S-MAX

開封

最新スマホ「Galaxy S22」のNTTドコモ版「SC-51C」を購入!開封して外観や同梱品、基本機能、キャンペーン応募などを紹介【レビュー】


新フラッグシップスマホ「Galaxy S22 SC-51C」を購入!まずはファーストインプレッション

既報通り、サムスン電子ジャパンが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22」(Samsung Electronics製)の日本向け製品を発表し、NTTドコモから「Galaxy S22 SC-51C」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から「Galaxy S22 SCG13」が4月21日に発売されました。

販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auではauショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などで、それぞれ直営店における価格(金額はすべて税込)はGalaxy S22 SC-51Cが127,512円、Galaxy S22 SCG13が125,030円となっています。

またNTTドコモでは新規契約や機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)では「5G WELCOME割」で5,500円割引(ドコモオンラインショップでは新規契約は5,000ポイント還元)となり、いつでもカエドキプログラムを利用した場合は残価(24回目支払額)が54,120円に設定されており、特典を適用した場合の実質負担額は3,191円/月×23回(総額73,392円)となっています。

一方、auでは機種変更では「5G機種変更おトク割」で故障紛失サポートに加入すると16,500円割引(au Online Shopでは16,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、MNPなら22,000円割引となり、スマホトクするプログラムでは残価(24回目支払額)が53,040円に設定されており、特典を適用した場合の実質負担額は3,130円/月×23回(総額71,990円)となります。

また発売を記念して「Galaxy S22|Galaxy S22 Ultra 予約&購入キャンペーン」を実施し、予約・購入して専用アプリ「Galaxy Members」から応募した場合にもれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds 2」(色は5色からランダム)がプレゼントされます。購入・応募期間は発売日から2022年5月15日(日)23:59まで。なお、NTTドコモ版ではmicroSDカードリーダー(試供品)も付いてくるとのこと。

筆者もドコモオンラインショップにてGalaxy S22 SC-51Cを購入したので、開封してGalaxy S22 SC-51Cの外観や同梱品、基本機能などを写真を交えて紹介しつつ、商品受け取り後にまず行った開通作業や各種キャンペーン応募などをレポートします。

続きを読む

防水&FeliCa対応の5Gスマホ「Redmi Note 10T」を写真や動画で紹介!開封して外観や同梱品、基本機能などをチェック【レビュー】


シャオミの新しい5Gスマホ「Redmi Note 10T」のメーカー版をファーストインプレッション!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は14日、日本におけるオープン市場向けメーカー版(SIMフリー製品)として新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Redmi Note 10T(型番:22021119KR)」(Xiaomi Communications製)を2022年4月26日(火)より順次発売すると発表しています。

また発売に先立って4月14日(木)11時より予約販売を行っており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格が34,800円で、同社の公式Webストア「Mi.com」および「Xiaomi公式 楽天市場店」にて6月30日(木)までに購入した人を対象に抽選でスマートウォッチ「Xiaomi Watch S1 Active」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

販路は仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioおよびイオンモバイル、gooSimseller(OCN モバイル ONE)、ECサイトではAmazon.co.jpやECカレント、NTTぷらら、SoftBank SELECTION、Mi.com、ムラウチドットコム、楽天市場、楽天ブックス、量販店ではエディオンおよびケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど。

なお、日本で販売されるのは4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージとなっており、さらに防水・防塵(IP68)やおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しており、日本のオープンマーケット向けとしてはシャオミ初の防水とFeliCaに対応した製品となっています。

またRedmi Note 10Tはソフトバンクからも携帯電話サービス「SoftBank」向け「Redmi Note 10T(型番:A101XM)」としてすでに4月22日(金)より販売されています。販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格は直営店では本体価格が27,360円。

また新トクするサポート適用時実質負担額は570円/月×24回(総額13,680円)となるほか、キャンペーン「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円が割り引かれます。その他、YouTube Premiumの無料トライアルを最大2か月間延長する特典がメーカー版・SoftBank版ともに利用可能です。

そこで本記事では先行して小米技術日本(以下、Xiaomi Japan)にメーカー版をお借りしたので、開封して外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えてレビューします。なお、本体色はメーカー版がナイトタイムブルーおよびアジュールブラック、レイクブルーの3色、SoftBank版がナイトタイムブルーおよびアジュールブラックの2色で、レビューしたのはどちらにもあるナイトタイムブルーです。

続きを読む

5Gに対応した4.7インチスマホ「iPhone SE(第3世代)を購入!開封してパッケージや同梱品、外観、基本機能を紹介【レビュー】


iPhone SE(第3世代)をファーストインプレッション!代わり映えはしないのが魅力

既報通り、Appleが新たに発表した5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第3世代)」が同社や量販店などのApple Premium Reseller、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンク、ウィルコム沖縄、楽天モバイルなどの各社から3月18日に発売されました。各販路における価格などのまとめはすでに紹介している通りです。

iPhone SE(第3世代)は廉価モデルとして展開している「iPhone SE」シリーズの第3弾で、前機種「iPhone SE(第2世代)」と同様に4.7インチ液晶や指紋認証「Touch ID」を内蔵したホームキーを搭載したオールドスタイルを継承しつつ、新たに最新の「iPhone 13」シリーズと同様のチップセット(SoC)「Apple A15 Bionic」を搭載することで高性能となったほか、新たにiPhone SEシリーズでは初の5Gに対応しています。

そんなiPhone SE(第3世代)を筆者もさっそく購入して発売日にゲットしましたので、まずは開封してパッケージ(箱)や同梱品、外観、基本機能を写真を交えて紹介したいと思います。なお、購入したのはスターライトの128GBで、購入場所はヨドバシカメラの通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」です。

続きを読む

2万円台と低価格なS680搭載のエントリースマホ「Redmi Note 11」を写真と動画で紹介!開封して外観や同梱品、基本機能をチェック【レビュー】


SIMフリースマホ「Redmi Note 11」をファーストインプレッション!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は4日、新しい4G対応のエントリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 11(型番:2201117TL)」(Xiaomi Communications製)を日本市場にて2022年3月10日(木)に発売すると発表しました。すでに発売に先立って3月4日(金)9時より予約販売を行っています。

日本で販売されるのはオープンマーケット向けのメーカー版(SIMフリー製品)で、4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージの1モデルとなります。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格が24,800円で、同社の公式Webストア「Mi.com」および「Xiaomi公式 楽天市場店」にてそれぞれ先着500人(合計1000人)は早期購入特典として2,000円OFFの22,800円となるとのこと。

その他の販路は仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioおよびイオンモバイル、gooSimseller(OCN モバイル ONE)、ECサイトではAmazon.co.jpやECカレント、NTTぷらら、SoftBank SELECTION、ムラウチドットコム、楽天ブックス、量販店ではエディオンおよびケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどとなっています。

本記事ではそんなRedmi Note 11について小米技術日本(以下、Xiaomi Japan)より製品版の実機をお借りしたのでまずは開封してパッケージや同梱品、外観、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Googleの新フラッグシップスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」をひと足先に開封して外観や同梱品、基本機能などを写真と動画で紹介【レビュー】


5G対応の新グーグルスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」をファーストインプレッション!

既報通り、Googleが5G対応の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」を正式発表し、日本を含む1次販売国・地域では2021年10月28日(木)に発売します。発売に先立ってすでにグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」では予約注文が実施されています。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 6の128GBモデルが74,800円、256GBモデルが85,800円、Pixel 6 Proの128GBモデルが116,600円、256GBモデル(Stormy Blackのみ)が127,600円となっており、2021年11月7日(日)までに購入すると11,000円分のGoogle ストア クレジットをプレゼントされるほか、Splititを利用した分割払いで支払うとさらに5,000円分のGoogle ストア クレジットがもらえるとのこと。

一方、日本ではGoogle ストア以外ではPixel 6がKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から、Pixel 6 ProがSoftBankからも10月28日に発売され、こちらもすでにauショップやソフトバンクショップ、量販店、公式Webストア「au Online Shop」および「ソフトバンクオンラインショップ」などにて予約受付を実施しています。

価格はauではPixel 6(128GB)が本体価格82,695円でスマホトクするプログラム適用時の実質負担額43,815円、SoftBankではPixel 6の128GBが本体価格85,680円でトクするサポート+適用時の実質負担額42,840円、256GBが本体価格99,360円の実質負担額49,680円、Pixel 6 Proの128GBが本体価格127,440円の実質負担額63,720円、256GBが本体価格141,120円の実質負担額70,560円。

なお、auでは機種変更では5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となり、SoftBankでは【オンライン限定】web割によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円割引となります。

今回はGoogle JapanよりPixel 6とPixel 6 Proの日本向けモデルをお借りしたので、まずは両機種を開封して外観や同梱品、基本機能を写真や画像、動画を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。