S-MAX

タブレット

秋吉 健のArcaic Singularity:タブレット戦線異常あり?売れ行きが復活しつつある同市場を消費者心理や購買目的変遷から考察する【コラム】


タブレット市場の動向について考えてみた!

既報通り、Apple(アップル)は18日(現地時間)、新型タブレット「新しいiPad Pro(11インチおよび12.9インチ)」を発表しました。新型コロナウィルス感染症対策から例年のような大規模な発表会が行われなかったため、発表を知らなかった人もいるかも知れません。

恐らくみなさんも何かしらのタブレットを持っているか、購入した経験があるかと思います。過去に一度も使ったことがないという人は少ないでしょう。しかし、その買い替えや新たなタブレットの購入となると、なかなか踏み切れないのも人の心理です。

2017~2018年頃のタブレット市場の動向を振り返ってみると、「沈むタブレット市場」、「出しても売れない」、「低迷するタブレット売上」など、そのような内容の見出しを多く見つけられます。

ところが、2019年半ばから再び活気づいており、電気通信事業法が一部改正された2019年10月以降も、モバイル端末業界全体としては売上を落としつつもタブレット市場は前年を上回る販売状況が続いています。

タブレット市場に一体何が起こっているのでしょうか。また現在のタブレットの魅力とは一体何なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はタブレット端末の人気の秘密と購買層の心理的変遷などを考察します。

続きを読む

Apple、ペン入力に対応した新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」を発表!3月末に発売され、価格は4万9464円からと5万9184円からに


Appleの新しいタブレット「iPad mini 5」と「iPad Air 3」が登場!

Appleは18日(現地時間)、チップセット(SoC)に「Apple A12 Bionic」を搭載でスペックアップして新たにペン入力「Apple Pencil」にも対応した新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」(以下、iPad mini 5)および「iPad Air(第3世代)」(以下、iPad Air 3)を発表しています。

日本を含む各国・地域で販売され、すでに同社の公式Webサイト内およびiOS向けアプリ「Apple Store」によるオンラインストアでは予約販売を開始しており、2019年3月30日(土)より出荷開始となっているほか、Apple直営店の店頭でも来週より販売開始されるということです。

それぞれWi-FiモデルおよびWi-Fi+Cellularモデルの内蔵ストレージの64GBと256GBが用意されており、本体カラーもシルバーおよびスペースグレイ、ゴールドの3色展開。なお、NTTドコモおよびau、SoftBankからも販売されます。

価格(税別)はApple直販ではiPad mini 5のWi-Fiモデルが64GBで45,800円、256GBで62,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが64GBで60,800円、256GBで77,800円、iPad Air 3のWi-Fiモデルが64GBで54,800円、256GBで71,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが64GBで69,800円、256GBで86,800円。

続きを読む

比べてみると結構違う!?NTTドコモ向け8インチタブレット「dtab Compact」の最新機種「d-02K」を先代「d-01J」と比較してみた【レビュー】


結構ある両機種の違い!docomo向けの新dtab Compactの性能を先代と比較してみた

NTTドコモのオリジナルタブレットブランド「dtab」として約8.0インチWUXGA(1200×1920ドット)TFT液晶を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の新製品「dtab Compact d-02K」(Huawei Technologies製)が8月10日に発売されました。

dtabシリーズでは初となる防水(IPX5/7相当)に対応しているほか、タブレットとしては珍しいデュアルカメラ搭載と、NTTドコモが示した「カメラが自慢の2018夏モデル」のテーマを体現する非常に魅力的な機種となっています。

尖った特徴を持った製品が大好きな筆者もさっそく購入しましたので、ベンチマーク比較などを交えて前機種「dtab Compact d-01J」と性能や特徴を比較してみました。比べてみると、どちらも一長一短があるので必見ですよ!

続きを読む

教育現場へのICT導入をインフラ面からサポート!NTTドコモが参画した小学校の授業におけるタブレットを用いたICT活用事例を紹介【レポート】


docomoが参画した小学校授業へのICT活用事例をレポート!

NTTドコモでは2020年に向けた新しい教育指針へのICT(Information and Commnication Technology/情報通信技術)活用、また働き方改革へのICT活用などを目的に有識者や教育現場と協力してのICT活用推進に取り組んでいます。

一例として2017年度より「教育の情報化」の有識者・研究者である東北学院大学・稲垣忠教授と協力し、宮城県内の小学校で授業にICTを活用する実践に参画してきました。

この取り組みを紹介する場として2018年5月13日(日)にNTTドコモ東北支社で「富谷市立明石台小学校でのタブレットを用いた実践授業の成果報告会」を開催しています。当日取材しICT活用事例・利用検証に関する話を聞いてきたので、レポートしていきます。

続きを読む

ファーウェイの新しいAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と「HUAWEI MediaPad M5」を試す!滑らかなタッチペン操作が大きな魅力【レポート】


HUAWEI MediaPad M5シリーズが日本向けに発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、日本市場向けにHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のAndroid搭載タブレット「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と「HUAWEI MediaPad M5(8.4インチ)」を販売すると発表した。

いずれの製品も同日から予約受付を開始しており、5月18日から販売を開始する。本記事では同日に都内で開催された発表会において実機を試すことができたのでレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。