7c5adeac.jpg

タッチペンはどこまで「使える」のか?

NTTドコモから発売中のAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したスマートフォン「ARROWS Kiss F-03D」(富士通製)は、専用のタッチペンが付属されています。

このタッチペンは、ARROWS Kiss F-03Dに特化されたペンで、他のスマートフォンでは利用することができません。静電容量式タッチパネル搭載スマートフォンに対応した一般的なスタイラスペンよりも細かい描画をすることができるのが魅力です。

このタッチペンを活用した女子向け手書きアプリも多数プリインストールされていますので、気になる使い勝手をチェックしていきます。

■らくがき盛りフォト
女子が写メをするときに、実物よりも可愛く撮影することを“盛(も)る”と言いますが、このアプリはまさに“盛る”ことを目的にした写真加工アプリです。

fd4c8787.png



アプリから撮影することもできますし、既存の画像を編集することもできます。

425cbf5e.png



「美白」「小顔」などのエフェクトを手動で選べる「自分で決める」モードのほか、ソフトウエアで自動でエフェクトをつけてくれる「ギャル系」「キレイ系」「ナチュラル系」も用意されています。

撮影は、アウトカメラだけでなく、インカメラの選択もできます。インカメラで画素数を落とした方がうまく“盛れる”らしいですよ!

5c60d95e.png



画像サイズは、「画面サイズ」「壁紙用」「プロフ用」の3種から選択でき、「画面サイズ」モードでは可愛いピクチャーフレームをつけることもできます。

daa2199b.png



ギャル系で撮影してみました。目がかなり強調かかってちょっと怖いです(笑)!

a2dec2fd.png



普通に撮影して、文字、ころころスタンプ、キラキラスタンプでデコってみました。
モデルが良くなくてゴメンナサイ……。

16d45562.jpg



自分撮りするときだけでは無く、ご飯の写真などをデコっても楽しいですよ!

プリクラ並に豊富なデコメニューが揃っているのも嬉しいです!!!

撮影した画像は保存後にTwitterなどに共有することもできます。保存した画像は「盛りフォト帳」からまとめて見ることもできるので楽しいですね。


■手書きメモ
タッチペンで画面に直接メモを書き込むことができるアプリです。

491b5aff.png



メモ帳のテンプレートを選択してメモを作成します。どれも可愛くてキュンキュンしてしまいます。

3bb99030.png



基本的に描画メニューは、「らくがき盛りフォト」と同じです。スタンプを使ったりして、自分流にメモをかわいらしく演出できます。

cf94b023.png



手書きメモのトップ画面には、作成したメモのサムネイルがスクラップのように表示されます。

このデザイン可愛いですよね!


■手書きダイアリー
月一覧画面に手書きメモを残すことができるスケジュール管理アプリです。

4b554f77.png



通常のスケジュールアプリのように予定を登録することもできますが、「鉛筆」ボタンをタップするとカレンダーそのものにタッチペンで書き込みができるのが魅力です。

期間を矢印で区切ったり、気持ちをアイコンで表現したり、自分らしいカレンダーを作成できます。

dcbdd919.png



カレンダーもテーマに応じて複数作ることができ、スキンも選ぶことができます。
パスワードロックもかけられますので、秘密の日記も安心?


■手書きデコ
デコメールで使用するデコメピクチャー(プチモジ)を作成できます。

3da342f1.png



d0f35586.png



フレーム部分を選択し、中の部分に文字入力か手書きの2通りの方法で好きな言葉を書き込みます。

あとは合成するだけ!

好きな言葉を自分の字でデコメにできると、メールも愛がこもりますね。記入部分にイラストを描く強者もいるかも!?


■実際の書き心地はどうなのか?
ARROWS Kiss F-03Dにプリインストールされたアプリは、どれも女子力満点で楽しむことができました。

では、肝心のタッチペンの操作性はどうなのでしょうか。

22265dba.jpg

付属のタッチペンは先の細さが魅力


ARROWS Kiss F-03D付属のタッチペンは、他の静電式タッチパネル対応スタイラスよりも先が細く、堅くなっています。そのため、細い線を描画することもでき、字を書くのに向いています。

実際の反応については、端末の持ち方、ペンの角度、システムのビジー状態によってムラがあるように思えます。

なめらかに描画できるときもあれば、反応しない時もたまにあり、文字をキレイに書くというレベルで過度の期待はしないほうがいいかもしれません。

5b37a1ee.jpg



描画はどうなのか?ということで、マジック無料いたずら書きというソフトでタッチペンを利用して描いてみました。

もう少しなめらかに描けるかと思ったのですが、線がぶれてしまったりする場面もありました。

このあたりは慣れてくるともう少し上手になるのかな?とも思います。

タッチペンについては若干気になる点はあるものの、通常のスタイラスよりは操作性は遙かに上ですし、利用の幅が広がると思います。写真に一工夫加えたい人、スタイラスを使いたい人にはお勧めできる機種ではないでしょうか。

なお、今回のレビューに使用した端末は、開発機のため製品版と異なる場合がありますのでご了承ください。

記事執筆:ちえ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter