S-MAX

開封

Googleの新フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介【レビュー】


5G対応の新グーグルスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」をファーストインプレッション!

既報通り、Googleが5G対応の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」を正式発表し、日本を含む1次販売国・地域では2022年10月13日(木)に発売しました。日本ではグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」のほか、両機種ともにKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から販売されています。

販路はauショップやソフトバンクショップ、量販店、公式Webストア「au Online Shop」および「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 7の128GBモデルが82,500円、256GBモデルが97,900円、Pixel 7 Proの128GBモデルが124,300円、256GBモデルが139,700円、auの直営店ではPixel 7の128GBが87,310円、Pixel 7 Proの128GBが134,900円、SoftBankの直営店ではPixel 7の128GBが88,560円、256GBが102,960円、Pixel 7 Proの128GBが131,760円、256GBが146,160円です。

なお、本体色はPixel 7がLemongrassおよびSnow、Obsidianの3色、Pixel 7 ProがHazelおよびSnow、Obsidianの3色がラインナップされており、各販路ともに各色が取り扱われていますが、Google ストアではPixel 7の256GBはObsidianのみ、Pixel 7 Proの256GBはSnowとObsidianのみ、auでは各色の128GBのみが販売されており、SoftBankでは各色ともに128GBと256GBが取り扱われています。

またauでは機種変更では「5G機種変更おトク割」で2022年11月30日(水)まで16,500円割引(通常は5,500円割引)、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。なお、携帯電話サービス「UQ mobile」や「povo2.0」からの番号移行はMNPの割引額が適用されますが、「povo1.0」からの番号移行は機種変更となります。

さらに残価設定方式の販売方式「スマホトクするプログラム」の対象となっており、23ヶ月目に返却して特典を利用すると24回目の残価(Pixel 7:42,000円、Pixel 7 Pro:60,840円)が免除されて実施仏龕額はPixel 7が1,970円/月×23回(総額45,310円)、Pixel 7 Proが3,220円/月×23回(総額74,060円)となります。

一方、SoftBankではPixel 7 Proはソフトバンクオンラインショップなどでは「【オンライン限定】web割」によってMNPなら21,600円割引となるほか、販売方式「新トクするサポート」の対象で25カ月目以降に返却して特典を利用した場合の実質負担額はPixel 7の128GBが44,280円、256GBが51,480円、Pixel 7 Proの128GBが65,880円、256GBが73,080円、Pixel Watchが27,840円からとなっています。

その他、auでは2023年5月31日(水)までに購入して専用のキャンペーンWebページ( https://ponta-receipt.jp/article/14300 )から応募するともれなく「YouTube Premium」の6カ月分に相当する7,080ポイントをPontaポイントで還元します。またSoftBankでは購入して専用のキャンペーンWebページ( https://vdpro.jp/googlepixel7_7Pro_softbank.lp/ )から応募すると5,000円分の Google Play ギフトコードがもれなくもらえる特典を提供します。

なお、各販路ともにYouTube Premiumが3カ月無料となる特典( https://www.au.com/entertainment/youtubepremium/ )も提供しているほか、2023年5月31日までクラウドストレージサービス「Google One」を9カ月間無料で利用できるキャンペーン( https://www.au.com/mobile/campaign/googleone2022/ )も実施しています。

今回はPixel 7 Proを購入したのですが、まずはGoogle JapanよりPixel 7とPixel 7 Proの日本向け製品をお借りしたので、まずは両機種を開封して外観や同梱品、基本機能を写真や画像、動画を交えて紹介します。日本向け製品はGoogle ストアおよびau、SoftBankで共通となっており、Pixel 7が型番「G03Z5」、Pixel 7 Proが型番「GFE4J」でともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

続きを読む

新開発SoCのA16や新機能のDynamic Islandを搭載した新スマホ「iPhone 14 Pro」を開封して外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


アップルの新スマホ「iPhone 14 Pro」をファーストインプレッション!

既報通り、Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」が9月16日(金)に発売されました。iPhone 14シリーズではこれらの3機種に加えてスタンダード機であるiPhone 14の大画面モデル「iPhone 14 Plus」が10月7日(金)に発売されています。

各機種ともに日本ではAppleの直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)に加え、ヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式WebストアにてSIMフリーモデルが販売され、さらにNTTドコモおよびau、SoftBank、楽天モバイルにてキャリアモデルが販売されており、各所における価格はすでに紹介している通りです。

iPhone 14シリーズは昨年発売されたiPhone 13シリーズの後継機種で、今回発売された3機種はともにiPhone 13やiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxから正常進化している一方、iPhone 13シリーズやiPhone 12シリーズではスタンダード機のミニ(mini)モデルがありましたが、新たにスタンダード機の大画面(Plus)モデルとしてiPhone 14 Plusが追加されました。

またiPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxには新開発されたチップセット(SoC)「Apple A16 Bionic」によって性能が向上しているほか、画面の常時点灯機能「AOD(Always On Display)」や120Hzリフレッシュレートに対応し、さらに画面上部中央に配置されていた幅の広いノッチ(切り欠き)が横長のパンチホールに変更され、さらにその部分をソフトウェアと融合させた新機能「Dynamic Island」に対応しました。

そんなiPhone 14シリーズですが、今回、そのうちのiPhone 14 Pro(512GB/グラファイト)を入手しましたのでちょっと遅くなりましたが、開封して外観や同梱品、基本機能などを写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

基本性能が大幅向上したAppleの完全ワイヤレスイヤホン(TWS) 「AirPods Pro(第2世代)」を購入!初代と外観や性能を比較【レビュー】


AirPods Pro(第2世代)を写真とともに解説!

