2432e1ff.jpg
これはただの“変り種”タブレットではない!

アスース・ジャパンは10日、Android採用タブレット端末「Eee Pad Transformer TF101」(以下、TF101)を国内販売すると発表しました。発売日は6月25日で、価格は59,800円との事です。

発売に先駆け都内にて記者発表会「Eee Pad Forum」を開催、その模様を取材して来ましたので本端末の詳細と共にご紹介したいと思います。

フォーラムでは冒頭にアスース・ジャパン株式会社マーケティング部マーケティングマネージャーのシンシア・テン氏が登壇し、TF101の魅力やEeeブランドによる販売戦略について説明を行いました。

5176cef3.jpg

TF101を手にプレゼンを行うシンシア・テン氏

はじめにアスースが日本で展開してきたEeeブランドについての解説があり、Eee PCに始まるネットブックブームの創出やその後のタブレットPCやホームPCへの展開と共にEeeブランド製品の多様化を示し、Eeeブランドが「最も良いクラウドコンピューティングデバイス」であると説明。場所や端末形態にとらわれないインターネット環境の提供を行ってきた事を強調しました。

その上でユーザーからの要望の声が多く集まっている事を挙げ、Flashを用いたサイトや動画の閲覧への不満やフルタッチインターフェイスによる文字入力の難しさ、USBデバイスや外部ストレージとの接続性の問題、バッテリー持続時間の短さ、液晶画面の破損のし易さ、そして高画素カメラへの需要などを指摘。これらの不満を解消する画期的な端末としてTF101が生まれたと解説しました。

7c9774ca.jpg

理想のモバイル端末を目指したTF101。

TF101ではキーボード+タッチパッド+タッチスクリーンによる3種類の入力方法やFlashへの対応、USB・SD(SDHC)・microSD(microSDHC)への対応、高視野角IPS液晶の搭載、ゴリラガラス採用による高強度の液晶画面、キーボード装着時で16時間、タブレット本体のみでも9.5時間という長時間駆動、GPS+コンパス機能によるマップナビゲーションの充実、120万画素のインカメラと500万画素のアウトカメラ、SRSサウンド採用による臨場感溢れるサウンド、NVIDIA製デュアルコアCPU「Tegra 2」搭載による圧倒的なグラフィック能力、そしてシームレスなクラウドコンピューティングを実現する「MyCloud」機能など、多種多様な先進機能と新サービスについて説明しました。

bb2ec62b.jpg

ありとあらゆる要望を詰め込んだ意欲作。

次にアスース・ジャパン株式会社チャネルマネジメント部法人営業課課長の鈴木真二氏が登壇。アスースの営業戦略として法人ではタッチスクリーン製品で1万台の出荷をアピールし、今後も法人ではタッチスクリーンを用いた端末による法人展開の強化を打ち出す一方、コンシューマ向けにはTF101によるニューライフスタイルを提案。学校や家庭、そして遊びでも自由に使えるTF101の汎用性を強く印象付けました。

4d90565f.jpg

主に法人営業に主体を置く鈴木真二氏

8cc3270a.jpg

自由な組み合わせで使えるTF101ならではの汎用性。

続けて登壇したのはNVIDIA JAPAN コンテンツ&テクノロジ事業部コンテンツマネージャの平柳太一氏で、TF101に搭載されたグラフィックス処理の心臓部「Tegra 2」の処理性能の高さについてデモンストレーションを行いました。

62c6a3b3.jpg

Tegra 2について解説する平柳太一氏

平柳氏ははじめにパーソナルコンピューティングの歴史について解説し、1990年代は「PC」の時代であり、2000年代はインターネット、そして2010年代はモバイルコンピューティングの時代に入ったと述べ、モバイル環境においてもパワフルでリッチなコンテンツ利用が強く求められていると主張。そのために必要なCPUこそがTegra 2であり、その強力なグラフィックス処理性能がよりリアルでインタラクティブな3DCG環境を生み出すと説明しました。

33fe63b0.jpg

現在のタブレット市場では、ゲームに対するニーズが最も高い。

df3a662c.jpg

これまでのタブレットやスマートフォンのグラフィックス性能に大きな変革をもたらしたTegra 2チップ。

またTegra 2の性能を最大限に引き出したゲームをラインナップするために、NVIDIAはTegra専用サイトを開設。「Tegra Zone」と呼ばれるそのサイトではTegra CPUに最適化されたゲームが販売され、Tegraを採用するタブレット端末やスマートフォンで利用出来るようになるとの事。現在は英語のみの対応ですが、今夏以降には日本語にも対応させる予定との事です。

