出しやプロット作成してり、メモを手書きしたりしたい場合にはやはりペンタブレット(以下、ペンタブ)や液晶タブレット(以下、液タブ)がオススメです。

そんなペンタブや液タブについてこれまでにもいくつかの製品を紹介してきましたが、今回はHuion Trend Technology(以下、Huion)より液タブ「Huion Kamvas Pro 19(4K)」(型番:GT1902-JP)の実機をお貸し出しいただいたので、外観や同梱品、描き心地などをレビューしていきます。当媒体でも何度か紹介しているのでHuionという名も耳に馴染みが出てきた頃かと思います。

なお、Huion Kamvas Pro 19(4K)はHuionの公式Webショップ「Huion Store」では価格(金額はすべて税込)が169,999円となっているほか、総合Webショップ「Amazon.co.jp」では169,999円の1%(1,700ポイント)還元となっています。

続きを読む

新開発SoCのA17 Proやチタニウムボディーなどを搭載した新スマホ「iPhone 15 Pro」を開封して外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


アップルの新スマホ「iPhone 15 Pro」をファーストインプレッション!

既報通り、Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 15」および「iPhone 15 Plus」、「iPhone 15 Pro」、「iPhone 15 Pro Max」が9月22日(金)に発売されました。日本で販売される製品は各販路ともに共通でiPhone 15が「A3089」、iPhone 15 Plusが「A3093」、iPhone 15 Proが「A3101」、iPhone 15 Pro Maxが「A3105」となっており、各機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

日本における販路は従来通りにAppleの直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)に加え、ヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式WebストアにてSIMフリーモデルが販売され、さらにNTTドコモおよびau、SoftBank、楽天モバイルにてキャリアモデルが販売されており、各所における価格はすでに紹介している通りです。

iPhone 15シリーズは昨年発売されたiPhone 14シリーズの後継機種で、今回発売された4機種はともに「iPhone 14」や「iiPhone 14 Plus」、「iiPhone 14 Pro」、「iiPhone 14 Pro Max」から正常進化しており、特に4機種ともに外部接続・充電端子がこれまでのLightningからUSB-Cに変更された点が大きなトピックとなっています。

またIPhone 15 ProとiPhone 15 Pro MaxのProモデルには新開発されたチップセット(SoC)「Apple A17 Pro」によって性能が向上しているほか、新たにチタニウムフレームを採用したことにより、iPhone 14シリーズやiPhone 13シリーズなどのProモデルが採用していたステンレススチールフレームと比べて軽量化されています。なお、合わせて本体色も刷新され、Proモデルではブラックチタニウムおよびホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウムの4色がラインナップされています。

そんなiPhone 15シリーズですが、今回、そのうちのiPhone 15 Pro(256GB/ブルーチタニウム)を入手しましたのでちょっと遅くなりましたが、開封して外観や同梱品、基本機能などを写真を交えて紹介していきたいと思います。なお、AppleやApple Premium Resellerが販売する製品はメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)ですが、それ以外のNTTドコモなどのMNOが販売する製品もSIMロックはかかっていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。