約2万円のSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC520TL」を写真でチェック!

日本ではASUS JAPANから2017年1月中旬以降に発売予定であると発表された新しいASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」。

同社の「ZenFone」シリーズの中においてバッテリー容量の大きな"Max"モデルの最新機種で、前機種の「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」の5000mAhよりは少ない4100mAhと容量は少なくなったものの、省電力化などによってほぼ同じ連続待受時間などとなり、電池持ちの良さは健在。

また価格がメーカー希望小売価格で19,800円(税別)とZenFone 3シリーズでは最安となっており、すでに販売されている「ZenFon 3(型番:ZE520KL)」や「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」のさらに下の廉価モデル、そして、これからSIMフリースマホにしようというような人向けのエントリーモデルとなっています。

今回はまだ少し発売は先ですが、一足早くASUS JAPANより日本版をお借りしたのでさっそく外観や同梱物を写真を交えて紹介したいと思います。
なお、公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込21,384円(税別19,800円)で事前予約受付を実施しています。

02
ZenFone 3 Maxの箱

箱はZenFone 3やZenFone 3 Deluxe、ZenFone 3 Ultra、ZenFone Zoomなどが黒い高級感のあるものだったのに対し、ZenFone 3 MaxではZenFone 3 Laserや過去のZenFoneシリーズと同じように白をベースにしたシンプルなものとなっています。

03
箱を横にスライドして出すと、ZenFone 3 Maxの本体が

また横にスライドさせて開けると、ZenFone 3 Maxの本体が現れ、その下にUSBケーブル(A-micro B)やACアダプター、USBホストケーブル(リバースチャージ用)、SIMピン、簡易取扱説明書などの紙類といった付属品が同梱されています。

他の製品と少し異なるのは、ZenFone Maxでも対応していた大容量バッテリーを活かした他のスマホなどに給電・充電できるリバースチャージ機能のためのUSBホストケーブルが付属している点でしょう。SIMピンは、ZenFoneシリーズ共通の持ち手部分が丸い小さなものに。

04
ZenFone 3 Maxの本体の下には付属品が収納


05
ZenFone 3 Maxの同梱品一覧

ZenFone 3 Maxは透明な保護シートに包まれているので、剥がして出します。画面に傷が付いたりするのが気になる場合には、別途、画面保護シートを購入して貼ると良いでしょう。

なお、ZenFone 3 MaxもZenFone 3やZenFone 3 Laserなどと同様に2.5Dラウンドガラスを採用しており、強化ガラスのため画面の傷は付きにくくなってはいる一方、画面保護シートによってはうまくぴったりと貼れない場合もあるので、購入するものは良く前評判などをチェックしておきたいところです。

06
ZenFone 3 Maxを透明な保護シートから出すところ

ZenFone 3 Maxは約5.2インチHD(720×1280ドット)IPS液晶ディスプレイ(5点マルチタッチ対応)を搭載したミドルレンジスマホです。ホームボタンなどのナビゲーションボタンは、画面内に表示されるソフトウェア式のため、ディスプレイの下にはASUSロゴのみとなっています。

07
ZenFone 3 Maxを持ったところ

サイズは約149.5×73.7×8.55mm、質量は約160g。前機種のZenFone Maxが5.5インチサイズで200gオーバーだったのに対し、かなり小型軽量化しました。また、外観はZenFone 3 Laserとかなり近く、前面の2.5Dラウンドガラスだけでなく、背面側もラウンドデザインとなっており、持ちやすくなっています。

機種ZenFone 3 MaxZenFone MaxZenFone 3 LaserZenFone 3
型番ZC520TLZC550KLZC551KLZE520KL
価格21,384円30,024円30,024円42,984円
画面5.2型HD5.5型HD5.5型FHD5.2型FHD
電池容量 mAh4100500030002650
大きさ mm149.5×73.7×8.55156×77.5×5.2〜10.55149×76×7.9146.8×73.9×7.69
重さ g160202150144
SoCMT6737MSnapdragon 410Snapdragon 430Snapdragon 625
RAM2GB2GB4GB3GB
内蔵
ストレージ
16GB16GB32GB32GB
背面カメラ1300万画素1300万画素1300万画素1600万画素
レーザーAF××
前面カメラ500万画素500万画素800万画素800万画素
指紋認証×
ジャイロ××
au VoLTE××
DSDS(3G・4G)×××
※ 発売時のASUS ZenFone Shopにおける税込価格