Appleから新型の完全ワイヤレスイヤホン(TWS=「完全ワイヤレスステレオ」の略)「AirPods Pro(第2世代)」が9月23日に発売されました。

AirPodsシリーズは世界中でTWSブームを巻き起こしたシリーズで、日本でも2016年の発売から徐々に人気が広がり、今ではモバイルリスニングシーンのスタンダードになりました。

AirPods Pro(第2世代)は2019年に発売された「AirPods Pro」の後継機種です。AirPods Pro(以下「初代AirPods Pro」と表記)にシリーズとして初搭載されたアクティブノイズキャンセリング機能がさらに強化され、AirPods Pro(第2世代)では本体側で音量調整も可能になるなど、全体的な完成度が向上しています。

今回筆者はAirPods Pro(第2世代)を購入しましたので、初代AirPods Proとの比較を交えつつ写真とともに解説します。

続きを読む

ごっついアイツがスリムに!?物理QWERTYキーボード搭載の新スマホ「Unihertz Titan Slim」を入手!まず外観や基本機能などを紹介【レビュー】


物理QWERTYキーボードスマホの灯は消えず!Unihertzの新作スマホ「Titan Slim」をじっくり紹介

既報通り、Unihertzが開発しているパソコンなどのキーボードで採用されているQWERTY配列の物理キーボードを搭載したスマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」シリーズの新モデル「Unihertz Titan Slim」の一般販売を開始しています。

一般販売は同社の公式Webサイト( https://www.unihertz.com/ja-jp/collections/all-products/products/titan-slim )のほか、日本では大手Webストア「Amazon.co.jp」にて行われており、価格はAmazon.co.jpでは45,999円(税込)、公式Webサイトでは329.99ドル(為替レート1ドル140円換算で約46,200円)となっています。

これまでのUnihertz TitanシリーズはQWERTYキーボード以外にもタフネスボディーと正方形ディスプレイが特徴でありましたが、今回のUnihertz itan Slimは特に防水・防塵・耐衝撃に関する記述がなく、画面も正方形から一般的なスマホに近い長方形に変更されており、過去にTCLが「BlackBerry」からブランドライセンスを取得して発売した「BlackBerry KEY2」(BlackBerry KEY2 LE含む)を想起するような外観となっています。

そんなUnihertz Titan Slimですが、Unihertzの他の製品と同様に一般販売前にクラウドファンディングで開発資金を募っており、筆者も出資していたため、先日、そのクラウドファンディングでのリワード品としてのUnihertz Titan Slimが届いていましたので、今回から前後編に分けて実機でのレビューをお送りいたします。

まずレビュー前編となる本記事ではパッケージ(箱)を開封し、同梱品や外観を写真を交えて紹介し、さらにスペックやプリインストールアプリなどの基本機能についても解説していきたいと思います。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 6a」の外観や同梱品、基本機能を写真や動画で紹介!5万円台ながらフラッグシップ級の性能に【レビュー】


5万円台ながら高性能な5Gスマホ「Google Pixel 6a」をチェック!

既報通り、Googleが独自開発したチップセット(SoC)「Tensor」を搭載した新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 6a」を日本を含む1次販売国・地域にて2022年7月28日(木)に発売しました。日本での販路は同社の公式Webストア「Google ストア」のほか、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」となっています。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは53,900円、auでは公式Webストア「au」の公式Webストア「au Online Shop」などの直営店で53,270円(1,210円/月×23回+25,440円)、SoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で67,680円(1,410円/月×48回)となっており、Google ストアでは発売を記念してPixel 6aを購入する人に完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」をプレゼントするキャンペーンを実施していましたが、すでに終了しています。

またauやSoftBankではそれぞれ返却することで残債が免除される「スマホトクするプログラム」および「新トクするサポート」の対象で、各々の特典を利用した場合の実質負担額はauでは1,210円/月×23回(総額27,830円)、SoftBankでは1,410円/月×24回(総額33,840円)となります。

さらにauでは機種変更にて「5G機種変更おトク割」で8月31日(水)までは16,500円割引(au Online Shopでは16,500円相当のau PAY残高による還元)となるほか(通常は5,500円割引)、「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、SoftBankではMNPおよび携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」からの番号移行において「【オンライン限定】web割」にて21,600円割引となります。その他、すでに紹介しているように直営店のソフトバンクショップ店頭では特別価格でMNPやY!mobileおよびLINEMOからのばんご移行などの対象条件なら33,864円が割り引かれて33,816円となるほか、さらに新トクするサポートを利用したときの実質負担額24円で販売しています。

今回はそんな同社のフラッグシップスマホ「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」と同じ高性能なSoCのTensorを搭載しつつ、価格を抑えた廉価版となるPixel 6aを開封してパッケージ(箱)や同梱品、外観、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。