DIGNO DUALの第2弾は買いだ!

既報の通り、ウィルコムおよびウィルコム沖縄は4日、2013年夏以降に発売予定の新商品および提供予定の新サービスを披露する「新商品・新サービス発表会」を開催し、下り最大76Mbpsの高速データ通信規格「AXGP」にも対応し、AXGP/W-CDMA/PHSのネットワーク対応の京セラ製スマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K(ディグノ デュアル ツー ダブルエックスイチゼロケー)」(以下、WX10K)を発表した。

同日から予約の受付を開始し、発売開始は7月18日(木)の予定。発表会場において、このWX10Kを試すことができたので、写真と動画で紹介する。

WX10Kは、昨年の2012年6月に発売された「DIGNO DUAL WX04K」に続く京セラ製のウィルコム向けAndroidスマートフォンの第2弾モデル。最大の特長はPHS、3G(W-CDMA)に加え、4G(AXGP)にも対応したトライネットワークモデルという点だ。


130704_willcom_wx10k_02_960
本体正面。左からピンク、ホワイト、ブラック、ブルー

130704_willcom_wx10k_03_960
本体背面。電池カバー部分となる背面パネルはいずれも艶消し仕様

130704_willcom_wx10k_04_960
本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130704_willcom_wx10k_05_960
本体正面向かって上部側面(画像上)と下部側面(画像下)

130704_willcom_wx10k_06_960
ワンセグ用のアンテナ

130704_willcom_wx10k_07_960
背面のカメラ周りにはスピーカーやFeliCaポートを搭載する

130704_willcom_wx10k_08_960
本体正面のディスプレイ下部。ハードキーは搭載されていない

130704_willcom_wx10k_09_960
ディスプレイ上部には「WILLCOM」「SoftBank」、通知バーに「PHS」「4G」の表示

本体のサイズは約66(W)×134(H)×10.9(D)mm(突起部を除く)、質量は約134g、ディスプレイのサイズは4.7インチ、解像度は720×1280ドットで、ディスプレイ自体を振動させて音を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載している。そのため、本体上部に通話時のスピーカーとなる「受話口」が搭載されていない。本体のカラーはピンク、ホワイト、ブラック、ブルーの4色展開。

本体正面向かって左側面にはmicroUSB端子、角の部分にストラップホール、右側面には電源ボタン、上下のボリュームキー、電源ボタンの近くに伸縮するワンセグ用アンテナを搭載する。

また、本体上部側面には3.5mmイヤホンジャック、本体下部側面には電池カバーを外す際に爪をひっかけるための凹んだ部分がある。

トライネットワークに対応していることで、画面上部の通知バーに表示される電波状態を表すアンテナピクトには、PHSや4G、3Gといった表示見受けられるのが特長的だ。

なお、対応している通信について、国内通信方式は、PHS(1900MHz)、AXGP(2500MHz)、 W-CDMA(900/1500/2100MHz)、海外通信方式は、W-CDMA、GSM(900/1800/1900MHz)に対応する。また、Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/nに対応している。


130704_willcom_wx10k_12_960
microUSB端子はパッキンが付いたキャップで覆う

130704_willcom_wx10k_10_960
電池パックを外したところ。電池カバーにもパッキン

130704_willcom_wx10k_11_960
電池パックを外すとUSIMカードトレイとmicroSDカードスロットが見える

WX10Kは、IPX5/IPX7相当の防水性能およびIP5X相当の防塵性能に対応しているため、本体側面のmicroUSB端子を覆うキャップ、電池カバーの裏、バッテリーボックス周辺には液体の侵入を防ぐためパッキンが取付けられている。

電池パックは、3.8V 2000mAH 7.6Whのリチウムイオン電池、LB06KCが使われていた。なお、カタログスペック上は、連続通話時間がPHSモードで約18.5時間、3Gモードで約14時間、連続待受時間がPHS/3Gデュアルモードで約400時間、PHS/4Gデュアルモードで約310時間となっている。


