S-MAX

Moto

モトローラのSIMフリースマホ「moto g8」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


SIMフリースマホ「moto g8」がAndroid 11に!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)が日本で販売されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8(型番:XT2045-6)」に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を2021年5月より提供開始したとお知らせしています。なお、SNSなどでは5月末から順次提供されていることが確認できます。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線にてネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新後のビルド番号は「RPJ31.Q4U-47-35」、Androidセキュリティパッチレベルは「2021年2月1日」となっています。なお、更新ファイルサイズは1105.9MBが大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

Motorolaではグローバル向け製品については以前に紹介しているように「moto g PRO」や「moto g8 power」、「moto g9 play」などにAndroid 11へのOSバージョンアップを提供予定としており、すでにこのうちのmoto g9 play以外にはAndroid 11が提供開始されています。

また同社のサポートWebサイトではmoto g9 playの日本向け製品についてもAndroid 11へのOSバージョンアップを提供予定であることが示されています。なお、日本でも「motorola razr 5G」が販売開始されましたが、日本向けのmotorola razr 5Gは発売時からAndroid 11を搭載しています。

続きを読む

5万円台で買えるS870搭載の高性能SIMフリースマホ「moto g100」を写真と動画で紹介!開封して外観や同梱品、基本機能をチェック【レビュー】


高性能&高コスパなSIMフリースマホ「moto g100」をファーストインプレッション!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)がオールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける5Gに対応した最上位機種となるAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g100」(Motorola Mobility製)を日本市場にてSIMフリー製品として2021年5月28日(金)に発売します。

発売に先立ってすでに予約販売を行っており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」では58,800円とのこと。販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイトとなっており、Amazon.co.jpでは53,455円の1%ポイント還元で実質52,920円となっています。

今回はモトローラよりmoto g100の新品をお借りしたので、まずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介するほか、NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった移動体通信事業者(MNO)の各社の5Gも試してみましたのでまとめて紹介します。

続きを読む

モトローラ、Snapdragon 870や90Hz液晶を搭載した高性能なSIMフリースマホ「moto g100」を発表!日本で5月28日発売。価格は5万8800円


モトローラから高性能なSIMフリースマホ「moto g100」が登場!5月28日発売で58,800円

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は13日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける最上位機種となるAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g100」(Motorola Mobility製)を日本市場にてSIMフリー製品として発売すると発表しています。

発売日は2021年5月28日(金)を予定し、発売に先立って5月13日(木)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」では58,800円で、販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイトなどとなっています。

なお、moto g100は5Gにも対応しており、NTTドコモやau、ソフトバンク、それらの仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるとし、楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している正式プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」については相互接続認証(IOT)を取得していないということです。

また同社では日本馬術連盟 馬術アンバサダーライダーを務める馬場馬術選手の髙田茉莉亜氏のモトローラのブランドサポーターへの就任が決定したと発表しました。同氏はドイツを拠点に世界で活躍する中、世界各地にいる友人や日本にいる家族とのコミュニケーションにスマホは欠かせないアイテムとなっており、モトローラは髙田茉莉亜選手の活動を支援するとともに、髙田茉莉亜選手を通じてモトローラ製品の魅力を発信していくとしています。

続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「moto g8 power」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


SIMフリースマホ「moto g8 power」がAndroid 11に!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)が日本で販売されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8 power(型番:XT2045-6)」に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を2021年4月より提供開始したとお知らせしています。なお、SNSなどでは4月20日頃から順次提供されていることが確認できます。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線にてネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新後のビルド番号は「RPE31.Q4U-47-35」、Androidセキュリティパッチレベルは「2021年2月1日」となっています。なお、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

Motorolaではグローバル向け製品についてはすでに紹介しているようにmoto g8 powerの他に「moto g PRO」や「moto g8」、「moto g9 play」などにAndroid 11へのOSバージョンアップを提供予定としていましたが、日本向けについても今年2月のmoto g PROに続いてmoto g8 powerにAndroid 11が提供開始されました。

また同社のサポートWebサイトではmoto g8およびmoto g9 playの日本向け製品についてもAndroid 11へのOSバージョンアップを提供予定であることが示されています。なお、日本でも「motorola razr 5G」が販売開始されましたが、日本向けのmotorola razr 5Gは発売時からAndroid 11を搭載しています。

続きを読む

Motorola、5Gに対応した新ミッドレンジスマホ「moto g100」と「moto g50」を発表!Snapdragon 870とSnapdragon 480を搭載


新ミッドレンジスマホ「moto g100」と「moto g50」が登場!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)は25日(現地時間)、同社のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g」シリーズの新製品として「moto g100」および「moto g50」、「moto g30」、「moto g10」を発表しています。

moto g100は同日より欧州や中南米の一部の国・地域で発売され、moto g50は欧州の一部で今後数週間のうちに販売開始されるとのこと。またmoto g30は欧州やインド、アジア、中東、南アメリカ、moto g10も欧州はインド、アジア、南アメリカでそれぞれすでに販売されており、両機種は今後数週間でオーストラリアでも販売される予定だということです。

価格は欧州ではmoto g100が499.99ユーロ(約65,000円)から、moto g50が229.99ユーロ(約30,000円)から、moto g30が179.99ユーロ(約23,000円)から、moto g10が149.99ユーロ(約20,000円)から。なお、すでにmoto g30およびmoto g10は日本でも3月26日より販売されており、価格はmoto g30が25,800円、moto g10が21,800円(ともに税込)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。