S-MAX

LGVELVET

NTTドコモ、5Gスマホ「LG VELVET L-52A」を12月18日に発売!価格は本体のみで7万488円、2画面対応付属ケース付で8万8704円


docomo 5Gスマホ「LG VELVET L-52A」が12月18日発売!

NTTドコモは11日、今年11月5日に発表した「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「LG VELVET L-52A」(LGエレクトロニクス)を2020年12月18日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って12月15日(火)10:00に購入手続きが開始され、お届けは発売日以降となっています。

価格(税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では本体のみで70,488円、2画面化できる「LGデュアルスクリーン」付属で88,704円で、36回払いで購入することで最大12回分の残債が免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額では本体のみで1,958円/月×24回(総額46,992円)、LGデュアルスクリーン付属で2,464円/月×24回(総額59,136円)とのこと。

さらに他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOM割」が適用されて22,000円が割り引かれ、本体のみで48,488円、LGデュアルスクリーン付属で66,704円となり、スマホおかえしプログラムを利用した場合の実質負担額は本体のみで1,346/円×24回(総額32,336円)、LGデュアルスクリーン付属で1,852/円×24回(総額44,480円)です。

続きを読む

専用ケースと合体して2画面化が可能!お手頃価格でデザインも魅力な5Gスマホ「LG VELVET L-52A」を写真で紹介【レポート】


docomo 5Gスマホ「LG VELVET L-52A」を写真でチェック!

既報通り、NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、専用ディスプレイ付ケース「LGデュアルスクリーン」を組み合わせることで2画面で利用できる5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG VELVET L-52A」(LGエレクトロニクス製)を発表した。発売時期は12月以降を予定している。

価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では本体のみで70,488円、スマホおかえしプログラム利用時のユーザー負担額は46,992円、LGデュアルスクリーン付属で88,704円、スマホおかえしプログラム利用時のユーザー負担は59,136円となっている。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用され、本体価格から22,000円が割り引かれる。なお、現時点で日本ではLGデュアルスクリーンのみの販売は予定していないため、2画面スマホとして利用する場合はLGデュアルスクリーン付属を購入する必要がある。

すでに事前予約も実施されているが、今回は発表会と同日にメディア向けに実施されたタッチ&トライイベントにてLG VELVET L-52Aの実機を試すことができたので、写真を交えながら外観を中心にレポートをお送りする。

続きを読む

NTTドコモ、5Gスマホ「LG VELVET L-52A」を発表!12月下旬発売で、価格は本体のみで7万488円、2画面対応で8万8704円。FeliCaにも対応


docomo 5Gスマホ「LG VELVET L-52A」が登場!

NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、LGエレクトロニクス(以下、LG)製の5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「LG VELVET L-52A」を発表しています。

LGから今年5月に発表されたLGの新しいフラッグシップスマホ「LG VELVET」のNTTドコモ版で、チップセット(SoC)にQualcomm製「Snapdragon 765G 5G mobile platform」を搭載して価格を抑えつつもデザインに注力し、従来の「V」シリーズや「G」シリーズではない戦略的商品と位置付けられています。

NTTドコモ版では日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G(NR方式)では2.1Gbpsおよび上り最大218Mbps、4G(LTE方式)では下り最大1.1Gbpsおよび上り最大131.3Mbpsとなっています。なお、防水(IPX8準拠)や防塵(IP6X)、耐衝撃(MIL-STD-810G準拠)にも対応し、本体カラーはNTTドコモではオーロラ ホワイトとオーロラ グレイの2色が販売されます。

発売時期は2020年12月下旬を予定し、発売に先立ってすでに本日11月5日11:00よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は直営店では本体のみで70,488円、2画面化できる「LGデュアルスクリーン」付属で88,704円となっています。

36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額では本体のみで1,958円/月×24回(総額46,992円)、LGデュアルスクリーン付属で2,464円/月×24回(総額59,136円)とのこと。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOM割」が適用されて22,000円が割り引かれ、本体のみで48,488円、LGデュアルスクリーン付属で66,704円となり、スマホおかえしプログラムを利用した場合の実質負担額は本体のみで1,346/円×24回(総額32,336円)、LGデュアルスクリーン付属で1,852/円×24回(総額44,480円)です。

続きを読む

未発表のNTTドコモ向けLG製「L-52A」がQi認証通過!デュアルスクリーン対応の5Gスマホ「LG VELVET」を投入へ


docomoから5Gスマホ「LG VELVET L-52A」が登場へ!各種認証を取得

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、LG Electronics(以下、LG)製スマートフォン(スマホ)「OA2007」が2020年9月29日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「ZNFOA2007」。

公開されている資料から電子ラベルに日本向けの認証(いわゆる「技適」)が記載されているほか、過去のLG製品のFCC IDからモデル名が「O」で始まるものはNTTドコモ向けとなっていることもあり、NTTドコモ向け製品となると見られます。

またワイヤレス充電(Qi)の認証を行っているWPC(Wireless Power Consortium)では2020年9月18日付でLG製スマホ「L-52A」(Qi Registration id:10208)が通過しており、前面画像が掲載されているほか、FCCによって公開されている資料に周辺機器としてデュアルスクリーン「LM-G905N」が記載されています。

このLM-G905NはLGの5Gスマホ「LG VELVET」用であるため、認証のタイミングからこれらが同一製品でNTTドコモから「LG VELVET 5G L-52A」として「2020秋冬モデル」として10月以降に投入されるのではないかと推察されます。

続きを読む

LGがデザインに重点を置いた新フラッグシップスマホ「LG VELVET」を発表!S765G搭載で、韓国で5月15日に発売


新フラッグシップスマホ「LG VELVET」が登場!

LG Electronics(以下、LG)は7日(現地時間)、同社の韓国向け公式YouTubeチャンネルおよびFacebookページにてオンラインファッションショーを開催し、5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG VELVET(型番:LM-G900**)」を正式発表しています。

まずは韓国にて移動体通信事業者(MNO)の「LG U+」、にて5月15日(金)に発売され、5月8日(金)から5月14日(木)まで事前予約受付を実施し、KTやSK Telecomからも販売されるほか、LGベストショップなどにて直販も行うとのこと。価格は899,800ウォン(約78,000円)。

なお、現時点においては日本を含む他の国・地域における販売については明らかにされていませんが、同社ではLG VELVETをデザインに注力した戦略的商品と位置付けているため、順次投入されるのではないかと見られます。

また同社ではこれまでのフラッグシップスマホ「G」シリーズや「V」シリーズを廃止することを案内しており、今後はLG VELVETのように製品ごとに特徴のある商品名を付けていくことになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。