P-01H
1年ぶりのドコモフィーチャーフォン!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、iモードに対応した新しい折りたたみ型ケータイ(フィーチャーフォン)として「P-01H」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

発売時期は2015年11月下旬予定で、9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で1万円台後半を予定。

かつて一時代を築いたiモード対応フィーチャーフォンも今では機種数が激減し、今夏の新端末モデルでは1機種も発表がありませんでしたが、2015年冬~2016年春モデルとして1年ぶりの新機種発売を果たしました。

性能面では前身の機種といえる「P-01G」と比較しても大きなスペックアップなどは特にありませんが、主にソフトウェア面での利便性の充実が図られたブラッシュアップモデルと言えます。発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

p01h-002
ボディカラーはゴールド、ダークメタル、ホワイト、レッドの4色


携帯電話の中心的機種がスマートフォンに移行して以来「ガラケー」の愛称で親しまれたフィーチャーフォンは一気に数を減らしました。一方で通話に特化した維持費の安い携帯電話が欲しいという声も未だに根強く、ガラケー需要が完全になくなった訳ではありません。

また昨年末あたりから話題となった、フィーチャーフォンの形態をしたスマートフォンOSのケータイが「ガラホ」(ガラケー+スマホ)の愛称で各社から発売されましたが、スマートフォンと同じような機能を持ち合わせ便利に使える一方で料金体系がこれまでのフィーチャーフォン向けのプランよりも高くなる傾向があり、安い維持費を求める層からは不評を買ってしまいました。

今回のP-01Hがガラホではなく従来通りのガラケーとして1年ぶりに登場した背景には、そういった需要層への意識があったのかもしれません。

p01h-003
前面。右側に着信通知や時計などが表示される


p01h-004
裏面。バッテリーは交換可能。バッテリーを外すとSIMスロットなどにアクセスできる


P-01Hの最大の特徴は「超大文字」。前身の機種となる「P-01G」でも採用されていた大型の80ドットフォントでメールなどを表示する機能ですが、本機ではさらに便利になりメールの新規作成、SMS、アドレス帳などでも利用可能になりました。

「みまもりメール」機能も本機の特徴の1つ。メールを見た回数や電話を掛けた回数、端末の開閉回数、電池残量など、1日の使用ログをあらかじめ登録している連絡先へ自動的にメールで送信する機能で、主に子供や年配の方の生活支援としての利用が想定されています。

歩数計機能なども復活し、健康支援と共に歩数情報は前述のみまもりメールで送信できるようになっています。

p01h-005
下面。とくに機能などはない


p01h-006
上面。こちらもヒンジのみ


p01h-007
左側面。外部接続端子、充電台用端子がある


p01h-008
外部接続端子は防水キャップ式


p01h-009
右側面。マナーキーがある


これらの機能については以下の動画からもご覧いただけます。



防水防塵といった基本性能も従来通りで多少の水濡れやホコリなどでも問題なく使え、連続待受時間も約750時間を確保するなど、フォーチャーフォンらしい安心感があります。よく連絡する電話番号などを登録しワンタッチで呼び出せる「マルチワンタッチボタン」を3つ搭載している点もP-01Gなどから継承しています。

p01h-010
正面。画面は3.4インチ・フルワイドVGA(480×854ドット)


p01h-011
キー面。シートキータイプだが打鍵感は高く使いやすい。


超大文字やみまもりメール、歩数計など、より「らくらくホン」的な用途が明確になったP-01H。スマートフォンを必要としない世代やユーザー層を見据えた潔い方向性選択だと言えます。

◯主な仕様
機種名P-01H
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約112×51×15.3
質量(g)約123
連続待受時間(静止時[自動])
(3G/GSM:時間)
約750/ー
連続通話時間
(3G/GSM:分)
約250/ー
メインディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、
方式、発色数)
約3.4インチ
フルワイドVGA 480×854
TFT液晶 26万色
サブディスプレイ
(サイズ:インチ、
方式、発色数)
約0.9インチ
有機EL
1色
バッテリー容量1000mAh
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDHC(32GB)
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
CMOS
約510万画素/ 約490万画素
内側カメラ機能
Xi(LTE)
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
7.2Mbps/2.0Mbps
GPS/オートGPS
(◎は海外対応)
ー/ー
赤外線通信
Bluetooth
(2.0+EDR)
ワンセグ/フルセグ
(◎は録画対応)
◎/ー
防水/防塵○/○(IPX5、7/IP5X)
UIMカードminiUIM
ゴールド
ホワイト
レッド
ダークメタル
製造メーカーパナソニックモバイル
コミュニケーションズ
※1 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



記事執筆:あるかでぃあ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
P-01H 関連記事一覧 - S-MAX