fc6c1803.jpg

公約通り実人口カバー1億人を達成!

UQコミュニケーションズは24日、同社が展開するモバイルWiMAX(World Interoperability for Microwave Access)網を利用した高速データ通信サービス「UQ WiMAX」のサービスエリアにおいて、全国実人口カバーが1億人を達成したことを発表した。

同社の代表取締役社長 野坂章雄氏は、昨年11月に行った報道関係者向け説明会で「2012年3月末まで(2011年度中)に実人口1億人のカバーを目指す」と語っており、今回の発表により前倒しで実現したこととなる。

24日時点で、UQ WiMAXの実人口カバーは100,549,601人。全国政令指定都市の実人口カバー率が95%、東名阪主要都市の99%をカバーしているという。

「実人口カバー率」とは、市区町村の役所・役場のエリアカバーを中心に算出される「人口カバー率」に比べ、より利用者のカバー率を表すとされており、対象地域のエリアカバー人口÷対象地域の居住人口により算出される。全国政令指定都市には東京23区を含み、東名阪主要都市は東京23区、名古屋市、大阪市、人口データは平成17年国勢調査の数値を参照している。



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
UQコミュニケーションズ、2011年度中に実人口カバー1億人を目指す!地下鉄エリア化やホームタイプルータなどをまとめて紹介【レポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
全国実人口カバー1億人の達成について(UQコミュニケーションズ)
UQコミュニケーションズ