S-MAX

RedMagic

最新ゲーミングスマホ「nubia RedMagic 6・6 Pro」がAmazon.co.jpでも販売開始!SIMフリーで、価格は10万3385円と11万4885円


nubiaの最新ゲーミングスマホ「RedMagic 6」と「RedMagic 6 Pro」がアマゾンでも販売開始!

Nubia Technology(以下、nubia)と日本独占代理販売契約を締結したNLNテクノロジーが最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic 6」および「RedMagic 6 Pro」(ともに型番「NX669J」)を大手Webストア「Amazon.co.jp」( http://www.amazon.co.jp )にて販売開始しています。価格(税込)はRedMagic 6が103,385円RedMagic 6 Proが114,885円

RedMagic 6およびRedMagic 6 Proは日本向けに公式Webサイト( https://jp.redmagic.gg/ )にて4月22日に発売し、NLNテクノロジーでは当初、Amazon.co.jpなどのECサイトでも5月6日以降に販売予定だとしていましたが、予定よりも早くAmazon.co.jpでは販売が開始されました。

日本向け製品については日本向けの認証(いわゆる「技適マーク」や「PSE」)を取得しているほか、同社が日本語によるサポートを行うとし、SIMフリーモデルとして販売されます。なお、公式Webサイトでの価格はRedMagic 6が899ドル(約98,000円)、16GBのRedMagic 6 Proが999ドル(約109,000円)で送料は込みですが、他に関税などがかかります。

続きを読む

Snapdragon 888搭載の最新ゲーミングスマホ「nubia RedMagic 6」を写真や動画で紹介!外観や同梱品、基本機能などをチェック【レビュー】


SIMフリーゲーミングスマホ「nubia RedMagic 6」をファーストインプレッション!

既報通り、ZTE傘下のNubia Technology(以下、Nubia)が最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic 6」および「RedMagic 6 Pro」(ともに型番:NX669J)を日本向けに4月22日に発売しています。

新たにNLNテクノロジーが日本独占代理販売契約を締結し、日本向け製品の販売および日本語サポートを行うとのことで、日本向けの認証(いわゆる「技適マーク」や「PSE」)を取得しています。

SIMフリーモデルとして販売され、販路は現時点では公式Webサイト( https://jp.redmagic.gg/ )のみですが、大手Webストア「Amazon.co.jp」などのECサイトでも5月6日(木)以降に販売する予定だとのこと。

価格は公式Webサイトでは内蔵メモリー(RAM)が12GBのRedMagic 6が899ドル(約99,000円)、16GBのRedMagic 6 Proが999ドル(約110,000円)で、販売希望価格はRedMagic 6が103,385円、RedMagic 6 Proが114,885円とのこと(金額はすべて税込)。

そんなRedMagic 6とRedMagic 6 Proですが、今回はRedMagic 6(本体カラー「Eclipse Black」)をお借りしたので、まずはパッケージを開封して外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Nubia、5G対応の新ゲーミングスマホ「RedMagic 6」と「RedMagic 6 Pro」を日本で4月22日に発売!SIMフリーで価格は約9.9万円から


5G対応の新ゲーミングスマホ「Nubia RedMagic 6・6 Pro」が日本で4月22日発売!

ZTE傘下のNubia Technology(以下、Nubia)は8日、最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic 6」および「RedMagic 6 Pro」を日本向けに2021年4月22日(木)より販売開始したと発表しています。また発売に先立って4月15日(木)より予約受付を実施するとのこと。

なお、NLNテクノロジーが日本独占代理販売契約を締結し、日本向け製品の販売および日本語サポートを行うとし、販路は公式Webサイト( https://jp.redmagic.gg/ )のほか、大手Webストア「Amazon.co.jp」などのECサイトでも5月6日(木)以降に販売する予定だとし、SIMフリーモデルとして販売されます。

価格は公式Webサイトでは内蔵メモリー(RAM)が12GBのRedMagic 6が899ドル(約99,000円)、16GBのRedMagic 6 Proが999ドル(約110,000円)となっており(送料込)、販売希望価格はRedMagic 6が103,385円、RedMagic 6 Proが114,885円とのこと(金額はすべて税込)。なお、日本向けの認証(いわゆる「技適マーク」や「PSE」)を取得しているということです。

続きを読む

Nubia Technology、165Hzリフレッシュレートや5Gに対応した新ゲーミングスマホ「RedMagic 6」と「RedMagic 6 Pro」を発表!日本でも発売へ


新ゲーミングスマホ「nubia RedMagic 6・6 Pro」が発表!

ZTE傘下のNubia Technology(以下、nubia)は4日(現地時間)、高性能なゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic(红魔游戏手机)」シリーズにおいて5G対応の最新モデル「RedMagic 6」および「RedMagic 6 Pro」を発表しています。まずは中国で3月11日(木)に発売され、グローバル向けにも展開する予定です。

価格は中国では内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの違いによってRedMagic 6の8GB RAM+128GBストレージで3799元(約63,000円)、12GB RAM+128GBストレージで4099元(約68,000円)、12GB RAM+256GBストレージで4,399元(約73,000円)、RedMagic 6 Proの12GB RAM+256GBストレージで4,399元(約73,000円)となっており、今後、16GB RAM+256GBストレージや18GB RAM+512GBストレージも販売される予定とのこと。

なお、RedMagic 6とRedMagic 6 Proの主な違いはRAMとストレージ、バッテリー、冷却性能などとなっており、その他では本体カラーがRedMagic 6は碳纤黑(ブラック)と赛博霓虹(レッド)、RedMagic 6 Proは玄铁黑(ブラック)と冰刃銀(シルバー)が用意されています。なお、RedMagicの日本向けWebページ( https://jp.redmagic.gg/ )でもティザーを掲載していることから日本でも販売する可能性は高そうです。

続きを読む

Nubia Technology、次期ゲーミングスマホ「RedMagic 6」の新製品発表会を日本時間3月4日20時から開催!Snapdragon 888搭載に


次期ゲーミングスマホ「nubia RedMagic 6」が3月4日に発表へ!写真はRedMagic 5

ZTE傘下のNubia Technology(以下、nubia)は20日(現地時間)、同社の中国法人である努比亚技术の公式weiboアカウント( 红魔游戏手机 )にて次期ゲーミングスマートフォン(スマホ)「RedMagic 6」の新製品発表会を中国向けに現地時間(CST)の2021年3月4日(木)19:00から開催するとお知らせしています。

日本時間(JST)では3月4日20:00より。RedMagic 6は4つの最速テクノロジーを搭載しているとのことで、ティザーでは「F1と比べてもっと速く!」としてフォーミュラーのような車のイラストが描かれており、Qualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」(以下、Snapdragon 888)を搭載していると見られています。

またRedMagic 6に搭載するとされる冷却機能に関するプロモーションムービーも公開されており、65Wの急速充電などに対応すると噂されています。nubiaでは前機種「RedMagic 5」や「RedMagic 5C」を日本向けにも販売しており、RedMagic 6も同様に日本で発売する可能性も十分にありそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。