S-MAX

Twitter

秋吉 健のArcaic Singularity:さよなら、フリート。Twitterの時限投稿機能「フリート」の失敗と教訓からオンラインコミュニケーションのあり方を考える【コラム】


Twitterのフリート機能の終了について考えてみた!

先週、ソーシャルネットワークサービス「Twitter」界隈で少々ざわつくニュースが流れました。既報通り、Twitterの投稿機能の1つ「Fleets(フリート)」が2021年8月3日(米国時間)で終了するというものです。

スマートフォン(スマホ)からTwitterを閲覧しているみなさんならお馴染みとなっていたフリート機能ですが、登場からわずか9ヶ月ほどでその幕を閉じることとなります。

理由や原因はさまざまに考えられますが、Twitterの公式ブログによると、「フリートをきっかけに新たにTwitterで会話に参加する人の数は、私たちが望んでいたようには増えていない」というのが最大の理由だったようです。

Twitterはフリートに何を期待し、何が期待はずれだったのでしょうか。またTwitterユーザーは何故フリートを「使わなかった」のでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はTwitterのフリート機能の失敗がもたらした教訓やオンラインコミュニケーションのあり方について考察します。

続きを読む

Twitterが24時間で投稿が消える機能「フリート」を8月3日に終了!思ったような使われかたがされず、新たに会話に参加する人が増えなかったため


ツイッターが昨年11月に提供開始したFleetsを早くも終了!今後は新機能はきちんと評価後に投入へ

Twitter(以下、ツイッター)は14日(現地時間)、同社が提供・運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において昨年11月に開始した24時間後に自動的に投稿が消える機能「フリート(Fleets)」を現地時間の2021年8月3日(火)に終了すると発表しています。

同社ではより多くの人がTwitterでの会話に快適に参加できるようになることを願い、人々がふと思いついたことなどをより気軽に共有できるようにフリートを提供開始しましたが、提供後も同社が望んでいたようにフリートが使われなかったとして終了することにしたと説明しています。

新機能を早々に終了することになり、Twitterをより進化させてより大きくすることを試みているものの、フリートのようなこれらのアップデートの多くは投機的であり、うまくいきないとして今後は厳密に何がきちんと機能するかを評価し、新機能などの集中すべきものを判断していくとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:オンライン投げ銭文化の光と闇。クリエイターとユーザーを惑わす諸問題と功罪について考える【コラム】


オンライン上での投げ銭文化について考えてみた!

ゴールデンウィークボケも抜けきらない5月7日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」界隈が少々ざわつくニュースが飛び込んできました。Twitterに投げ銭システム(同社では「Tap Jar」と呼称)が導入されるかもしれないというものです。現在、Tap Jarは正式導入に向けて一部利用者を対象にテスト中だとのこと。

投げ銭とはその名の通り誰かが誰かに金銭を投げ渡す行為のことであり、かつては演劇の興行や大道芸人への謝礼などで行われていた行為です。数年前から動画配信サイトやイラスト投稿サイトでも金銭をコンテンツ提供者へ直接送るシステムが導入され、それらを俗称として「投げ銭」と呼ぶようになりました。

このオンライン上での投げ銭システムがTwitterに導入されるかもしれないというものですが、これまでにさまざまな動画投稿サイトやイラスト投稿サイトの現状を見てきた筆者としては「ついにここまで来たか」という複雑な心境です。

投げ銭システムはクリエイターやユーザーに何をもたらし、そこに問題はないのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はネット上の投げ銭システムのメリットやデメリットについて考察します。

続きを読む

Twitterが音声SNS機能「スペース」を正式提供開始!AndroidやiPhoneで利用可能。ホストは600人以上のフォロワーのみで、新機能も導入予定


Twitterの音声SNS「スペース」が正式提供開始!有料チケットやスケジュール機能なども導入予定

Twitter(以下、ツイッター)は3日(現地時間)、同社が提供・運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において音声チャット機能「Spaces(以下、スペース)」を正式提供開始したとお知らせしています。iPhoneなど向けiOSアプリやAndroidアプリで利用可能です。

正式提供に伴ってスペースの部屋(ルーム)を作れるホストにはTwitterのフォロワーが600人以上のアカウントが対象となっており、同社では600人以上とした理由としてある程度のリスナーが望め、スペースのホストとして適していると考えられるからとしています。

また今後、新機能としてホストのマネタイズを実現するための有料チケット制や複数アカウントで共同でホストになれる機能、開催予定の部屋を作れるスケジュール機能、それに伴うリマインダー機能、ライブキャプション(字幕)を改善するアクセシビリティーの向上の導入を予定しているということです。

なお、現在、AndroidおよびiOS向けアプリではフォローしている人がスペースの部屋を開始した場合にタイムラインの一番上に紫色のバブルが表示されるようになっていますが、さらにこの紫色のバブルに囲まれたプロフィール写真からそのスペースに入ることができる機能をテスト中だとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:SNSとともに生きる世界。5Gでパケ死を免れる?利用実態の変遷や世代別利用率から通信量との関連を読み解く【コラム】


SNS利用の変遷について考えてみた!

みなさんはTwitterを使い始めた頃を覚えているでしょうか。筆者はかなりの長期ユーザーで13年以上も利用しています。2007年当時はまだ日本語化もされておらず、モバイルギークだけが知ってるマイナーなコミュニケーションツール、といった雰囲気でした。

当時は画像の添付機能もなく、単に140文字以内(日本語は70文字以内だった)で「つぶやく」だけの機能だったTwitterはその後、画像だけでなく動画も添付できるようになり、今やタイムラインでは常に動画が流れています。また企業の広告も多くが動画になりました。

もちろん、Twitterだけではなく、FacebookやInstagramも同様の写真から動画といった変遷を経てきました。さらに動画コンテンツや音楽コンテンツでもスマートフォン(スマホ)の普及とともにダウンロード(DL)販売からストリーミング配信へと進化しています。

こうしたSNSやエンターテインメントコンテンツの利用形態の変化は今の私たちに何を教えてくれるでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はSNSの利用形態の変遷を中心に、これからの通信サービスについて考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。