S-MAX

SO-52C

NTTドコモがXperia 1 IVやXperia 10 IV、Xperia Ace III、Xperia 5 IVにAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェアを提供開始


docomoスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」や「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SC-53C」、「Xperia 5 IV SO-54C」がAndroid 14に!

NTTドコモは21日、同社が2022年に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV SO-51C」および「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」、「Xperia 5 IV SO-54C」(ともにSony製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2024年3月21日(木)に提供したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G/Xi)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間はXperia 1 IV SO-51CおよびXperia Ace III SC-53C、Xperia 5 IV SO-54Cが約33分、Xperia 10 IV SO-52Cが約25分。なお、更新ファイルサイズは明らかにされておらず、APN(アクセスポイント)をdocomoにした場合には通信料金はかかりませんが、ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

更新後のビルド番号はXperia 1 IV SO-51CおよびXperia 5 IV SO-54Cが「64.2.C.2.121」、Xperia 10 IV SO-52Cが「65.2.B.2.112」、Xperia Ace III SO-53Cが「63.2.B.0.300」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認できます。主な更新内容は以下の通りとなっていますが、合わせてソニーの公式Webページ『Android 14対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア) | ソニー』をご確認ください。

<アップデート内容>
⚪︎主なアップデート内容
・Android 14に対応
 詳細は下記ページをご確認ください
 https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_14.html

・Android 14以外の機能向上や操作性改善
 詳細は下記ページをご確認ください。
 https://www.sony.jp/xperia/product/update/android14/

⚪︎改善される事象
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2024年2月になります。)


続きを読む

ドコモオンラインショップで単体購入を含めてXperia 5 IVが3万3千円割引、Xperia 10 IVが2万2千円割引に!Xperia 1 IVは7万7千円割引が終了


ドコモオンラインショップでXperia 5 IV・10 IV・1 IVの割引施策が8月21日より変更!

NTTドコモは18日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」において実施しているキャンペーン「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象機種のうちの5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV SO-54C」および「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia 1 IV SO-51C」(ともにSony製)の割引額を2023年8月21日(月)10時より改定するとお知らせしています。

これにより、これまで単体(白ロム)購入を含む全購入方法でXperia 5 IV SO-54Cは22,000円(金額はすべて税込)割引から33,000円割引に増額、Xperia 10 IV SO-52Cは11,000円割引から22,000円割引に増額、Xperia 1 IV SO-51Cは77,000円割引から44,000割引に減額となります。

またXperia 10 IV SO-52CとXperia 1 IV SO-51Cについては8月21日より「5G WELCOME割」の割引額・還元額も改定され、他社から乗り換え(MNP)ではXperia 10 IV SO-52Cが22,000円割引から11,000割引に減額、Xperia 1 IV SO-51Cは割引なしから22,000円割引に増額、新規契約ではXperia 10 IV SO-52Cが20,000ポイント還元から10,000ポイント還元に、Xperia 1 IV SO-51Cは還元なしから20,000ポイント還元になります。

なお、ドコモオンラインショップにおける価格はXperia 5 IV SO-54Cが137,280円(3,213円/月×23回+63,360円)、Xperia 10 IV SO-52Cが64,152円(1,813円/月×23回+22,440円)、Xperia 1 IV SO-51Cが190,872円(4,797円/月×23回+80,520円)なので、残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」を利用して23カ月目に返却するとそれぞれ残価として63,360円、22,440円、80,520円が免除されます。

また合わせてドコモオンラインショップではXperia 5 IV SO-54CおよびXperia 10 IV SO-52C、Xperia 1 IV SO-51Cの購入手続きが新規契約およびMNP、単体購入では8月20日(日)0時~8月21日10時まで、機種変更および契約変更では8月21日0〜10時までできないということです。

続きを読む

ドコモオンラインショップにて単体購入も含めてXperia 1 IVが3万3千円OFF、Xperia 10 IVが1万千円OFFに!さらに最大2万2千円OFFなども


NTTドコモがXperia 1 IVとXperia 10 IVをオンラインショップおトク割に追加!

