S-MAX

GoogleAssistant

Google、Androidに6つの新機能を提供!パスワード漏洩チェックやSMS送信予約、Googleマップのダークテーマ対応など。既存OSでも順次対応


Androidにパスワード漏洩チェックやSMS送信予約などの6つの新機能が提供!

Googleは23日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」においてより安全で便利に使うための6つの新機能を順次提供するとお知らせしています。各機能ごとに対応するOSバージョンは異なりますが、既存のバージョンでも順次提供される予定とのこと。

新機能はパスワードの自動入力機能「Autofill」においてもパスワードが漏洩しているかどうかを警告する安全性チェック機能が導入されるほか、メッセージアプリにてSMSを日時を指定して送信予約できたり、TalkBackのジェスチャー機能対応、Google アシスタントの強化、Google マップのダークテーマ対応、Android Autoの連携強化が行われます。

続きを読む

NestシリーズなどのGoogle アシスタント対応スマートデバイスにて音楽配信サービス「Apple Music」が利用可能に!日本などの5カ国で


Google NestシリーズのスマートスピーカーなどがApple Musicに対応!

Googleは7日(現地時間)、Google Nestシリーズなどの音声サポート機能「Google アシスタント」に対応したスマートデバイスにて音楽配信サービス「Apple Music」が利用できるようになったとお知らせしています。

利用するにはスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「Google Home」にて右上のメニュー(アカウントのプロフィール画像)から「Google アシスタントの設定」を開いて「音楽」にて「Apple Music」をリンクして設定します。

設定したらスマートデバイスに「ねぇ、Google、New Music Dailyプレイリストを再生して」や「ねぇ、Google、ラップライフプレイリストを再生して」と話かけます。なお、Apple Musicへの対応は日本のほか、米国や英国、フランス、ドイツで提供を開始したとのこと。

続きを読む

グーグル、スマホでリアルタイム翻訳ができるGoogle アシスタントの「翻訳モード」がAndroidとiPhoneで利用可能に!日本語を含む44言語に対応


スマホのGoogleアシスタントアプリでリアルタイム翻訳が利用可能に!

グーグル(以下、Google Japan)は13日、音声認識などによるサポートサービス「Google アシスタント」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにてリアルタイム翻訳ができる「翻訳モード」を順次提供開始したとお知らせしています。

AndroidおよびiPhoneなどのiOSで利用でき、日本語を含む44言語に対応します。なお、Androidならインストールする必要なく、すぐに利用でき、iOSの場合には最新のGoogle アシスタントアプリをダウンロードしてインストールすれば使えます。

続きを読む

画面が付いて何が変わった?!スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を写真と動画で紹介。いよいよ本命のアシスタントデバイスがやってきた【レポート】


1万円台で買えるスマートディスプレイ「Google Nest Hub」を紹介!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は5日、都内にて「新ハードウェア製品記者発表会」を開催し、Googleアシスタントを搭載したスマートディスプレイ「Google Nest Hub」を6月12日に税抜14,000円(税込15,120円)で発売すると発表した。

主な仕様としてタッチ操作に対応した約7.0インチWSVGA(1024×600ドット)液晶ディスプレイ、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、フルレンジスピーカー、内蔵マイク2マイク配列、Chromecast Built-inなどだ。

カラーバリエーションはSandおよびAqua、Chalk、Charcoalの4色。なお、バッテリーは非搭載であるため専用の電源アダプターが必要となる。販路は公式Webショップ「Google ストア」のほか、量販店やECサイトの各所となっている。

Google Nest Hubの「スマートスピーカー」+「ディスプレイ」という構成の製品はすでにAmazonの「Echo Show」や「Echo Spot」、LINEの「Clova Desk」などが発売されており、日本では本製品が最後発となるわけだが、今回はそんなGoogle Nest Hubの機能や利用シーンなどを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

AIによる画像認識・検索サービス「Google Lens」が提供開始!Androidに続いてiPhoneなどのiOSでも順次配信中。英語環境のGoogleフォトアプリなどで利用可能


AndroidやiPhoneで画像認識機能「Google Lens」が利用可能に!

Googleは5日(現地時間)、ML(機械学習)やAI(人工知能)などを活用した新しい画像認識/検索サービス「Google Lens」をAndroid向けに提供開始したとお知らせしています。同社では現地時間の2月23日にGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズ以外でもまもなくGoogle Lensが使えるようになると発表していました。

また同社は15日(現地時間)、iPhoneなどのiOS向けにも配信を開始し、来週にかけて順次提供されると案内しています。AndroidおよびiOSともにアプリ「Google フォト」で使えるほか、一部のハイエンドモデルでは「Google アシスタント」でも使えるようになるとしています。なお、現時点では英語環境のみ。

Google Lensは昨年5月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2017」にて発表され、その後、Pixelシリーズ向けに提供されていましたが、今回、ようやくその他のAndroidやiOSを搭載した機種で利用できるようになりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。