08
ZenFone 3 Maxの前面。ディスプレイの上部にはフロントカメラや近接センサー、光センサー、通話用スピーカーが配置

側面や背面は約2万円ながらメタル素材を採用し、高級感あるデザインに。メタルボディーのため、背面にはZenFone 3 Laserと同じく上側と下側に横一線のアンテナラインがあります。また、背面の指紋センサーは指紋認証による画面ロック解除など以外にもダブルタップでカメラの起動やまたタップすることで撮影ができるように設定可能。

10
右側面には電源キーや音量上下キーが配置


09
右側面の音量上下キーと電源キーには、ZenFoneシリーズのシンボルでもあるスピン加工が施されている


11
左側面にはSIMカードおよびmicroSDXCカードのスロットが配置


12
SIMカードおよびmicroSDXCカードスロットを出したところ


13
スロットはmicroSIMカード(3FF)と、nanoSIMカード(4FF)およびmicroSDXCカードの共用の2つ


14
上側面には3.5mmイヤホンマイク端子が配置


15
下側面にはmicroUSB端子や通話用マイクが配置


16
付属のリバースチャージ用ケーブルでZenFone 3 LaserをZenFone 3 Maxで充電しているところ


17
ZenFone 3 Maxの背面にはリアカメラやLEDフラッシュライト、指紋センサーなどが配置。ASUSロゴの上にある文字が書いてある部分はシールなどで剥がせる


02

03
今回紹介しているのはシルバーだが、カラーバリエーションは他にゴールドとグレーの3色展開。シルバーの前面はディスプレイの周りがホワイトに


18
ZenFone 3 Max(左)とZenFone 3 Laser(右)の比較。ZenFone 3 Laserのほうが5.5インチ画面かつハードウェアのナビゲーションキーがあるにも関わらず縦はほとんど同じ


19
ZenFone 3 Max(左)とZenFone 3 Laser(右)の背面はかなり似ているが、ZenFone 3 Laserの指紋センサーのほうが長細く、レーザーオートフォーカス用のセンサーがあるのがわかる


20
ZenFone 3 Max(左)とZenFone 3 Laser(右)の横幅は、ZenFone 3 Maxのほうが多少狭いので持ちやすさは上だと思われる


21
ZenFone 3 Max(手前)とZenFone 3 Laser(奥)の厚みの違い。ZenFone 3 Maxは4100mAhと大容量電池搭載ながら鈍器のようではなく、ほぼ普通のスマホのサイズ感となっている


22
最後にZenFone 3 Max(左)と4.7インチの「iPhone 6s」との比較。ひと回りからふた回りくらい大きい

OSはAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)で、独自ユーザーインターフェース「ZenUI 3.0」を採用。モデル名は「ASUS_X008DB」。au VoLTEには対応していないため、認証番号は「ADF」ではなく「AD」に。RAMはトータル1.8GBのうち、1.2GBを使用しており、残り679MB、内蔵ストレージはトータルで16.0GBのうち、6.40GBを使用しており、残り9.60GBとなっていました。

日本語入力は「ATOK for ASUS」がプリインストール。Googleドライブ(100GB・2年間無料)の特典やASUS WebStorageサービス(5GB・永久無料)も利用可能。

23 24

25 26

27 28

その他、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.0、GPS、加速度センサー、電子コンパスなどを搭載していますが、ゲーム「Pokémon GO」のARモードなどを利用するためのジャイロセンサーは非搭載となっています。対応周波数帯は以下の通り。

FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1800/1900MHz)


29

別途紹介する予定ですが、動作もそこそこ動いていますし、発売時から約2万円とかなり安く、初心者にも嬉しい大容量バッテリー搭載で電池持ちも良いため、まさにエントリーモデルとして最適な機種と言えそうです。発売が楽しみですね!



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZenFone 3 Max 関連記事一覧 - S-MAX