NTTドコモは30日、同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」において実施しているキャンペーン「オンラインショップおトク割」の対象機種に5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV SO-51C」および「Xperia 10 IV SO-52C(ともにSony製)を2023年2月1日(水)10時より追加するとお知らせしています。

これにより、機種だけ(白ロム)購入(いわゆる「単体購入」)を含めたすべての購入方法においてXperia 1 IV SO-51Cが33,000円(金額はすべて税込)割引、Xperia 10 IV SO-52Cが11,000円割引となり、さらに2月1日からはキャンペーン「5G WELCOME割」によって両機種ともに他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引、新規契約ならdポイントで20,000ポイント還元となります。

現時点でドコモオンラインショップなどの直営店での価格はXperia 1 IV SO-51Cが190,872円、Xperia 10 IV SO-52Cが64,152円となっているため、価格に変更がなければ、割引適用後の販売価格は単体購入や機種変更、契約変更ではXperia 1 IV SO-51Cが157,872円、Xperia 10 IV SO-52Cが53,152円となり、MNPではXperia 1 IV SO-51Cが135,872円、Xperia 10 IV SO-52Cが31,152円となります。

また両機種ともに販売施策「スマホおかえしプログラム」の対象となっており、残価(24回目支払額)はXperia 1 IV SO-51Cが80,520円、Xpreia 10 IV SO-52Cが22,440円となっているため、23カ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は割引と合わせると、Xperia 1 IV SO-51Cが55,352円、Xperia 10 IV SO-52Cが8,712円となります。

一方、現在「オンラインショップ限定 機種購入割引」にて36,300円が割り引かれている「Xperia 5 III SO-53B」の割引が1月31日に終了するとのこと。その他、同社ではこれらの割引施策変更に伴ってドコモオンラインショップにおいてシステムメンテナンスを実施し、3機種ともに新規契約およびMNP、単体購入で1月31日(火)0時から2月1日(水)10時まで、機種変更および契約変更で2月1日(水)0時から10時まで購入手続きがきなくなるとしています。

なお、オンラインショップ限定 機種購入割引やオンラインショップおトク割といった一部割引対象商品は商品・注文内容を問わず、契約者1名義につきスマホ1台、タブレット1台(単体購入は1人につきスマホ1台、タブレット1台)までの販売とされており、複数注文が確認された場合には注文がキャンセルとなるということなのでご注意ください。

続きを読む

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV SO-52C」にAndroid 13へのOSアップデートを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Xperia 10 IV SO-52C」がAndroid 13に!

NTTドコモは25日、昨年7月に発売した「2022年春夏モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV SO-52C」(Sony製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月25日(水)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話回線(5G・Xi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約18分となっています。なお、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、大きいと思われるのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。

更新後のビルド番号は「65.1.B.3.10 release-keys」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2022年12月」となるとのこと。主な更新内容は以下の通りですが、ソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webサイト『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご参照ください。

<主なアップデート内容>
○Android 13に対応
詳細は下記ページをご確認ください。
https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_13.html

○Android 13以外の機能向上や操作性改善
詳細は下記ページをご確認ください。
https://xperia.sony.jp/product/update/android13/

○改善される事象
・スクリーンショットを取った際にシャッター音が鳴る場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年12月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモの無料で使える公衆無線LANサービス「d Wi-Fi」のSSID「0001docomo」が9月15日より一部で接続できず!対象機種や対処方法が案内


d Wi-Fiの0001docomoに接続できない不具合の対象機種などが案内!ソフトウェア更新で修正に

NTTドコモが無料で提供している公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)「d Wi-Fi」において一部の利用者がSSID「0001docomo」に2022年9月15日(木)頃より接続できないことを確認しているとお知らせしています。該当事象が発生した場合はSSID「0000docomo」へWeb認証にて接続するように案内しています。

また新たに発生機種・条件や対処方法を明らかにしており、対象機種は「Xperia 5 IV SO-54C」、「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia 1 IV SO-51C」、「Xperia 5 III SO-53B」、「Xperia 10 III SO-52B」、「Xperia 1 III SO-51B」、「Xperia 5 II SO-52A」、「Xperia 1 II SO-51A」、「Xperia 10 II SO-41A」、「Xperia 5 SO-01M」、「Xperia 1 SO-03L」の11機種となっています。

これらの機種においてGoogle Playシステムアップデート(2022年8月分および2022年9月分)とAndroid 11またはAndroid 12との組み合わせで発生するとしており、対象機種についてはソフトウェア更新を提供することで改善する予定となっており、すでにXperia 5 IV SO-54CおよびXperia 10 IV SO-52C、Xpeira 1 IV SO-51Cについては11月1日(火)よりソフトウェア更新が提供開始されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。