b5bd4ed5.jpg

「talkingSIM」のパッケージと「Xperia」を並べたところ

日本通信が新しい領域に踏み込んだ製品が7/30(金)に発売開始された「talkingSIM」だ。これまでの日本通信の製品は主にPHSや3G、そして、無線LANによる“データ通信”を提供するものだった。モバイルIP電話による「もしもしドッチーカ」といった製品も提供しているが、MVNOでいわゆる回線交換による“電話”サービスははじめて提供することになる。そんな「talkingSIM」を「Xperia」で使ってみたので使い方とメリットを紹介しておこう。
電話サービスに対応したことで、主に以下のメリットが生まれた。

 1) 通話やSMS(ショートメッセージ)ができる
 2) 他社携帯電話事業者からMNP(モバイルナンバーポータビリティ)により電話番号を変更せず利用できる
 3) 一部機種(「HT-03A」のOSバージョン1.6など)で通話ができないと利用できなかったもので利用できる
 4) プリペイドではなくポストペイドによる月額支払いになった

当たり前だが、これまでの「b-mobile 3G」や「b-mobileSIM」などの製品では、データ通信しかできなかったので、通話はできなかったわけだ。これによって、本当の意味で携帯電話として利用できるSIMカードが手に入るようになった。

これまでの「b-mobileSIM」などのメリットであった月額利用料が安いというメリットももちろん継承している。現状では、通常SIMカードの「talkingSIM」は、通信速度が上下最大300Kbps超となる「talkingSIM U300」のみとなっており、月額3,960円(1,050円分の無料通話分含む)で利用可能だ。

一方で、デメリットもある。
 1) 初期手数料がかかるようになった
 2) 通話ができたり、無料通話分ある分の月額利用料が高くなっている

動作確認機種は、海外で販売されているSIMフリー版「iPhone 3GS(iOS4.0以上)」、NTTドコモ「F1100」「HT-03A」「HT1100」「Xperia SO-01B」「T-01A」、SIMフリー端末である「Nokia E60/E61」、「Google GDD Phone」、「HTC P3600」、「Motorola FR68/FR6000/MC75」の13機種となっている。他にもSIMフリー端末なら利用可能だと思われるが、技術基準に適合した(技適マークのついた)機種でないと国内での利用は電波法的に推奨されない。

申し込みは、日本通信のウェブサイト「talkingSIM」から行う。注意事項をよく読んで、「注意事項を確認しました」にチェックをして「次に」、「bモバイル利用規定に同意する」にチェックをして「申し込み」を押して、作業を進めていけば良い。b-mobile IDでログインする必要があるが、IDを持っていない場合には、このときに新規登録する。後々、My b-mobileを利用するためにも利用することになる。

a42e3fda.png

日本通信「talkingSIM」サイト


ad09df66.png

お申し込みはこちらから申し込みを行う


c8f4d704.png

注意事項や規約に同意して「My b-mobile」のログインする


64044755.png

My b-mobileにログインすると本人確認情報を入力する


be6ece57.png

続いて本人確認書類の画像を「追加」でアップロードしてから「次へ」を押す


1cba80bd.png

決済情報入力でクレジットカード情報を入力する。支払い方法はクレジットカードのみ


e5112e64.jpg

しばらくすると「talkingSIM」のパッケージが郵送されてくる。中に入っているSIMカード(FOMAカード)をはずして利用する端末に装着しよう


323abe7b.jpg

今回は「Xperia」で試してみた。裏蓋およびバッテリーを外してSIMカードを入れ替える


3926a668.jpg

talkingSIMはまさにドコモの「FOMAカード」と見た目はまったく同じなのでどちらがどちらなのかわからなくならないように注意しよう


f4661f7c.png

電源を入れたらホーム画面でメニューキーを押して、「設定」→「ワイヤレス設定」→「モバイルネットワーク」を選択する


1374fb5a.png

「アクセスポイント名」に行ったらメニューキーを押して「新しいAPN」を選び、talkingSIMのAPN(アクセスポイント)を追加する


40fb3dfa.png

talkingSIMのAPN情報はパッケージにも記載されており、各種情報を設定したらメニューキーから保存しよう


f5d5ce78.png

通話してみるときちんと通話できる


daa4c1b9.png

データ通信をしてみたところ

NTTドコモとtalkingSIMの料金比較
サービスNTTドコモtalkingSIM
契約内容タイプSS バリュー+ファミ割★MAX50orひとりでも割★50適用
spモード
ユニバーサルサービス料
パケ・ホーダイ ダブル
talkingSIM
月額利用料1,693~7,288円3,960円
無料通話分1,050円分1,050円分

料金を比較してみると、3G回線によるデータ通信を行わなければドコモのほうが安くなるが、利用するなら圧倒的に「talkingSIM』のほうが安いのがわかる。

通信速度は上下最大300Kbpsと遅いが、SIMロックフリー端末が増えてくるとこういったNTTドコモやau by KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコムといった事業者以外も選択肢として出てくるようになる。端末と回線が別々に選べる日がやってきたわけだ。それぞれ自分にあったサービスやプロダクトを選びたい。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
iPhone 4やXperiaで話題!日本通信「talkingSIM&b-mobileSIM」情報まとめ - S-MAX - ライブドアブログ
iPhone 4をNTTドコモ網で使う!日本通信、SIMフリー版用microSIMカードを正式発表 - S-MAX - ライブドアブログ
iPhone 4やiPadをドコモ回線で使える!日本通信が「microSIM」を今月中に発売 - S-MAX - ライブドアブログ
talkingSIM(トーキングシム) | ついに音声通話をプラス、SIMロックフリーが加速する。