ASUS製WebブラウザーにAdblock機能を標準搭載!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズおよびタブレット「ZenPad」シリーズ向けのWebブラウザーがVer2.1.1.80となり、新たに広告ブロック機能「Adblock Plus for ASUS」(以下、Adblock)が加わった。

Adblock機能は、ページ読み込み速度の向上に効果が期待できる機能だ。また、最近では広告からマルウェア感染する事例も出てきており、Adblockによる効果が期待できそうだ。今回はこのAdblock機能を紹介していく。

02
左が通常の表示、右が広告非表示になった状態

AdblockはWebブラウザをVer2.1.1.80にアップデートするとデフォルトでオンになっている。この状態でWebサイトを表示するといくつかの広告が非表示となる。サイトによっては、広告ではない動的なサイト内リンク表示も広告としてはじかれてしまうようだ。


03

Adblockの設定変更は[設定]の中にある[Adblock Plus for ASUS]を選ぶ。


04

Adblockの設定の中には「広告のブロック」のオン・オフや広告の表示の許可設定、「追加ブロックオプション」などがある。ちなみにAdblockをオンにしても全ての広告が非表示になるわけではなく、「サブスクリプション」に記述されている項目がフィルタリングされる仕組みだ。


05

追加ブロックオプションには、追跡(トラッキング)を無効にする、マルウェアドメインを無効にするといったセキュアな設定、Adblock対策メッセージを無効にする設定、ソーシャルメディアの共有数を表示するスクリプトを無効にする設定がある。

広告非表示によるページの読み込み速度はどう変わるのか試してみたが、端末の処理速度が速く回線速度が速い条件であれば読み込み終了までの時間はさほど変わらない。

広告のスクリプトの実行が遅い端末や回線速度が遅い場合は多少効果があった。一方でページ読み込みのプログレスバーが消えない(読み込み処理が終了しない)サイトも見られた。

ただ単に読み込みを早くするだけなら、追加ブロックオプションの「ソーシャルメディアボタンを無効にする」をオンにするとよい。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ASUSTeK Computer 関連記事一覧 - S-MAX