S-MAX

ROGPhone5

エイスースの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」シリーズが日本でも発売へ!ASUS_I005DとASUS_I005DCが技適通過し、SIMフリーで販売へ


最新ゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone 5」シリーズが日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_I005D 又はASUS_I005DC」(認証番号:003-210001)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年3月3日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_I005DおよびASUS_I005DCはすでにグローバル向けに発表されている最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5(型番:ZS673KS)」シリーズのメーカー型番であることが判明しており、これまでの「ROG Phone」シリーズと同様に日本でもROG Phone 5シリーズも発売されることになりそうです。

また従来通りであれば、日本ではSIMフリーモデルとして販売されると考えられます。なお、ROG Phone 5には背面ディスプレイや内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージの違いによる上位モデル「ROG Phone 5 Pro」や「ROG Phone 5 Ultimate」もラインナップされていますが、日本でどのモデルが販売されるのかは不明です。

続きを読む

ASUS、新ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」や「ROG Phone 5 Pro」、「ROG Phone 5 Ultimate」を発表!海外では3月より順次発売


エイスースから新ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」シリーズが登場!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は10日(現地時間)、オンラインにてグローバル向け発表会「ROG Phone 5 Grand Launch Event」を開催し、同社のゲーミングブランド「ROG」から5Gに対応した新しいゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5(型番:ZS673KS)」を発表しています。

グローバル向けには内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージが8GB RAM+128GBストレージモデル、12GB RAM+256GBストレージモデル、16GB RAM+256GBストレージモデルが用意され、今月より順次発売されるとのこと。また背面タッチパッドや背面ディスプレイに対応した16GB RAM+512GBストレージの上位モデル「ROG Phone 5 Pro」や18GB RAM+512GBストレージの最上位モデル「ROG Phone 5 Ultimate」もラインナップされています。

価格は欧州ではROG Phone 5の8GB RAM+128GBストレージモデルが799ユーロ(約104,000円)、12GB RAM+256GBストレージモデルが899ユーロ(約117,000円)、16GB RAM+256GBストレージモデルが999ユーロ(約130,000円)、ROG Phone 5 Proが1,199ユーロ(約156,000円)、ROG Phone 5 Ultimateが1,299ユーロ(約169,000円)。なお、現時点では日本での販売については明らかにされていません。

続きを読む

エイスースの次期ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」は初の18GB LPDDR5 RAMを搭載!SK hynixが開発。3.5mmイヤホンマイク端子も復活


SK hynixが業界最大容量の18GB LPDDR5 RAMを開発&量産開始!ROG Phone 5が採用

SK hynixは8日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けで業界最大容量の18GBの内蔵メモリー(RAM)を開発したと発表しています。すでに量産を開始しており、プレミアムスマホに搭載される見込みで、次期ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」に搭載されることが明らかにされています。

ROG Phone 5はすでに紹介しているようにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が現地時間(CST)の2021年3月10日(水)19:00よりオンラインで開催するグローバル向け発表会「ROG Phone 5 Launch Event」にて正式発表される予定です。日本時間(JST)では3月10日20時から。

またROG Phone 5については正式発表前ながらカメラやオーディオの評価団体であるDxOMarkによってオーディオの評価が行われており、発売前の開発機ながら前機種「ROG Phone 3」(75点)や「iPhone 12 Pro Max」(74点)などよりも高く、80点のMi 10Sに続く79点となっています。

さらにDxOMarkではROG Phone 5のオーディオレビューも掲載しており、ROG Phone 3では廃止されていた3.5mmイヤホンマイク端子が復活していることを示しています。ROG Phoneシリーズはこれまで日本でも各機種ともに販売されてきましたので、ROG Phone 5も発売される可能性は非常に高いため、そうした点も含めて期待したいところです。

続きを読む

ASUS、次期ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」のグローバル向け発表会「Launch Event」を日本時間3月10日20時から開催!外観も認証情報で公開


次期ゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone 5」が3月10日に発表へ!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は18日(現地時間)、同社のゲーミングブランド「ROG」における次期ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5」のグローバル向け発表会「ROG Phone 5 Grand Launch Event」( https://rog.asus.com/event/ROG-Phone-5/ )を現地時間(CST)の2021年3月10日(水)19:00より実施するとお知らせしています。

発表会はライブ中継され、日本時間(JST)では3月10日20時から。また同社の中国法人である华硕电脑(上海)が公式Weiboアカウント( @padfoneofasus )にてROGブランドがテンセントと3年連続で戦略的に提携するとし、これまでの「ROG Phone II」や「ROG Phone 3」ど同様にROG Phone 5もテンセント版が用意されると見られます。

さらに中華人民共和国(以下、中国)の国務院に属する工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology;MIIT)にてROG Phone 5と見られる「ASUS_I005DA」(許可証号:00-A742-209882)および「ASUS_I005DB」(許可証号:00-A742-218048)が認証を取得し、5Gに対応しているほか、外観などが掲載されています。

続きを読む

未発表のエイスース製「ZS673KS」がEEC認証通過!Snapdragon 888搭載の次期ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」か。3〜4月に発売との噂


エイスースの次期ゲーミングシップスマホ「ROG Phone 5」と見られる未発表製品がEEC認証通過!写真はROG Phone 3

ロシアやカザフスタンなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は1月27日(現地時間)に未発表のASUSTeK Computer(以下、ASUS)製スマートフォン(スマホ)「ZS673KS」(Notification number: RU0000051432)が1月21日付で認証を取得したことを公開しています。

すでに紹介しているようにSnapdragon 888 5G Mobile Platformを搭載した次期ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」(仮称)と見られる「ASUS_I005DA」および「ASUS_I005DB」(ともに開発コード)がベンチマークアプリ「Geekbench」および「HTML5TEST」の結果に登場しており、ROG Phone 5の型番になるのではないかと予想されます。

台湾メディア「Digitimes」では複数の業界関係者からの情報としてROG Phone 5を3〜4月に発売する計画で、例年よりも早い時期にROG Phoneシリーズを投入することでASUSでは不振の携帯電話端末事業を好転させることをめざしているとしています。なお、現行モデルは「ROG Phone 3(型番:ZS661KS)」なので次は「4」ですが、中国や台湾などで縁起が悪い数字ということで飛ばされるという噂です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。