48a0b35f.jpg

家庭用ゲーム機にも匹敵するゲーム体験をTegra CPUで。

その後実際にTF101を用いたTegra 2のデモンストレーションが行われました。その様子を動画に収めてみましたのでご覧下さい。(プロジェクター映像を撮影したものですので、色ムラや手ブレはご了承下さい。リンク先ではフルHDまで鑑賞出来ます。)


Eee Pad Transformer "Tegra 2" ゲームデモ


最後にアスース・ジャパン株式会社プロダクトマネージメント部の阿部直人氏が登壇し、TF101の詳細な機能について実際にTF101を動かしながら解説。キーボードと本体は動作中でも自由に脱着可能である点やアスース独自でファイルマネージャを標準搭載した事によりUSBメモリーやSDカードなどを挿すだけで認識するなど、実用面でのメリットも強くアピール。

またPolaris Officeを採用した事によりPowerPointやExcelなどのオフィスファイルを閲覧・編集可能である点や、キーボードに専用アプリケーションキーを配置した事でボタン一発でのスクリーンショット取得機能を実装するなど、独自の利便性についても力説。オンライン上のデジタルコンテンツへアクセスする@Vibeやリモートデスクトップを実現するMyDesktop、オンラインストレージサービスのMyContent、他デバイスとのファイル共有を可能にするDLNA接続を活用したMyNetなど、クラウドコンピューティングの快適性を「MyCloud」として説明し、TF101が持つモバイル端末としての可能性の大きさを示唆しました。

10f9ccf8.jpg

TF101の総括を行う阿部直人氏

0d290305.jpg

TF101をHDMI接続してプロジェクタに画面を投影する様子をデモ。

TF101は販売目標台数を5万台とし、主にコンシューマ市場への販売を促進するとの事。今後はTF101のみならず、様々なデバイスをEeeブランドとして日本でも展開していきたいと力強く語り、プレゼンをまとめました。

最後に、TF101の主な仕様と発売日、価格などを記載しておきます。


■製品名:Eee Pad Transformer TF101
■本体カラー:ブラウン
■OS:Android 3.0 (※Android 3.1へ順次アップデート予定)
■プロセッサ:NVIDIA Tegra 2
■メインメモリ:1GB
■液晶ディスプレイ:10.1型ワイド TFTカラータッチスクリーンIPS液晶 (LEDバックライト)
■表示解像度:1,280×800ドット (WXGA)
■eMMC:約32GB
■インターフェース(タブレット):HDMIミニ出力端子×1、microSDカードリーダー(microSDHC対応)
■インターフェース(モバイルキーボードドック):USB 2.0×2、SDカードリーダー(SDHC対応)
■Webカメラ:前面120万画素、背面500万画素
■バッテリー駆動時間(タブレット):約9.5時間
■バッテリー駆動時間(タブレット+モバイルキーボードドック):約16時間
■本体サイズ(タブレット):幅271mm×奥行き177mm×高さ12mm
■本体サイズ(タブレット+モバイルキーボードドック):幅271mm×奥行き185mm×高さ28mm
■重量:約1.3kg(タブレット:約680g、モバイルキーボードドック:約640g)
■発売予定日:2011年6月25日
■希望小売価格:59,800円(税込)




<画像ギャラリー>
a3c2a22d.jpg

キーボードとタブレット本体は電源を入れたままワンタッチで着脱可能。

a1a0f50f.jpg

筐体表面はメッシュ風の加工がしてあり、なかなか高級感がある。キーボードとタブレットの接続部は若干大きく感じた。

491e6c58.jpg

本体右側面には、キーボード側にSDスロット、USBポート。タブレット側にスピーカー、microSDスロット、HDMI-miniポート、ヘッドホン端子。

fb63bb6c.jpg

本体左側面には、キーボード側に電源端子、USBポート。タブレット側にスピーカー、ボリュームボタン、電源ボタン。

81c7a2f2.jpg

キーボードはアイソレーションタイプでキーピッチは17mm以上を確保。ファンクションキーの代わりに各種専用アプリケーションキーが並ぶ。

af54898e.jpg

タブレット前面にはハードキーは無く、戻るボタンやホームボタンなどはソフトウェアキーとなる。

8c5a7438.jpg

タブレット側下面にも電源端子があり、キーボードとの接続はこの端子で行う。

0ff166de.jpg

参考展示されていたEeeブランドの製品群。PadfoneやEee Pad Sliderは、まだ日本での発売予定は無いとの事。

記事執筆:あるかでぃあ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter