S-MAX

Arcaic_Singularity

秋吉 健のArcaic Singularity:オンライン投げ銭文化の光と闇。クリエイターとユーザーを惑わす諸問題と功罪について考える【コラム】


オンライン上での投げ銭文化について考えてみた!

ゴールデンウィークボケも抜けきらない5月7日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」界隈が少々ざわつくニュースが飛び込んできました。Twitterに投げ銭システム(同社では「Tap Jar」と呼称)が導入されるかもしれないというものです。現在、Tap Jarは正式導入に向けて一部利用者を対象にテスト中だとのこと。

投げ銭とはその名の通り誰かが誰かに金銭を投げ渡す行為のことであり、かつては演劇の興行や大道芸人への謝礼などで行われていた行為です。数年前から動画配信サイトやイラスト投稿サイトでも金銭をコンテンツ提供者へ直接送るシステムが導入され、それらを俗称として「投げ銭」と呼ぶようになりました。

このオンライン上での投げ銭システムがTwitterに導入されるかもしれないというものですが、これまでにさまざまな動画投稿サイトやイラスト投稿サイトの現状を見てきた筆者としては「ついにここまで来たか」という複雑な心境です。

投げ銭システムはクリエイターやユーザーに何をもたらし、そこに問題はないのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はネット上の投げ銭システムのメリットやデメリットについて考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマートタグ、使ってますか?忘れ物を見つけ出す技術や仕組みを解説し、その有用性や活用方法を紹介【コラム】


スマートタグについて考えてみた!

みなさんは忘れ物をしたことがあるでしょうか。「忘れ物をしたことがない人なんていないだろ!」と憤慨されそうですが、筆者は子供の頃から忘れ物が酷く、小学校時代にはほとんど毎日のように何かしら忘れ物をし、先生に叱られてばかりでした。

筆者の場合、そんな自身の忘れ物の酷さを痛感したことから高校時代以降は工事現場の安全点検のように指差し確認で持ち物をチェックするようになり、その後は酷い忘れ物をあまりしなくなりました。特にスマートフォン(スマホ)や財布など、非常に重要なものは気にし過ぎではないかというほどに何度も確認する癖がついています。

そんな忘れ物に関してAppleが4月23日に「AirTag(エアタグ)」という忘れ物防止タグ(以下、スマートタグ)を発表し、同30日に発売しました。このスマートタグというのは数年前から密かなブームアイテムとなっているものですが、いよいよ満を持してAppleから発売されたといった流れです。スマートタグが流行ったのも、恐らく筆者のように忘れ物を頻発する人が多かったという証左でしょう。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はスマートタグへの人々の関心度とともに、その有用性と利便性について解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:業界を襲う半導体供給不足!異常事態「商品がどこにも売っていない」はなぜ引き起こされたのかを解説【コラム】


テクノロジー業界の半導体不足について考えてみた!

先日、新しいPCを購入しました。秋葉原にある某PCショップが展開するショップブランドのゲーミングPCだったのですが、欲しいスペックにBTOでカスタマイズしたところ総額で50万円にもなってしまい、目が飛び出そうになりました(結局それでも買った)。

とんでもない価格になっているのは内蔵ストレージ(SSD)を大量に積んでいるためで、一般的な構成価格で言えば35万円程度なのですが、それでも過去に例を見ないほど部品価格が高騰している印象です。昨年の秋頃であれば、30万円以下で組めていたような構成でしょう。

最も価格高騰を感じさせるのはGPU(グラフィックボードもしくはグラボ)です。TVや新聞でも「マイニング」という言葉を目にすることが増えたかと思いますが、仮想通貨の人気がマイニング需要を爆発させ、市場からグラボが枯渇したのです。

しかしながら、これはグラボに限った話ではありません。CPUやチップセット、メモリーなど、あらゆる半導体部品が枯渇や供給不足の危機に直面しているのです。そしてその影響はPC業界のみならず、自動車業界やスマートフォン(スマホ)業界にも暗い影を落とし続けています。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は半導体業界を覆う慢性的な供給不足とPC市場やスマホ市場などへの影響について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:eKYCをご存知ですか?オンライン契約の手間を飛躍的に簡素化して安全性も高める本人確認技術を解説【コラム】


オンライン契約の重要技術「eKYC」について考えてみた!

移動体通信事業者(MNO)のオンライン契約専用の新しい料金プランが3月中旬から下旬にかけてスタートしました。NTTドコモは「ahamo」、KDDIおよび沖縄セルラー電話は「povo」、ソフトバンクは「LINEMO」となります。

NTTドコモのahamoは利用者からの要望やキャリアショップでの混乱を抑える目的などから有料にて店頭サポートサービスも始めるようですが、基本的にオンライン契約が主体であることは今後も変わらないでしょう。

こういったオンラインでの契約を行う際に用いられる重要な技術の1つに「eKYC」というものがあります。一般にはまだあまり認知されていない言葉かもしれませんが、この技術があってこそ、安全なオンライン契約というものが可能になっています。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はeKYCの仕組みや安全性について解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:歳を取ったらスマホの使い方は覚えられない?シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察する【コラム】


シニア世代とテクノロジーの習熟について考えてみた!

みなさんのご両親や祖父母、あるいはご本人がシニア世代であるという方々の中で、現在スマートフォン(スマホ)を利用していない人がどれだけいらっしゃるでしょうか。

モバイル社会研究所が2020年1月に行った「一般向けモバイル動向調査」によると、60代のスマホ利用率は約7割、70代のスマホ利用率も約5割に達したそうです。調査から1年以上が経った現在、恐らくその数字はさらに伸びていることでしょう。

iPhoneの日本発売から約13年。スマホがブームとなってからも10年近くが経ちます。5~6年前までは「シニア世代にスマホは難しい」、「ガラケー需要は当分続く」などと言われていましたが、シニア世代の順応力は想像以上に高かったようです。

シニア世代にスマホが急速に浸透していった理由や、シニア世代がスマホに馴染めないとされた理由は一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はシニア世代とスマホの関係から、テクノロジーの習熟における重要な考え方などを考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。