WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターの各社キャンペーンを比較!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)の高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーターに、今年5月に発売されたNECプラットフォームズ(旧NECアクセステクニカ)製「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」(以下、NAD11)に続き、ファーウェイ製「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」(以下、HWD15)が登場し、既存のファーウェイ製「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(以下、HWD14)と合わせて3機種となった。

これらのWiMAX 2+対応モバイルWi-FiルーターはUQ以外にも@niftyやSo-netなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)各社からも販売されている。

そこで、前月に引き続き、これらの各社キャンペーン内容を比較してみた。なお、各社ともキャンペーン内容としては前月の7月と同じで、キャッシュバックの金額が20,000円と高いSo-netがオススメとなっている。

また、BIGLOBEはHWD15の取り扱いを行っていないため、今回は省いているが、NAD11であってもSo-netがオススメであることは変わりない。

◯Wi-MAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターのキャンペーン比較(2014年8月分)
事業者UQ@niftySo-net
本体代金HWD15本体のみ:4,800円
クレードルセット:6,800円
クレードルセットで1円本体のみ:0円
クレードルセット:3,500円
NAD11本体のみ:2,800円
クレードルセット:4,800円
クレードルセットで1円本体のみ:0円
クレードルセット:2,750円
契約事務手数料3,000円3,000円3,000円
特典内容商品券3,000円&ブルーガチャムクスマホスタンドプレゼントキャッシュバック15,000円
※HWD15はキャッシュバック対象外
キャッシュバック20,000円
キャッシュバック受取時期契約月の翌月までに商品券発送契約月の翌月までに商品券発送開通月から9カ月目
※HWD15はキャッシュバック対象外
申込から13カ月目の15日にメールにて案内
契約年数2年間2年間2年間
契約月のWiMAX通信料有料無料無料
契約解除料1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
※タブレットセットの場合はそれぞれ5,000円が上乗せ
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
※Kindleプレゼントの場合は違約金上乗せ


◯UQコミュニケーションズ本家契約も
UQコミュニケーションズが展開しているキャンペーン特典は契約事務手数料にあたる3,000円が商品券で還元、ブルーガチャムクのスマホスタンドプレゼントという内容のみになっているので、MVNO各社と比べるとキャンペーン内容が渋いのが悩ましいところだ。UQコミュニケーションズ本家のキャンペーンは以下より。




◯@nifty WiMAX:15,000円キャッシュバックまたはMeMO Padをプレゼント
@nifty WiMAXは前月と同じく特典がキャッシュバック15,000円または8インチAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad 8」となっている。キャッシュバック金額ではSo-netの20,000円と比べると見劣りする。@nifty WiMAXのキャンペーンページは以下より。




◯So-net WiMAX:20,000ポイント還元をキャッシュバック20,000円に変更
So-net WiMAXは前月に引き続き特典がキャッシュバック20,000円と、キャッシュバック金額はここで紹介している3つの中で最大となる。また、キャッシュバックされるタイミングは、
お申し込みから9ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスのご利用開始が確認できた方へ、お申し込みから13ヶ月後の15日にSo-netよりキャッシュバックお受取手続き(ソネット de 受取サービス)のご案内メールをお送りします。メール内容に沿って手続きを行ってください。

となっているので、キャンペーンでキャッシュバックを受け取る場合は受取手続を忘れないように注意が必要だ。

@nifty WiMAXと異なり、So-netはタブレットがセットになるキャンペーンを行っていないものの、その分キャンペーン内容はシンプルになっているので、タブレットが不要でキャッシュバック金額でプロバイダを選ぶという人はSo-net WiMAXがオススメだ。

また、この時点では本体のみであればNAD11やHWD15も0円なので、HWD14を選ぶ理由はほぼないと思われ、NAD11とHWD15を比べるとクレードルセットが750円の違いなので、ほとんど価格差がないため、国内出張などが多いなどで4G LTEの広いエリアと大容量バッテリーが必要な場合はHWD15、普段行動する範囲がWiMAXおよびWiMAX 2+のエリア内でそれほど長時間利用しないということであればコンパクト&スリムなNAD11でいいのかなと思われる。これらの2機種の比較も行っているので参照して欲しい。So-net WiMAXのキャンペーンは以下より。



記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