S-MAX

motogPRO

Motorola、Android 11へのOSバージョンアップ予定機種を案内!moto g proやmoto g9 play、moto g8、moto g8 powerなどの23製品に順次展開


MotorolaのAndroid 11へのOSバージョンアップ予定機種が明らかに!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)は21日(現地時間)、同社のグローバル向けスマートフォン(スマホ)における最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを提供する機種一覧をお知らせしています。

更新予定機種には日本で販売されている「moto g pro」や「moto g9 play」、「moto g8」、「moto g8 power」が含まれているほか、フォルダブルスマホ「motorola razr」や「motorola razr 5G」などの23機種が案内されています。

続きを読む

モトローラの低価格なAndroid Oneスマホ「moto g PRO」のカメラ機能を試す!AI最適化や夜景・ポートレートモードなど。自然に近い画質【レビュー】


「moto g PRO」のカメラ機能を試した!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがプラットフォームに「Android One」を採用したスタイラスペンに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g PRO(型番:XT2043)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

最低2年間のOSアップグレードが受けられるAndroid Oneに加え、Googleが法人向けに認定している「Android Enterprise Recommended」モデルで、普段使いはもちろんビジネスシーンにおいても安心して利用できるセキュアなスマホとなっている。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では35,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では32,545円で販売されている。またBIGLOBEモバイルやIIJmio、OCN モバイル ONE、NifMo、LINEモバイルなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、それぞれ3万円前後の価格帯だ。

そんなmoto g PROをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、前回のレビューに引き続いて、今回はカメラ機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

モトローラの低価格なAndroid Oneスマホ「moto g PRO」の外観や同梱品、基本機能などを紹介!SIMフリーでスタイラスペンも搭載【レビュー】


知れば知るほど欲しくなる?個性的な仕様の「moto g PRO」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがプラットフォームに「Android One」を採用したスタイラスペン対応のSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g PRO(型番:XT2043)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では35,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では32,545円で販売されている。またBIGLOBEモバイルやIIJmio、OCN モバイル ONE、NifMo、LINEモバイルなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、それぞれ3万円前後の価格帯となっている。

そんなmoto g PROをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、今回は外観や同梱品、基本的な仕様や機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

モトローラ、低価格なSIMフリースマホ「moto g9 play」とAndroid One搭載「moto g PRO」を日本で10月30日発売!価格は2万4800円と3万5800円


モトローラがSIMフリースマホ「moto g9 play」と「moto g PRO」を発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは26日、購入しやすい価格帯におけるエントリー向けの新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g9 play(型番:XT2083)」とビジネス向けのAndroid Oneモデル「moto g PRO(型番:XT2043)」(ともにMotorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は両機種ともに2020年10月30日(金)で、発売に先立って10月26日(月)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではmoto g9 playが24,800円、moto g PROが35,800円となっています。販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱います。

MVNOではすでにgoo SimsellerやNifMoが取り扱いを発表しており、goo Simsellerでは「OCN モバイル ONE」とのセットでmoto g9 playが15,400円、moto g PROが24,640円となっており、対象オプション(ノートン モバイルセキュリティ)同時加入で1,100円割引、他社から乗り換え(MNP)で5,500円割引、NifMoでは新規契約・MNPでmoto g9 playが23,980円、moto g PROが34,980円、機種変更でmoto g9 playが20,680円、moto g PROが31,680円となっています。

なお、moto g9 playとmoto g PROは楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」には対応しておらず、日本では楽天モバイルを除くNTTドコモやau、ソフトバンク、それらの仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるとしています。ただし、moto g9 playは発売時にはauには非対応で、発売後にソフトウェア更新によって対応予定とのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。