shimajiro@mobiler

NTTドコモが新しく提供を開始した国際ローミング時のパケット通信サービス「海外1dayパケ」。国や地域によって1日(24時間)当たり980円から手軽に利用できる嬉しいサービスとなっているが、気になる点として通信速度規制は通信量が30MBを超える適用されるということになっている。

今回、この通信速度規制について通信量30MBを超えると即時規制が適用され、通信速度が制限された状態(16Kbpsに制限)になることが確認できたので、規制時における通信速度測定の結果も含めて紹介する。

海外1dayパケについてのサービス概要および実際にサービス開始を行って試してみたレポートなどは以下を参照して欲しい。
NTTドコモ、海外でパケット定額を1日ごとに使える「海外1dayパケ」を12月2日から提供!LTE国際ローミングサービスは今年度中に提供予定 - S-MAX
NTTドコモ、海外ローミングのパケット代が30MB/24時間で980円〜になる「海外1dayパケ」が提供開始!海外から申込&利用開始してみた【レポート】 - S-MAX
NTTドコモ、国際ローミングで980円/24時間から使える「海外1dayパケ」を利用開始するためのAndroid向け「海外1day開始」アプリを提供開始 - S-MAX

02
30MB/24時間の通信を超えたことで通信速度制限の開始を知らせるSMS(ショートメッセージ)が届く


24時間で利用可能な通信量の上限である30MBを超えると「通信速度が遅くなります」というSMSを受信し、即時通信速度制限が適用される。


◯通信速度制限がかけられている状態でスピードテスト
通信速度制限がかけられている状態でスピードテストを試した。なお、スピードテストは滞在中のフィリピンで実施した。

下り0.01Mbps/上り0.02Mbpsとなっており、通信速度が制限されていることが確認でき、規制時ではインターネットの利用はかなり厳しい状態であることが確認できた。

ちなみに、回線速度が「極めて遅い」と思っているフィリピンの3Gだけれど、規制適用前はもう少しマシな速度で通信が行えていた。

03
通信速度制限がかけられている状態でスピードテスト



◯通信速度制限がかけられていない状態でスピードテスト
通信速度制限がかけられていない状態とはいえ、フィリピンの3Gは自分が知る限りかなり低速で、一度現地でLTEを利用してしまうと、3Gには戻れなくなってしまうと思う。

スピードテストの結果だけでなく、通信速度制限中は通信を利用するすべての操作でストレスを感じるので、「通信速度制限が適用開始されたら使い物にならない」と考えた方が良さそう(^ ^;

04
通信速度規制がかけられていない状態でスピードテスト



これらのことから、海外1dayパケのサービスは、

1)日本との時差を気にせず、利用開始から24時間使える
2)海外パケ・ホーダイと比べて通信料が割安に設定されている

という点で利便性が高く「現地でプリペイドSIMを入手するまでの間に使う通信手段」としては最適であるように思う。

そんなわけで、これから海外でケータイを利用する際は、「特に到着してから現地でSIMカードを購入するまでの通信手段として『海外1dayパケ』をオススメしたい。」というのが個人的に思ったところだ。

現地でプリペイドSIMを購入しない場合でも短期間の滞在であれば、海外1dayパケで済ませるというのも悪く無いかなと思われる。

もちろん、5日間で20%割引とか、そういう価格設定がされていたらある程度の滞在期間があっても使う人も増えるのかもしれないので、そういった展開は今後のサービス拡充やキャンペーンなどに期待したい。

記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
ドコモ『海外1Dayパケ』の通信速度規制は通信量が30MBを超えると即時適用/通信速度制限中の通信はかなり厳しい通信速度に | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
海外1dayパケ | サービス・機能 | NTTドコモ