130704_willcom_wx10k_13_960
ストレージの画面(左)と端末情報画面(右)

130704_willcom_wx10k_14_960
ロック解除画面

130704_willcom_wx10k_15_960
通知パネル設定画面

130704_willcom_wx10k_16_960
プロフィール画面(左)とモバイルネットワークのネットワークモード選択画面(右)

130704_willcom_wx10k_17_960
フォント切替画面

Androidのバージョンは4.2.2(開発コード名:JellyBean)、1.5GBのRAM、16GBのROMを搭載し、アプリや各種データなど保存するための空き容量(ユーザー領域)は、「本体メモリ」の空き容量が4GB弱、「内部ストレージ」の空き容量が8GB弱となっていた。

ロック解除画面では、カメラやメモ機能などが一発で起動可能になっている。また、通知エリアを開いた際の「通知パネル」の設定も可能だ。プロフィール画面ではPHSと3G/4G用の電話番号が表示されるほか、モバイルネットワークの設定では、「4G/3G/GSM」「4G/3G」「3G/GSM」「3G」「GSM」のいずれかを選択して設定できる。

また、フォントの切り替えも可能だ。6種類の文字フォントがプリインストールされているので、好みの文字フォントを選択して画面の表示を変更することができる。


最後に、電源投入時のブート画面、ロック解除画面、各種設定画面、通知画面の設定、WILLCOMのEmail、文字入力、ブラウザ、フォント変更などの基本操作を試した動画を紹介する。


S-MAX:京セラ製「DIGNO DUAL 2 WX10K」ファーストインプレッション



130704_willcom_wx10k_18_960


◯主な仕様
スペック
商品名DIGNO DUAL 2(ディグノデュアルツー)<WX10K>
メーカー京セラ株式会社
国内通信方式PHS方式(1900MHz)、AXGP方式(2500MHz)、W-CDMA方式(900/1500/2100MHz)
海外通信方式W-CDMA方式、GSM方式(900/1800/1900MHz)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n
OSAndroid 4.2
CPUMSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
メモリ [RAM]1.5GB、[ROM]16GB
サイズ(W×H×D)約66×134×10.9mm (突起部を除く)
基本機能質量約134g
液晶画面4.7インチ
解像度720×1,280ドット
フル充電時間約3時間(ACアダプタ01型式AC01-MU-K使用時)
連続通話時間約18.5時間(PHSモード)
 約14時間(3Gモード)
 約10時間(GSMモード)※6
連続待受時間約400時間(PHS/3Gデュアルモード)  
 約310時間(PHS/4Gデュアルモード)  
 約280時間(GSMモード)※6
電話帳共有メモリ容量に依存(1件あたりの件数制限なし)
Flashプレーヤー
赤外線通信
Bluetooth○(Bluetooth標準規格Ver.4.0+EDR準拠)
カメラ[アウト]約810万画素/CMOS  
 [イン]約120万画素/CMOS
防水/防塵IPX5・IPX7/IP5X
おサイフケータイ®
メールMMS
SMS
ライトメール
メモリーカードスロット
イヤホンジャック○(3.5㎜φ丸型タイプ)
その他機能ワンセグ、ハイビジョン動画撮影、着うた、留守番電話、GPS、加速度センサー、ワン切りチェッカー、ミュージックプレーヤー、バイリンガル、テザリング(3G/4GNW利用)
主な付属品簡易取扱説明書
SAR値

0.15W/kg(PHSモード)

0.664W/kg(3Gモード)

WX02SH



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ウィルコム、AXGP/W-CDMA/PHSに対応したAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K」を発表!おサイフ(Felica)やスマートソニックレシーバーなどに対応 - S-MAX(エスマックス)
「DIGNO DUAL 2<WX10K>」の発売について ~PHSと高速データ通信4Gに対応した、毎日の生活になじむ多機能デュアルスマートフォン~ | ウィルコム(WILLCOM)